カテゴリー: poem

『積み木遊び』


「積み木遊び」
誰にもわからない
この子の気持ち
固く閉ざして 沈みこむこの子にも
神の手は伸びているのだろうか
ただ この子はこうして
積み木で遊ぶ
倒しては積み こわしては積み
あたたかさを知らない この子はまた
うつろな目で見る
この世界を
どうして ここにいるかもわからず
積み木で遊ぶ
倒しては積み こわしては積み
この子は自らまわりを氷で閉ざし
うつろな目で見る
氷をすかした向こうの世界を
広告