カテゴリー: MusicLife

ライブは生き物

満員御礼300人
無事終了致しました

ステージ中央にまさか立つとは思いませんでした
確かにベースがリードをとるという 
考えてみればとても恐い曲でもあったけど
中央に立つだけで実はどきどきしました
ところが司会の方が笑わせてくれて 
ふっと緊張感が無くなっていきました
「ベーシスト!」なんて
紹介されるようなもんじゃないのに
もう笑ってしまうしかない

ライトが熱くてまぶしくて 
それでも最前列の人の様子がふっと
目に飛び込んできました

ノッテるのかどうかよくわからない感じが
ふぅーっとテンションが下がっていくのがわかります
サッとヴォーカルの人を見たら
またテンションが上がってました

ソロはリハの時よりできませんでした
だけどオーディエンスの耳を傾ける気配が感じられて
なんとか弾きました
ギターソロをサッと入れてくれて嬉しかった
ドラムがしっかりサポートしてくれました
とても素敵な1日だった
こういうのを体験した後って
メンバー間の距離がぐっと近づくのですね
ベテランさん達に混ぜてもらってなんて幸せ者でしょう

参加曲目
URIAH HEEP 
“Traveller In Time ”
(from~DEMONS AND WIZARDS)
“WHY”(from~DEMONS AND WIZARDS)
– PLAM’S HEEP BAND –
Drs,Bass,guitar&Vo,guitarの4人ユニット(キーボ無し)

モータウン・カフェはいい箱でした
雰囲気がなんだか和めるのです
不思議な作りをしてるんだけど
どういういわれがあるのかな?
ところで、全身とってもサイケな格好してた人
こういう格好って難しいと思うんだけど、
センスが良くて変じゃない 
一体どういう人だったんだろう 
後で話しかければよかったなぁ
まさかここ読んでる人じゃないよね
目が合ったら にまーっと笑って印象的でした 
一緒にわたしもにまーっ
実はこの日モータウンに入る前に見掛けてた

なんというか、このお店
まるでほんとにRPGゲームの世界にあるような雰囲気で
そのひとつの場所ですごしている感がありました

パズルがまたひとつ嵌りました
当日の朝に見た夢のひとつ
鮮やかな青と緑色の ペリカンみたいな鳥が
目の前で7羽 踊ってる
とても上手で 感心してる

HP / ’03 by MOTOWN CAFE

広告