カテゴリー: 未分類

Autopagerizeが効かなくなった対処とページ区切りのStylishしてみる

要はこの2点
●AutoPagerize0.0.34
AutoPagerize for Greasemonkeyを入れて解決
●AutoPagerizeのページ区切りのStylish入れて見やすくしたこと
以下メモ
■autopagerizeが効かなくなった
いつからだったんだろう
Greasemonkeyのutopagerizeが効かないことに
昨夜気がついた 一昨日もそうだったので
その時間帯がうまくいってなかったのかなと思ったけど
(サーバデータの問題で)
どうやらそのwedata.netから
JSONファイルのインポートができずダウンしてたらしい
■とりあえずひとつのTumblrのHTMLにautopagerize対応追加
一番autopagerizeの恩恵もらってるのはTumblr
そうした事情は知らずとにかく施したのは
ふたつのアカウントのTumblrサイトのうち
ひとつはすでにautopagerize対応にしてたので、
もうひとつのほうをautopagerize対応にした。
やりかたはこちら
tumblrのテーマ 「Museum Theme」をautopagerize対応
これでデフォルトの表ページ2つは
どちらもautopagerizeするようになった。
(おかしいなぁ・・前からこれautopagerizeしなかったっけ?
とこの時点で首を傾げる)
kisato :: Clip( photo, audio )
kisato2 :: clip( news, text )
■autopagerizeは全体的に効かなくなってた
はて、気がついたらなんと、Google検索もそうなってた!!
なんでーー??? 検索したらすぐヒットしたこちら。
え? リニュされてからって
11月からすでにデフォルトでは効いてなかった?
いえ、ついこの最近になってというか昨日効かなくなったのです。
tumblrがリニューアルされててAutoPagerizeが効かなくなってたのでuser.jsにコードを追加した – さつまいものたねいも – たんぶら部 – Tumblove –

via tumblrがリニューアルされててAutoPagerizeが効かなくなってたのでuser.jsにコードを追加した – さつまいものたねいも – たんぶら部 – Tumblove –
多分44行目くらいにある, var SITEINFO = [ の配列に以下を追加。 { url: ‘http://www.tumblr.com/(publisher|dashboard)’, nextLink: ‘id(“pagination”)//a[last()]’, insertBefore: ‘id(“pagination”)’, pageElement: ‘id(“posts”)’, },

うわ・・スクリプトに手を加える・・
どうしよう・・
■addon入れてみてもdeliciousが効いてない
ということで安直に判断してaddon入れてみる
AutoPager:: Firefox Add-ons
しかしこれ入れてもdeliciousのサイトがautopagerize効かない!!
addonだと元々deliciousのサイトはautopagerizeしなかったの???
やっぱりスクリプトに手を加えないとダメ?
■AutoPagerize0.0.34リリース

AutoPagerize — Userscripts.org
http://userscripts.org/scripts/show/8551
* SITEINFOの取得先につながらない場合の処理を追加
* application/xhtml+xml のページへの対応の修正(0.0.33)
wedataに繋らないせいで動かなくなってしまっていました。
すいません。しばらく(30秒)繋らない場合、もう1日同じSITEINFOを使うようにしました。最初だけしばらく待つ必要がありますが、SITEINFOのキャッシュが残っていればwedataが繋らなくても動くようになります。
キャッシュがなくなっている場合や新規のインストールの場合は、wedataがもとに戻るまでもうしばらくお待ちください。どうしても早くなんとかしたい方は、os0xさんの記事を参考にソースを書き換えてください。
wedataのダウンでAutoPagerizeが動かない(効かない)件 – 0x集積蔵 http://d.hatena.ne.jp/os0x/20081224/1230075228

