カテゴリー: gardenning

ピエールドロンサール満開-開花後の手入れメモ

鳥たちの歌声が響く朝
ふっとしあわせを感じるひととき
いつもいつも鳥たちの声は
なにかしら心のヒダをやさしく溶かしてくれる
今年はカッコウの声が何度も聞こえてる
今朝 カッコウの声で目を醒ました

ピエールドロンサール
Pierre de Ronsard
満開の姿 朝撮り写真
全開するとこんな姿になるのね
知らなかった
直径8cmの満開の花は重そう
そろそろ切ってあげないと・・

つるバラ(クライミングローズ)は普通年に一度だけしか咲かない

【開花枝の処理】
開花後は開花枝の半分残して切り取る
一度開花した枝に次の年はほとんど花をつけないらしい
新しいシュートがどんどん出てくるのでそれらを誘引する
新しいシュートが成熟するまでは古い枝は切らないほうがいい
(多い場合は切り取ってもいい)
旧枝の途中から出るサッカーには来年の花が咲く
次々と出てくるシュートは支柱に縛っておく
(曲げたままにしない)
冬 水分の少ない休眠期に
古いシュートを根元から切り取る
ランブラー系は新しい枝にしか咲かないので古いシュートは全部切り取る
残した枝の先端の未熟な部分を切り捨て
葉は全て落とす
残した枝を30cmほどの間隔で水平近くまで曲げて誘引
(真っ直ぐだと先端にしか花がつかない)
余った枝は切り捨てる
直径7mm以下の枝も切り捨てる
太い枝はシュロ縄で、細い枝はビニタイでとめる

スライドショーには JavaScript が必要です。

広告