カテゴリー: 未分類

Motley Crue


Motley Crue
Motley Crue ’94

1 Power To The Music
2 Uncle Jack
3 Hooligan’s Holiday
4 Misunderstood
5 Loveshine
6 Poison Apples
7 Hammered
8 Til Death Do Us Part
9 Welcome To The Numb
10 Smoke The Sky
11 Droppin Like Flies
12 Driftaway
13 Hypnotized (bonus track)
John Corabi : vo
Nikki Six : b
Tommy Lee : dr
Mick Mars : g


86年ヘヴィ・メタル・バンドとしての頂点に立つ
ヘヴィ・モダン・ロックと言われてるようです
voはVince Neilが一時脱退していた頃のアルバムだそう
ということで、モトリークルーらしからぬ
アルバムとも言われてるそうなのですが、
初めてモトリー・クルー聴く私にはよくわかりません
とにかく気に入りましたデスッ
すっきりした音の切れ味がある
ツェッペリン、エアロスミスっぽさが感じられる
ハードだけどスッキリ!
ちょっと眠気を吹き飛ばしたい時には打ってつけかも
ヘビメタというより典型的なハードロック様式美とも思える
1 Power To The Music まず一曲目で眠気ぶっ飛ばしてくれます
2 Uncle Jack
イントロの最初のちょっとした部分、
きれいなオルゴールが流れてなんだかいい
この曲もついついヘドバンですね
ガンズ&ローゼスっぽさがある
いやはや、ギター気持ちいい~
ツェッペリンっぽい
4 Misunderstood 優しいバラードキマシタキマシタ
アコギでスィートに歌ってくれる
途中おもしろい変調があっておもちゃ箱の中に入ったかのよう
ハーモニーも優しくかぶさります
5 Loveshine 優しいバラード、カントリー風
ギターと太鼓の音がコダマしてにっこりしてきます
この曲もツェッペリンぽい
9 Welcome To The Numb
ノリノリ軽快
10 Smoke The Sky
ふへへ このギターの音圧、重さ好きです
エアロスミスがいきなりしゃきっとして
元気よくやってる感じの曲(笑)
途中で咳するとこなんかイイです(笑)
なににムセたんでしょ 
いえ、息吸って歌うぞーと意気込んだらそうなったのかな
なんだか特にこの部分が好き(笑)
11 Droppin Like Flies
あああ いいですね。このギターイントロ!
ローリングしてます
前曲からこの曲へ続く感じがとてもいい
色っぽい艶を感じるギター
この曲もツェッペリンぽい
12 Driftaway
ほらほら、出ました! ハードでエネルギッシュなアルバムに
必要不可欠なメロディアスなバラード!
この曲はなんて健康的で前向きな曲なんだろう
ボン・ジョビのように、自然と笑顔を運んでくれる曲
優しくなでてくれます。
おっ と思ったのはボンゴのような太鼓の音が入っているんですよね
やっぱり太鼓の音が入ると私はツボにくるようです(笑)
モトリークルー すっかり気に入ってしまいました
Dr. Feelgood も聴いてみたくなりました



————————
comment:Motley Crue って….
トミー・ボーリンの『ティーザー』カバーしたこと
あるんスヨ。(レコーディングしちょります。)
やっぱりこのバンドが驚異的だったのは(?)
メンバーの人気の順番が
Nikki Six : b
Tommy Lee : dr
Vince Neil: vo
でズ~ト離れて(爆)
Mick Mars : g
だったところですね。
理由はメンバーのフォトショットを探して見て下さい。
(2005.03.29 00:56:32)
K.Kさん
———–
res:
。(゜o゜”)エエッ!!あのティーザーをカバー?!!!
Σ(= ̄∇ ̄=ノノエーッ!!
昨日も聞いててメンバーの顔とか演奏ショットなんかが
知りたくなってきてました(笑)
なるほど、Vince Neilも人気者だったのですね。
Nikki Six が一番とは! ぶっといベース弾いてますが
この人もどんな風貌の人なのか気になってきてました(笑)
そんでずーっと離れてしまうMick Mars って?(笑) 
なんか見たいけど見たくないような(笑)
いえ、やっぱり見たい(笑)
(2005.03.29 07:59:54)

広告