カテゴリー: album

Mick Fleetwood/The Visitor

溶接姿のジェフ・ベック チャリティーショーの写真に載ってた
Mick Fleetwoodを見て急にまた聴きたくなりました
フリートウッドマックのドラマーソロです
このアルバムはたまに突然聴きたくなる大好きなアルバム
結局毎年聞きたくなって毎年聴いてる
何年聴いても飽きない
一曲目だけいかにもフリットウッドマックのような曲
George Harrisonが参加してるせいか、ビートルズっぽい曲があります
Peter Greenbaum参加してます
やっぱりアフリカンっぽい太鼓の曲が好きです
このアルバムってCD化されてないのかな・・
ちょっと調べてみたけど見当たらなかった


Mick Fleetwood/The Visitor ’81
1. Rattlesnake Shake
2. You Weren’t in Love
3. O’ Niamali
4. Super Brains
5. Don’t Be Sorry, Just Be Happy
6. Walk a Thin Line
7. Not Fade Away
8. Cassiopeia Surrender
9. Visitor
10. Amelle (Come on Show Me Your Heart)
Mick Fleetwood:dr,per
George Hawkins:Vo,b,key
Todd Sharp:g
Lord Tiki:Congas
Ebaali Gbiko:Children’s drum ensemble
Superbrains Adjo Group
Gest Musicians
Peter Greenbaum:Vo,g
George Harrison:Vo,g
Ian Bairson:g
Mike Moran:Synthe
Andrew Powell:String Arrangements


67年のウィンザーでやった
ナショナル・ジャズ&ブルース・フェスティバルで
フリートウッドマック(bはボブ・ブランニングだったそうな)と
同じステージに立ったブレッカーブラザーズにいた
キーフ・ハートレイが例の本で書いてたけど、
4万人の前でやったそうでいろんな意味で
忘れがたいステージだったそうな。
ジェフ・ベックも出てたそうだけど、
PAがひどくてみんな惨めな音を出してたとか(笑)
大きなフェスであまりにも小さいPAだったと。

 


————————-
comment:タイコのルーツを求めて?
タイコ叩きのヒトはその始祖を探るために
アフリカへ行ってしまうのでしょうか?
確か、ポリスのスチュワート・コープランドも機材を持って
ソロアルバムの糧にしたみたいだし。
それにしても、どうしてミックはハダカになるのが好きなのでしょう?(2005.05.15 15:32:43)
ハージェストさん
——-
res:
実はちょうど次に書こうと思ってるのがこれもまた大好きで仕方がない
スチュワート・コープランドのソロです!!!
スチュワート・コープランドのソロと
このアルバムはいつも一緒に聴くパターンなんです(笑)
やはりリズムの母体はアフリカなのかも
ゆえに裸になってしまう?(笑)
しかしスチュワート・コープランドのソロのほうは
現地の人と一緒にいる写真は
しっかりスーツ着ている(笑)しかも黒(笑)
(2005.05.15 18:06:49)

 

広告