via AutoPagerize0.0.34 – SWDYH

とあります
こちらのAutoPagerize0.0.34
AutoPagerize for Greasemonkey
を再度入れただけで
deliciousもTumblrのダッシュボードも
ちゃんと動くようになりました。わーいよかったよかった
普段いかに
AutoPagerizeのGreasemonkeyに頼ってるかがわかります。
SWDYHさん、ありがとうございます。
(復活するまで間というのでこちらもありました
Tumblrのdsbd だけでも動くようにするための緊急パッチ
stlb:tumblr – kimishow: world1984: proto-jp: twink: …)
■wedata.netが動くまでの対処
さて、動いたけれど気になるのがこの記述
wedata.netからJSONファイルのインポートができなかった場合、
0x集積蔵さんのところの臨時JSONファイルをお借りするやり方が紹介されてる。
wedataのダウンでAutoPagerizeが動かない(効かない)件
– 0x集積蔵

こちらに「インストールしたScriptのソースの確認とSITEINFO_IMPORT_URLSの編集方法」が載ってますが、

エディタを設定済みなら設定されたエディタでAutoPagerizeのソースが開く。エディタが設定されていない場合、ファイルを開くプログラムを選択する画面が開くので、メモ帳やTeraPadなど、適当なテキストエディタ(メモ帳だと改行が繋がってしまうので、テキストエディタを使用するほうが良さそうです。)を選択してください。

via wedataのダウンでAutoPagerizeが動かない(効かない)件 – 0x集積蔵

このやりかたまではわかってたのですが、
開くファイル選択画面が立ち上がって、
どれを開くのかよくわからなくて即画面閉じてたんだけど(探す余裕無かった)、
ツール>Greasemonkey>ユーザースクリプトの管理から
編集を選び、Mozilla Firefoxのファイルの中に
“ganaware-autopagerize-56c68・・・.tar”
という長い名前のついたファイルがありました
そのファイルの中にautopagerize.user.jsがあり、開いてみると
ここにvar SITEINFO_IMPORT_URLS = [ が確かにあり、
指示通り // とつけてコメントアウト
次の行に ‘http://ss-o.net/databases/AutoPagerize/items.json’, を加えて上書き保存
予備の0x集積蔵さんのJSONファイルの呼び出しスクリプトです。
(自分の使ってるサーバーにスクリプトjpとして作ってってできないのかなぁ→こちらにAutoPagerize用のXPathの作り方が紹介されてました↓
・・・が、たぶん変な使い方してるせいでうまくできませんでした 
AutoPagerize用のXPathをかんたんに作るためのブックマークレット AutoPagerize IDE – bits and bytes)
さて、
%AppData%\Mozilla\Firefox\Profiles\
でファイルを指定して実行すると
gm_scriptsのファイルの中にautopagerize.user.jsがありました
こっちはすでにss-o.netだけが記述されてる
これはたぶんAutoPagerize0.0.34をダウンロードしたものですよね?
あれ?どうしたらいいだろう。。
ganaware-autopagerize-というファイルと\Profiles\のファイルと
どう違うのだろう・・・ わけがわかりません ;(
そういう人はあまりいじらないほうがいいですよね?
ということで“ganaware-autopagerize-56c68・・・.tar”
のほうの書き直したのを元に戻してみました
(どっちみち復活後再インストールすればいいし)
wedataは繋がらないのに動いているということは
\Profiles\のファイルのスクリプトのほうが優先されて動いてるということですよね?
そういうのが面倒という場合、

やっぱり良く分からないって方はid:javascripterが用意してくれた http://github.com/javascripter/autopagerize/raw/master/autopagerize.user.js を入れるってのもアリです。

via wedataのダウンでAutoPagerizeが動かない(効かない)件 – 0x集積蔵

という救いの手も示されてます
あっ、コメントに修正した
AutoPagerizeのGreasemonkeyを出してくれた方がいますネ
クリックするとすぐダウンロードできるようです :)
■デフォルトのURLコメントアウトとwedata復活後の対応


