カテゴリー: lifeshot

木に会いに

しだれのやなぎや桜や水
鳥居は明るいま夏の野原にひらいてゐる

あヽ杉を出て社殿をのぼり
絵馬や格子に囲まれた
うすくらがりの板の上に
からだを投げておれは泣きたい
けれどもおれはそれをしてはならない
無畏 無畏
断じて進め
~宮沢賢治詩集「境内」より

ひさしぶりのわたしの木に会いに
とある神社へ行きました

立派な葉を茂らせた
この銀杏の木の姿が目に入ったとたん
何故 こんなにも胸が熱くなるのだろうと
ふしぎに思いながら この木に挨拶に行くのです

傍には 停まった車にここの猫が3匹
この車の主を囲んでいました

3匹いたんだ!今日初めて知りました
水に浸りたかった 手だけでも。。。
でも、ここの水は流れていませんでした
水道の蛇口が閉まったまま 
ただ水は冷たかったです
ここの水は地下からの水なのかしら 
それともただの水道の水なの?

木にはだんご虫がところどころに歩いてました
手をあてるとあたたかかったけど 
虫がいるので今回は背中をくっつけて
お話はできませんでした

それでも地下に伸びた根を感じることはできました
その瞬間 ふっと自己拡張したような
気を失うような感覚になってやすらぐのです

鳥居の傍に 
近所の幼稚園の記念稗である岩がありました
「つよい子 元気な子 明るい子」と刻んであった
そこから わぁーっ という
子供たちの声が聞えてきそう

駅構内に出たら 七夕飾りが見事だった
あちこちに浴衣姿の人が歩いてる
そう、出掛けた時 どこからか花火が鳴ってた

ラオックスが閉店するというので行ってみると
フェンダージャズベが安売りしてた(5万円代)
むふふな小さなアンプも安売りしてた
思いっきり小さなギター用アンプも1980円だって 
ぷふっと笑った(しかもマーシャル)
ベース見てる時はなんだか元気が湧いてきた
やっぱ楽しい!見て触って手に取るだけでも
なんだか楽しくなってきます
ジャコのインタビューが載ってたよと聞いてたので
8月号のプレイヤー誌探したら
一冊だけあった!ああ良かった ほっ

ラオックス閉店したら寂しくなるなぁ 
ここの弦定価より安かったのにぃ

伽羅という香りが欲しくて
新しくできたお店を覗いてみた
ネットでも調べてたけど やっぱ高い
う~ん、と悩んでやめたけど
お店から試供品もらっちゃった
6本も入ってた! 8本入りので800円 
10本入りで1,000円のがあったはず。。。 
が、タダで6本入りのをもらっちゃったのだ
こんなこともあるのね 
試供品気に入ったら今度買いに行きます

伽羅という香りは最高級の香りなのだそうな 
知らなかった
友人からもらった本がとてもいい香りがするので
なんの香りなのか聞いたら 
伽羅だよって教えてもらって以来気になってたのです
伽羅の香りも 実は微妙にいろいろ違うのです
同じく「伽羅」といっても 
微妙に違ったいろんな伽羅がある
甘さの香りに段階があるみたい。。。

お店の人も言ってたけど、その香りを
どう言葉で表現したらいいかわからないんです
って言ってたけど、本当そうなの 
お店のことは広告で見て行ったけど 
思ったより小さな店だった
でもお店の人 とっても感じがよくて 
というかきっと私と相性がいいんだなー
こういうお仕事もいいなー

普段はアロマキャンドルが好きで、
バニラやブルーベリー、ラベンダー、
ココナッツ、ストロベリー、ローズなどを
使ってることを話してると

伽羅のキャンドルは前に
薬屋さんで売ってましたって教えてもらった

キャンドルはその香りが直接来て 
線香タイプは奥ゆきのある香りなのだそうな
雑貨屋さんはやっぱり見てて飽きなくて 
気がつくと随分時間がたってしまってる

本屋にも寄って 「豊饒の海」の3巻と4巻も買った
帰ってくる頃はすっかり夜 まだ花火の音がしている
どこでやってるんだろう

広告