カテゴリー:

【夢】銀色のクローバー


┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
右側に小高い山
人と同じ大きさの像があちこちに立っている
クリーム色っぽく年季も入っている
その像をもっと近くで見ようと近づこうとすると
その場所には何か拒まれるような気配があって
立ち止まってしまった
デジカメで写真を撮りたいなと思ってるけど
もっと近づきたい
見知らぬ女性がその木々の奥からやってきて
「案内しましょう。」と声を掛けられるが
その像の場所ではなく、左側の道を歩いていく
ついていくと、扉があって女性は扉を開けて私も中に入る
庭があって外のような場所でもある不思議な空間
生い茂っている木々の葉っぱは見たことのない葉っぱ
銀色に輝いていて私はその葉っぱに見とれている
女性は「これはクローバーですよ。」と言う。
クローバーにしてはあまりにも一枚の葉っぱが大きい
20センチくらいはあるだろうか・・
それに、クローバーの葉っぱのように
丸いけれども三枚の葉っぱなどではなく
一枚ずつ孤立した葉っぱが交互に・・・
そう、まるでユーカリの丸い葉っぱに似ている、と思っている
それにしてもいったいこれは・・・ こんな植物は見たことがない!!!
少し歩いていくと、お店が何店か連なっている場所が左側に見えてきた
アロマグッズのお店のカウンターに友人がいた
友人はにこにこしながら「渡すものがあるのよ。」と言って
カウンターの下から黒いワープロのフロッピーを取り出した。
ワープロ・・・
ちょっと・・ パソコン用ではないの?と心の中でつぶやく
フロッピーには白く貼られた紙の部分に
「聖なるアロマ」と書かれていた。
香りがフロッピーに?
それとも音楽が入っているの?と思っている間に目が醒めた
┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

広告