カテゴリー: 未分類

長井勝一漫画美術館

「ガロ」にゆかりのある作家の作品展
「まんだら屋の良太」や
宮沢賢治作品の版画化で知られる畑中純氏の作品展。
長井勝一氏へのはがきが飾られてて
年賀はがきなんか、とても凝っていて
じーっと読んでしまってた。
それらの漫画家の自筆がとてもおもしろかった
林静一氏のはがきはとてもきれいで、
まるで女性からのはがきみたい。
字も女性っぽくて繊細でいてすっと冴えたような字。
永島慎二氏の字はかわいくて優しくて
バランスの取れた漫画家らしい字。
誰だったか忘れたけど、
今年は100万の収入を目標にしていますが、
駄作ばかりができてしまっている。
幾つか出したけど、一作品しかまだ採用されていません、
などという当時の状況が書かれていて、これ、79年のはがき。
なんてお金にならない仕事なんだろうって改めて思ったわぁ。
大変な世界だなぁ、って
人が直接書いた字
やっぱりそれは あたたかくていいな~
原画が素晴らしかったーーーっ! 迫力があった
スタジオCD聞くのと、ライブに行って体験するくらい違う(笑)
原画の迫力!プロのパワーがはっきりと伝わってくる
まるでそこに込められた思念まで伝わってくるかのようだった。
蛭子さんの笑った写真の「ガロ」の表紙には笑った
*プチ断食の翌日の翌日
結構いろいろ食べられるようになった
前に比べて量は少なくなったけど
(すぐお腹がいっぱいになってしまって)。
ただ、コーヒーは相変わらず飲めない
カフェオレなら飲めた
やっぱりレモン塩水はおいしくて、メインの飲み物となった
なんだか断食後は 余計なものが削げ落ちたような感覚
身体も 心も。。。

広告