デフォルトのURLを残すべきか否か
一概には言えませんが、個人的にはデフォルトのURLはコメントアウトしておいてほしいと思います。
なぜなら、SITEINFO_IMPORT_URLSにあるURLが(今回のwedataのように)ステータスコードも返せない状況の場合、AutoPagerizeはページを開くたびにそのURLへリクエストを行ってしまうので、サーバー等に優しくないためです。
このあたりはGreasemonkey、AutoPagerizeなどの実装の問題と言えなくもないのですが、現状無駄なリクエストのために自身のブラウザも重くなるという現実もあるので、やはりコメントアウトをしておいたほうがよいと思います。
wedata復活後の対応
http://ss-o.net/databases/AutoPagerize/items.json はwedata復活後は中身を空にする予定です。
これは、wedata.net(デフォルト)とss-o.net(バックアップ)の両方を参照している状態でwedataが復活して、バックアップの中身がそのままだとSITEINFOの数が2倍になってしまい、AutoPagerize非対応ページでの処理が2倍に増えてしまうのを防ぐためです。
つまり、デフォルトをコメントアウトした状態で、wedataが復活すると再度SITEINFO_IMPORT_URLSの書き換えを行う(もしくはAutoPagerizeをインストールし直す)必要があります。その点はご了承ください。

via wedataのダウンでAutoPagerizeが動かない(効かない)件 – 0x集積蔵

ということで、wedata.netが復活したら再度インストールし直すこと
追記25日
上記コメントアウト部分訂正されてました↓


一概には言えませんが、個人的にはデフォルトのURLはコメントアウトしておいてほしいと思います。
なぜなら、SITEINFO_IMPORT_URLSにあるURLが(今回のwedataのように)ステータスコードも返せない状況の場合、AutoPagerizeはページを開くたびにそのURLへリクエストを行ってしまうので、サーバー等に優しくないためです。
このあたりはGreasemonkey、AutoPagerizeなどの実装の問題と言えなくもないのですが、現状無駄なリクエストのために自身のブラウザも重くなるという現実もあるので、やはりコメントアウトをしておいたほうがよいと思います。

AutoPagerize0.0.34で上記打ち消し線の問題が改善され、wedataが落ちていた場合でも一日一回だけしかリクエストが飛ばないように改善されました。このため、デフォルトのURLはコメントアウトする必要はなく、そのまま残しておいて大丈夫です。

via wedataのダウンでAutoPagerizeが動かない(効かない)件 – 0x集積蔵

■Forefoxのaddon“AutoPager”は使いにくそう
ということでForefoxのaddon(拡張機能)のほうの
とっても使いにくいAutoPagerは即外しました
addonのほうは使いにくい上、いろんな設定画面があるようで
一見すぐわからない設定画面でそれを調べて設定の仕方を
覚えなければならなくなりそうでげんなりしてたのですぅ
それにGreasemonkeyのAutoPagerizeを無効にしても
addonのAutoPager入れたら急に動きが随分重くなりました
こんな状態で使うのは気が重くなりそうだったけど
addon外せたのでほっとしました
すっごくほっとしました!!!
よかったよかったぁぁ
■AutoPagerizeのページ区切りのStylish
そういえばこちらにこの記事があったんだった
AutoPagerize のページ区切りにスタイルをあてる – 0x集積蔵
ついでにこれも作ってしまおう
こちらはStylish :: Firefox Add-ons
「概要」には
「AutoPagerize のページ区切りにスタイルをあてる」と書いて
上記紹介記事にある以下をコピペ

/* AutoPagerize */
.autopagerize_page_separator{
border:none;
}
p.autopagerize_page_info{
margin:5px 15px 10px;
background:#aaaaaa;
-webkit-border-radius: 0.4em;
-moz-border-radius: 0.4em;
border-radius: 0.4em;
line-height:1.5;
font-size:140%;
text-align:center;
}

すると・・
AutoPagerizeした前後のページの背景色が入り、
わかりやすくなりました。
Google検索ページ
autogooglr
Tumblrページ
s-autoTumblr
わぁぁ・・もっと早くからやっておけば良かったぁw

広告