カテゴリー: recipe

花梨ジャム


花梨を店で見かけたので
一個買ってきたのでした。
りんごみたいに食べられるのだと思ってましたφ(c・ω・ )ψ
検索してみたら、なんと
「そのままでは食べられない」と書いてあるではないですか。
果実にのどの炎症を鎮める
「アミグダバリン」という有効成分を含んでいる
青酸物質が入っているので、生で実を食べると
青酸中毒や腹痛を起こす場合もあるそうです。(・∇・;)ノ
うっかり一口食べたあとで知りました。(x_x;
すんごく渋かったぁぁぁぁ(´□`。)
確かにこれでは食べられないわ
食べられないと書いてあるのに食べる人ってと
突っ込まないでネ・・( ̄ー ̄;
のどの痛みや咳止めに効果絶大だそうです。
だから花梨飴とか花梨ジャムとか蜂蜜漬けばかり売ってるのね
(食べたこと無し)


で、なんだかはちみつ漬けってのがいいかな、と思い、
はちみつ買ってきたんだけど、花梨を一個切ってみてわかった。
断然はちみつの量が足りない・・( ▽|||)
でっかいのを買ってこようか、それとも・・・と考えて、
ジャムがいい!! となりました。
蜂蜜でジャム作ったらいいかも、と。
皮と芯と種を別にして水からまず10分煮る。
とろみがついてきたらざるで濾して皮や種などは除き、
煮汁に蜂蜜を適当に入れて煮立ったら、
かりんの身を入れて強火で10~15分。
少しレモン汁入れました。
参考にさせてもらった作り方はこちら
のどに効く!かりんジャムの作り方
この方法だと、有効成分が一番多い
皮と芯と種を使うので、普通のジャム作りよりよさそうです。
薬効ジャムですね。

出来上がったジャム、というよりなんちゃってジャム。
蜂蜜だったからなのか、それとも糖分が少なすぎたのか、
ジャムというより花梨煮。形が崩れてない。
食べてみると、甘酸っぱくておいしいんだけど一口でいい感じ。
アプリコットジャム(杏)に似てる。
紅茶に浮かべてみると甘さが全く無くなって
紅茶の味もあまり変わらないので、
そのままかヨーグルトや何かのトッピングならいいかも。
今度作るときは、きび砂糖でちゃんとジャムっぽく作ろうと思います。
アップルパイなどを作る要領で花梨の身に
直接砂糖をまぶしてから煮ればいいかも。。
ところで、これ一口食べたら、本当に喉に変化が感じられました。
ちょうどちょっと喉がいがらっぽくて風邪っぽいかな、
という状況だったのでそれがすっかり無くなったの。
これには心底びっくり。即効だもの!!!
しかもなんだかちょっとハイっぽい感触になって
どっかの神経がどうにかなってる感じ(?)
ふしぎな果物。o○
今回作った一個分の花梨ジャム、少しずつ分けて冷凍にしました。

広告

花梨ジャム” への1件のフィードバック

  1. 花梨ていい香りですよね。
    結婚して、暫く住んでたアパートの大家さんちにカリンがあって、毎年美味しそうだな、と思っていたんですけど、食べられなかったんですね。知らなかった。
    カリン酒作ったような記憶あります。

コメントは受け付けていません。