カテゴリー: recipe

Fondant Chocolat (フォンダンショコラ)

溶かしたチョコに生クリームやココアを混ぜたトリュフもいいけれど
こんな焼き菓子もおいしい 

Fondant Chocolat



** フォンダンショコラ **
〔材料〕
 (カップケーキ4個分くらい)
・板チョコ   125g
・バター 70g
・ココア 25g(山盛り大さじ3杯くらい)
・全卵 130g(2個)
・きび砂糖 50g
・ブランデー 適量
・飾り アーモンド、ナッツ、オレンジピールなど
 *ビタースィートやクーベルチョコの場合
 砂糖は90gくらい
 シナモンなどの香辛料も入れてもいいかも
1. 全卵に砂糖を加えて湯せんにかけ、
  泡だて器で混ぜながら人肌に温める。
2. 湯せんからはずして生地を落として
  リボンが書けるくらいの固さまで泡立てる。
3. ボールにチョコとバターを入れて湯せんで溶かす(30~35度)
4. 3にココアを加え、2とリキュールや香辛料を加えてさっくり合わせて型に流す
5. 飾り用のナッツ類をのせ、180度で20分くらい焼く
  (竹串を刺して焼き具合をみる)
今日はバレンチノ(バレンティヌス)司祭の命日なんですね~
時は 3世紀 結婚禁止令を出したローマ帝国皇帝クラウディウス2世
駆け込み兵士の結婚を手伝ったキリスト教司祭バレンチノは投獄される
投獄先で盲目の女性と恋をして
その女性はバレンチノの死刑直前に奇跡的に視力を取り戻したという
どんな出会い方だったのかな(獄中で!)
2/14は女神ユノの祝日であり、
豊年を祈願するルペルカリア祭(2/15)の前日に死刑を定めたのは
ルペルカリア祭に捧げる生贄という意味だった
死の間際にバレンチノは彼女への想いを手紙に書いて
「From your Valentine(あなたのバレンタインより)」と締めくくった
そこから恋人たちの間では 
Be my Valentine(私の最愛の人になって)と囁かれるようになったという
ジャズ好きな人なら  My Funny Valentine 
欧米では男性から女性に告白する日で日本と逆なんですね
恋人・伴侶に限らず、友人、お世話になった人などに
カードを送りあうのだそうです

広告