カテゴリー:

【夢】 凍った道

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
また坂の街
子供の頃から見ている街
大体ここに来るとどこら辺を歩いてるか
見当はつくのだけど
ときどき夢の中でも迷子になったりする
昨日は ここの街の
少し大きめな喫茶店に入ってコーヒーを飲んでいた
今日は山の上を歩いてる
ここもたくさん家があって 道路は舗装されてる
ある山の中腹に来たら 前に訪れた時は
とても大きなまるで石碑のようなお墓が
たくさんあった場所にトイレが並んでた
トイレの壁は黄色い薄いベニア板で
隣のトイレと仕切られてるような作り
それがずらっと並んでた
しかもそこを歩いてると上から見えてしまう
屋根もついてなければ 壁も低い
こんなとこ何処に入っても見えちゃうんじゃない?
と思いながら どこに入ろうかなぁ 
と考えながら歩いてる
けど どこも入れるようなところは無い
そう、前にも似たような事があったっけぇ 
と思ってる
舗装された道路に出ると
カーブのあたりで 道路に分厚い氷がある
これが溶けたらここらへんは洪水になると思ってる
前にもここは洪水になったっけぇ と思ってる
道路は別に凹んでるわけでもないし
大体山の上の方なのにどうしてなんだろうと思ってる
とにかく、溶ける前に別の場所へ行こうと考えてる
ここから家々の方には 古い家が立ち並び 
その向こうには森を抜けて
また家々があるんだったと思い出している
しかし私は坂を下っていきたいやき屋に入っている
おいしかった
┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

広告