カテゴリー: album

Jaco Pastorius / not fusion but true jazz

B00005HUY6

1.流浪者(ながれもの)(イアン・ハンター)
2.4 AM(ハービー・ハンコック)
3.ダラ・ファクター・トゥー(ウェザー・リポート)
4.ブラウン・アイズ(ジミー・クリフ)
5.組曲「黄金の夜明け」(アル・ディ・メオラ)
6.カム・オン,カム・オーヴァー(ジャコ・パストリアス)
7.ロスト・インサイド・ザ・ラヴ・オブ・ユー(トム・スコット)
8.グッド・クエスチョン(ハービー・ハンコック)
9.キャノン・ボール(ウェザー・リポート)
10.無感動(イアン・ハンター)
11.トレイシーの肖像(ジャコ・パストリアス)

Jaco Pastoriusがサイドメインとして参加した
隠れた名盤ばかりを集めたコンピネーション・アルバム

「今のジャズは変革の為の音楽であることを忘れている。
 問題はそこにあるのだ。
 みんな後ろばかりを振り返っている~パット・メセニー」
パット・メセニー
(「ジャコの肖像+2のライナーノーツを書いてるギタリスト)
ジャズを好きな理由は、ジャズ・ミュージシャンが常に先へ、
先へと押し進めて、道を開いていったから

「一つの“歌”ともいえるジャコの
美しいフレットレス・ベースの響きを
ただ生かしたかっただけ~トム・スコット
(サックス・プレイヤー)」

このアルバムはジミー・クリフのアルバムからの曲も入ってた
ジミーのこの
「アイ・キャン・シー・クリアリー・ナウ~ベスト」も持ってなかった

イアン・ハンターの曲も素敵!「流浪者」っていうんだ

いろんなジャンルが入っていて聴き易い
ウェザー・リポートの
「ブラック・マーケット」も持ってなかったから嬉しい

一番気に入ったのはアル・ディ・メオラ
「百夜の大地」からのSuite:Golden Dawn
とても気持ちのいい曲 
アルのアルバムは持ってないけど
(いろんなことをお試しになってたようで
時期によって違うってことがわかった)
この曲は本当に素敵!ドラムが凄い!
誰なんだろうって調べたらスティーヴ・ガット、
レニー・ホワイト ピアノがチック・コリア

それにしても
ほんと 
なんてジャコのフレットレスの音って
優しくてふんわりしてていい音なんだろう

広告