カテゴリー: album

ユーライア・ヒープ「対自核」

 


(↓リンクしてる商品は7曲だけ)

Uriah Heep/Look at Yourself ’71 3rd

1.Look at Yourself
2.I Wanna Be Free
3.July Morning
4.Tears in My Eyes
5.Shadows of Grief
6.What Should Be Done
7.Love MachineBonus Tracks
8.Look at Yourself [Single Version]
9.What’s Within My Heart
David Byron :vo
Mick Box :g
Ken Hensley :key
Paul Newton :b
Iain Clarke :drs
Teddy Osei:perc (1)
Mack Tontoh,Loughty Amao (OSIBISA):perc
Manfred Mann :Mini-Moog (3)

【ギターよもやま話】
国内で知る人ぞ知る○毛氏によると
71年の7月にロンドンのLyceum Strandで
初めてヒープを見てブッ飛んだそうです。
Mick Boxのギターソロで初めて
“Cry Baby”というものを知ったのだそう
当時は日本では手に入らず、
これが日本でのCry Baby第1号だった

【アルバムについて】
これは前に書いたかもしれないけど
一曲目のlook at your selfはケン・ヘンズレイが歌っている
(ライブはもちろん、バイロン)
「七月の朝」は
ケンのハモンドとミックのギターソロの印象的なイントロ

ケンのオルガン・ソロ、ゲストのマンフレッド・マンのミニムーグソロ
この曲を初めて聴いた人はその感激を忘れない
ヒープの名を知っている人は
この曲は知っているよと言う(笑)

「瞳に光る涙」
ミックのワウギターとケンのスライドギターのツイン
ここのムーグもマンフレッド・マンらしい
このハーモニーにはすっかり心を奪われる
これ以上素晴らしいハーモニーコーラスのバンドは
わたしは知らない
おそらくいないだろう。
これがヒープの特徴の一つでもある
わたしはこのアルバムのダントツは
「七月の朝」ではなく「瞳に光る涙」です

「当為what should be done」
このピアノは何度聴いても飽きない
ヒープの特徴がある
こうしたバラードに参ってしまったらもう、
あなたはヒープの壺に嵌ったのだ

さてさて、悲嘆の翳りshadows of grief
力強く奥行きのある
イアン・クラークのドラムから始まって
途中のアア、アア、アア、アアのコーラス部分
ピンク・フロイドの神秘のアルバム
「太陽讃歌」に似てると思います
フロイドよりもっと短く
エキスだけでしっかりと構成されてる。

【アルバムについて2】
このアルバム全体に言えることは
機械の香りがぷんぷんといったところでしょか
静と動の極がうまく現わされている
静謐と狂気とも言えるかもしれない
このアルバムによって
ヒープの名を世界中に知らしめた
実はファーストもわが国内では
某ミュージシャン達が注目したのだが、
国内のレコード会社は売れないという判断だったらしく、
結局この対自核がヒットしてから
ファースト、セカンドと注目されたのだろう

なお、ドイツ盤は
このジャケットアルバムの目のまつげが
イラストで描かれていて長くて女性の目みたい(笑)

ポール・ニュートンは解雇されてしまうんだけど、
そのあと少しの間マーク・クラークが入り
(3ヶ月くらい)
そしてキーフ・ハートレイバンドから
ゲイリー・セインが入ってくることとなる

このサードアルバムはツアーが終わって疲れきったところに
レコーディングされたアルバムなんだそうです

 


——————————————
comment:
長~い,4部作でのユーライア・ヒープのアルバムへの
貴重で重厚なメッセージ,ありがとうございました。
非常に感謝しております。今,「対自核」を聴きながら書いていますが,ヒープの知らなかった部分,ヒープサウンドの凄さ,素晴らしさを改めて痛感させられました。(2003.12.02 22:38:15)
fuhjin1827さん
—————————————-
res:
fuhjin1827さん
喜んでいただけて良かった~~~
(2003.12.03 18:06:19)

広告

ユーライア・ヒープ「対自核」” への1件のフィードバック

  1. Uriah Heep Vol.3 「LOOK AT YOURSELF」 by Ryu

    さて、今回は彼らの代表作です。これが一番有名。邦題は「対自核」。そんな言葉、存在しないのに、なかなか言いを得て妙なタイトルになって…

コメントは受け付けていません。