カテゴリー: spiritual,

心を癒す ワイス博士の過去生退行瞑想 2 & ビデオ誤作動事件

ゆうべ、久々に
ワイス博士の過去生退行瞑想をしてみた。
これで二回目
今回も何かしながらの不真面目モード

ケン・ユーのここち良い音色を聞いてるだけでも
いいな、くらいのノリ
やっぱり誘導してもらうよりは
自分のペースでやったほうがやりやすそうだなぁ、と
思いつつも、
やはりなんともいえない感動に包まれてた

そして、ふっ と見えてしまった映像
こんなの自分でふとイメージしたものなんじゃないの?
とも思いつつも見ていた
思いもかけずに物語りを作っているのではないか、と
「心」というものは巧妙だから。。。

見えてくる映像を 何メートルか上から見たり
前から見たりしていた。

ちょっといい色の 赤、緑の色の入った
着物のようなものを着ていた
今回も何故か女性
なかなかいい着物
(?なんだか日本の着物に似ているけど違うような感じ)を着ていて
いい生活をしている風だった

ところが、急に場面が変化して
その見えているわたしは狂っていた
何かショッキングなことでもあったのだろうか
孤独な感じで 死んでいったようだった
最後に 誰かが優しく抱きしめていた
その感触がとてもあたたかかったので
見えているわたしは 放心状態だけど
見ている今のわたしは 涙ぐんだ
その抱きしめてくれてた人は 
その時に生きていた人なのか
はたまた 守護霊のようなものなのかが掴めなかった
真っ白い輝く光をまとっていた

狂気に逃げてしまった人生 
そんなのも私にはあっただろうなぁと納得した(笑)

ほんのワンシーンだったけれども
しかもほんっと嬉しくもなんともないようなモノなのに
何故かとても安らいだ気持ちになった

本当の過去世かどうかなんて、
誰かも過去世が見えて それが一致するような
ワイス博士の症例のようなことがあきらかにならなければわからない

ただ、こうしたビジョンが見えたことから
得るものが大きいというのだけは言える
少なくとも、わたしにとって。

何か見えたら それは今の自分にたいして

語りかけるもの それが必要なものです

と このCDでは語りかけている

もっと真面目にやったら、今度はもっと
後悔するようなビジョンが見えてくるのかもしれない
もっともっと 人間として生きてきて
許せないような、そんな自分をみつけるかもしれない

ただ、それが自分にとって必要なビジョンが見え
見えてきたものはすでに
自分にとって受け止められるものだというのも納得できます
また、耐えられないほどのものだったときは
そのビジョンから離れて今の自分に戻ることもできる

夜の10分間瞑想は
昨年や一昨年、
夜寝る前に布団に入って自然にやっていたものだった
頭の上に わたしの大好きな木が立っているのだ
これを聞いていて最後に

この木にさよならを言ってそこから立ち去ってください

あなたは、今のあなたに戻ってきました

というくだりを聞いて気がついた

あっ、そっか
実際に自分の大切なあの木に
夜、幽体離脱するような感じで
会いに行けばいいんだ、と

もちろん、それは心の中のできごとであって
実際に幽体離脱することとは違う意味
イメージというかな。

あの大切なイチョウの木に
桜の花が咲いた夢をみてから
まだ会いに行ってなかった
そのうち会いに行こう。。。

これを久々にやって
外の大荒れの強い風の音から遮断して
心の中に、知らず知らずに降り積もってしまっていた
カサカサしたような ギザギサしたようなものが
すっかり溶けた気がした

たぶん、顔の表情も変化しただろうと思う
自分に戻ったという感触
とても安らいで あ~ 死ぬときは
こんな状態で死ねたら嬉しいなぁ

きっと、ありがとうという気持ちでなんの引っかかりもなく
別次元にすんなり行けるだろーなあ、なぞと思いました。

一人で瞑想するのもいいけれど
こうして聞きながら誘導してもらうのも
結果としては同じような気がした

疲れてしまってるとき いいのかもしれない
温泉に入るのも身体の内側からあたためてくれて
素晴らしいけれど
瞑想効果は、ほんとうに 深いところから
ほぐされたようにリフレッシュして 
自分を取り戻せるものだな、とあらためて思いました

ところで、実は今朝、予約もしてないのに
ビデオが勝手に録画状態になって驚いた
Gコード予約するとしたら、間違ったとしても
その時間帯のGコードは無いし
手元予約は面倒なものだし、
それで、録画が始まったのを
なんでと思って予約確認画面を見たけどなかった。
また、ビデオの傍には誰もいなかったし
ビデオ操作するリモコンもビデオの上に置いたまま
また、ビデオは電源を入れなければ録画ボタンを押しても
電源はつかないのだ

