カテゴリー: poem

『Suicidal man』


「Suicidal man」
大の男が泣いていた
わたしはまだ小さな子供だった
仕方のないことだった
知ってるくせに
泣いていた
わたしがたまたま巡りあった
このひととき
めいわくな めぐりあわせ
大の男よ
声も出さずにまるでライオンのように勇ましい男よ
その勇ましさがおまえを突き落とす
そして わたしをも 
こんなに悲しくさせる
容赦なくおまえを海へ投げ込み
あとも降り返らずに行ったあの人
Suicidal man
広告