カテゴリー: album

Stewart Copeland /The Rhythmatist

Stewart Copelandはポリスのドラマー
彼のソロ 「The Rhythmatist」も 大好きなアルバム!!!
Mick Fleetwood/The Visitor を聴くといつもセットで聴いてしまいます
ジェフ・ベックのウドーのチケット見てみたら
7/02 (土)と7/03 (日) 東京国際フォーラム
S席 限定受付枚数終了 してますね


The Rhythmatist
Stewart Copeland /The Rhythmatist ’85

1 Koteja (Oh Bolilla)
2 Brazzaville
3 Liberte
4 Coco
5 Kemba
6 Samburu Sunset
7 Gong Rock
8 Franco
9 Serengeti Long Walk
10 African Dream
Produced By Stewart Copeland and Jeff Seitz
At the Worried Rabbit,Nineveh,ASSYRIA
Guitar,Bass,Piano,Keyboard,Percussion
& Computer Programers By S.C
Curious Blend of Musical snatches from TANZANIA,
KENYA,BURUNDI,ZAIRE,The COCGO and BUCKINGCHAMSHIRE


1 Koteja (Oh Bolilla) は
おーゴリラ ここにゴリラ
おーゴリラ ココにおる
と聞こえてきます♪
中盤からジャングルの奥地に入ったような音
川に舟で移動しているような気にもなってくる
いつ聴いても新鮮に感じられるアルバム
やはり私たち人間の故郷はアフリカなのかもしれない
遺伝子のイブ説(人類のイブはアフリカ女性という説)
そうかもしれないと頷いてしまいます
太古から伝わるリズム 懐かしさを感じる。。
コープランドはみごとにアフリカと自分とを融合させて
コープランドらしいタイトな音作りを生み出しています

 

 



Pohto by Jean Pierre dutilleux

 

 


—————-
comment:タイコ叩きの目指すものは
私が今でも後悔していることの一つに、
全盛期のポリスのコンサートを観に行けなかったこと!
随分と後になって、シンクロニシティーライブの映像を観ましたが、
当時からコープランドは様々な音色をナマ音源や打ち込みで
取り入れている様です。
それにしても、あのパンパンのスネアの音!
始めはパンクバンドなどと見間違ったのが私の浅はかな判断でした。
ポリス時代のプロモーション・ヴィデオではコープランドは
いつもおフザケしている能天気なアンちゃんみたいに
街中をスティックを持ってうろつき回り、
屋台のオバサンにイヤな顔をされたり、
レコーディング中、ミキシング・コンソールの上に
土足で暴れまくるなど「それはないだろう」的な
パフォーマンスばっかりしていたので、
てっきり大したことないだろうと勘違いしてたのです。
アフリカの次は何処へゆく、コープランドよ・・・
(2005.05.18 09:39:05)
ハージェストさん
—-
res:
悔しい思いをされてるということは、行こうと思えば行けたのですね
なにのライブの映像を見たかは覚えてないのですが、
ポリスのもスティングのも・・いろんな場面のを見たことがあります
( ・ν・)
ええ゛っ?(ё。ё) ? そんなおもしろいプロモがあったんですかーっ!!!
それは見たことがないーっ
何処行ってるんでしょねー(笑)
コープランドとジェフ・ベックもおもしろそう(笑)
(2005.05.18 18:08:36)
—————-
comment:空耳の覇者
私の空耳(笑)
長い空耳でした。この曲を通しで聴くとこうなります。
東北弁と関西弁が入っているスワヒリ語??
2 Brazzaville
おリンゴ一杯皿さ
団子一本持てない
へなちょこ~なベッキー
がんばって行ってなゲイリー
大きいの持ったらニョッキ!!!!
お雑煮なんぼ飲むの
おじいちゃん2個買った
まだやたらややこしくてかなんねん
アタマもずっとみたら
えせ芸人のおじいちゃん
がんばってけらいエミさん
色パンツでペンペン
おおうめえ、山羊 ケン・バーガー
あ、チョコまめに ケン・バーガー
生まれた目に ケン・バーガー
何でもいい ケン・バーガー
エバ、シャンペンこねーか
エバ、ションベンこねーか
エバ、ちょっととってこねーか
(訳H2O)
(2005.05.20 19:28:59)
H2Oさん
—-
res:
H2Oさん 凄い凄い凄いーーーーっ
ぎやっはははははは ヾ(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ
ぐるじいーっ (T▽T)ノ_彡☆バンバン!
HPの「わたしのそら耳」にH2Oさんご提供として
アップさせていただきますう
(2005.05.20 21:08:06)
—————-
comment:
はじめまして.
Stewart Copelandについて記事を書いたので,
トラックバックさせいただきました.うまくできたのか,
まだ確認できません.
The Rhythmatistは欲しいのですが,手に入りません.聞きたいです..
Animal Logicは2枚とも持ってますが,もっと強力なボーカルとやって欲しかったと思います.
ハードロックやってほしいなあ.
John Bohnamが気に入っていたドラマーなんですもの.
(2006.01.30 20:15:07)
SleepingPさん
—-
res:
Rhythmatistは今のところ Amazon.com: The Rhythmatist: Music: Stewart Copelandぐらいしか見当たらないですが、
もっと他のところに売ってるかもですね
(2006.01.30 21:06:01)
—————-
TB:
太鼓がドンドン,SynchronicityConcert–ThePolice
お気に入りの音楽DVDの2つ目は,ポリスのシンクロニシティ・コンサートのDVDです.70年代後半から80年代初めのイギリスの3人組ですが,ライブではバックコーラスの3人を加えただけで,すばらしいサウンドを出しています.私が好きなのは,Sting,,ではなくて,阿修羅のよう…(2006.01.30 20:03:32)
アクセル・ローズを待ちながら

 

広告

Stewart Copeland /The Rhythmatist” への3件のフィードバック

  1. Koteja(Oh Bolilla)

    そろそろ、Policeのドキュメンタリー映画Inside Outの公開が
    近づいてきた。そう、今週末だ。東京ではこの記録映画を
    録っていたPoliceのリーダーStewart Copelandの舞台
    挨拶もあるらしいが遠方なので行けない(涙)
    Syncronocity Tourの後、Policeの活動が停止し…

  2. 映画は本日公開で、東京ではStewartの舞台挨拶ありますね。
    Police再結成記事(いっぱい書いてるけど、)2つほどトラックバック
    させていただきました。
    Rhythmatistは民族音楽なので流行に関係ないので、飽きないですね。

コメントは受け付けていません。