カテゴリー: book

中島らも「頭の中がカユいんだ」

中島らも
「頭の中がカユいんだ」
を読んだ
4つの話が載っている らもさんのデビュー本らしい
1.頭の中がカユいんだ
2.東住吉のぶっこわし屋
3.私が一番モテた日
4.クェ・ジュ島の夜、聖路加病院の朝
頭の中がカユいんだ、なんて凄い題名(゚-゚=)
一度目にしたら忘れられない題名
なんか、ぼんやりとラフに書いたんだなぁと思わせる
らもさんはお酒と睡眠薬でラリッて書いたそうだ
その中でもそんな状態のらもさんから発せられる
鋭い言葉があったので書いておく

酒も煙草もやらずに、
毎日五キロのジョギングやってますという人はたくさんいるだろう。
ジョギングをしていると、段々に陶酔状態になってくる。
「ランナーズ・ハイ」というのだが、これは脳中に
モルヒネに構造の酷似した成分が作り出されるからなのだ。
ジョギングなどは靴が減ります、と言って
貯金通帳の数字をひたすら眺め続けている奴もいる。
「一日一善」に固執する奴の精神構造というのも、
完全に中毒者のそれだ。
要するにみんなラリってる。
ラリってる中で一番たちの悪いのは思想と宗教にラリっている奴だろう。
ああいうのは僕はこわい。目がすわっている。
睡眠薬の方がまだずっとマシだ。
自分がラリっているのがわかっているからだ。
結局、人間はどっかにポッカリとばかでかい穴があいているのだ。

脳内麻薬 ドーパミンも脳内快感物質のひとつでしたね
ドーパミンが少ない症状の代表的なものはパーキンソン病、
多すぎてくると幻覚やパラノイア(精神分裂病の陽性症状)が起きたりするらしい
抑制するための抑制神経であるギャバ神経で作られるβエンドルフィン
βエンドルフィンはストレスを和らげる効果が高い物質
最近「ギャバ」というチョコレートが売ってるのを発見して買ってみました
ストレスがやわらいだかどうかなんて全然わからない
もともとチョコに入ってるギャバもあることなので
このお菓子は普通のチョコより数倍多いと書いてあったけれど
チョコって少し食べただけで満足感が拡がってしまうもの
効果のほどはわからず。。
そういう食品を食べたのだという自覚が
自己満足になる気がする
脳内麻薬
わたしたちの意志と
そこから作り出した(または遭遇した)環境から得るものとして
やはり使い方次第であるとも言えるのでせう
潜在意識、条件反射、欲望
鍼・灸・マッサージ 座禅・瞑想 ヒーリング・・etc

▼-*- today’s key~ Akbal 夜 夢 内的変容 直感 黒 -*-▼


::::::::
TB:
紅白歌合戦で中島らも「いいんだぜ」を
日本放送協会では紅白歌合戦で聴きたい歌の投票を十月三十一日まで受け付けている。六百曲のリストの中から三曲、リストにない曲を一曲投票する事が出来る。「紅白歌合戦聴きたい歌投票」 僕はもちろん「いいんだぜ」を投票した。こんな歌詞である。いいんだぜ いいん…(2005.10.23 09:23:02)
悪の教典楽天市場店

 

広告

中島らも「頭の中がカユいんだ」” への1件のフィードバック

  1. 中島らもを魅了した幻の「ネーポン」が存在しているらしい

     旧暦七月十五日、立秋、盂蘭盆会。文月ふみつき、涼風至る。中島らもを魅了した幻の「ネーポン」が存在しているらしい《「とてもおいしかったと言っていいかもしれない」 中島らも「西方冗土」より》 「あの幻の『ネーポン』がまだ存在しているらしい」 知り合いから…

コメントは受け付けていません。