かっきり朝の7:30に突然録画は始まった・・・
めざましテレビの番組
ね、これって変でしょう
Gコードではこんな中途半端な時間帯にはどこのチャンネルも無いし
だけど、ピッタリ7:30から動いたのだ。。
驚きながら気を取り直して停止して
見てみた 録画されてた部分を。
まさか・・ なにか映ってる?
とりあえず、なんということのない
バラエティーニュース番組だったので
ほっ

こんな現象がもし同じ時間帯に
他にもたくさんあったとしたら何かわからないけれども、
電波かなにか強いものが通って
そんな現象を起こしたとも考えられるけど、、
どうなんだろう

赤外線感知の機械ではあるから
外からなにか赤外線をキャッチしたのだろうか。。
ベランダの窓の傍で 窓とは直角の位置にある
それくらいしか考えられない。。

まぁ、別に怖いわけではないけど、
気になってしまうのでありました。

誤作動だったとしたら、人がいないときに
電化製品が誤作動するとしたら、
あぶないこともあるんじゃないかしらねー
う~む こんなことってあるのかなぁ。。。
またあったとしても、
せいぜいビデオが録画されてしまうだけという被害だけど



———————————
comment:
私も一人暮らししてた頃、時々TVが勝手に着くことがあって、
消してもまた着いたりして、驚いたことがあります。
携帯だのトラックの無線だのと、いろんな電波が飛び交っているから、
多分それでそんな現象が起きるんだろうと思いますが。
外から携帯でエアコンをつけたりお風呂を沸かしたりできる時代。
確かに危ないことだって起き得ますよね。
炊飯器やポットなんかが空焚きになったりとか、ね。
(2004.09.08 21:43:03)
ゆんたまゆんさん
———————————
res:
そうなのよね~。そういうことできるようになってること知ってるから、そうした電波が飛んだかなぁと思うけど、
知らなかったら怖くなってたかもぉ(笑
>空焚き
そんなことになったら困りますねー。
そいえば、ずっと前にテレビでやったことあったっけなぁ。
人が発火してしまったという話。
静電気も結構強い作用があるというから、
よく手を水につけたりするといいらしいですね。
(2004.09.09 17:35:35)
———————————
comment:
瞑想CDで検索していたら、8月16日の日記に
たどり着いてしまいました。(笑)
最初の退行瞑想のこと、スイスにいた女の子であったことを読んで、驚愕を受けましたが、今日の日記を読んだら違う過去生のお話しに又びっくりしました。。凍死されたり、気が狂ったり、けして平凡な人生ではなかったのですね。。(汗)
でも、皆何回かそういう生を生きているのかもしれないですね・・
ワイス博士の過去生退行瞑想、私もやってみたくなりました。。。
(人間じゃなかったらどうしよう??)
(2004.09.08 22:31:55)
不思議の国のOZさん
———————————
res:
だはははは、そうですねー。いやまだもっといろいろありそうですぅ(笑)
(≧m≦) わたしもそのうち人間以外のが見えるかも~
(2004.09.09 17:39:03)
———————————
comment:
電磁波が漂う場所には霊が来やすいらしいですね。
周波数が近いのだそうです。
誤作動は偶然ではないかも…誰かが来たとか?
ところで私も毎朝、瞑想CDと共に
リラックスタイムを設けるようにしているんですが、
必ずや途中で深い眠りに落ちてしまうの。
一度見たベネチアのカーニバルは、
その後も違う場面が出てきました。
私は確実に男でした。
そして女の人を追っかけている…
悲しくも嬉しくもない、不思議な感覚。
きっと、あまり不幸な目には
合ってきていないのでしょうね。
のほほんとゆっくり時間がすぎる感覚ばかりです。
(2004.09.09 00:15:32)
@ロッタさん
———————————
res:
へえへええ~~~~~っ(@o@) 知らなかったデス
誰かが来てたりしてぇぇぇぇ
だったら いたずらかな(笑)
見たかったとか? 実際付けて見ていたのは「やじうまプラス」。
「めざましテレビ」を見なさいというメッセージだったりして~ 
(ぶぶぶ、可笑しいぃ)
おおお、ロッタさん男性だったのですねー。ふむふむ。。
のほほんとしたひととき、これってとっても大切ですね~。
ほんの数分でもね~
(2004.09.09 17:43:16)

広告