カテゴリー: AutePost from Posterous, movie

映画『2012』

もうあと2年も寝れば2012年ですね
(もういくつ寝ると・・と思ってこう書いてみたけど変ですね)

昨年11月公開

パニック映画なんてひさびさに観た。
アメリカ大統領の演説の見せ方はさすがアメリカ映画だなっと
かつて、ポールシフトが起きたらどうなるのか
シミュレーションしたものを読んで、とにかくそんなんだったら
痛みもなく一瞬で死にたいって思ったものだった。

それが映像になって観られたのは・・・やっぱり凄いわと思った。

で、ラスト。 お決まりパターンていうか、
ほっとすると同時にがっかり 結局サバイバル・・。

これはひとりも残らなかったほうが・・。なんてね

この映画で一番印象に残ったのは、ロシアの大富豪のユーリ・カルポフの声!! 

ズラッコ・ブリッチという人
あまりにステキな声でうっとりした

2012年問題

フォトンベルト

マヤの予言の意味はなんなのだろう

 

それはあと2年もすれば違っていた解釈はそこで一旦判明する

ノストラダムスの予言みたいに?

2012

英題: 2012
製作年: 2009年
製作国: アメリカ
日本公開: 2009年11月21日
上映時間: 2時間38分
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー

チェック:マヤ暦による2012年終末説を題材に、『インデペンデンス・デイ』『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒが手掛けるディザスター・ムービー。地球滅亡を目の前になすすべもない人々が、巨大な自然災害から必死に逃げまどう姿を描く。偶然にも地球の危機を知ってしまうリムジン運転手に『ハイ・フィデリティ』のジョン・キューザックがふんし、大事な家族を守るために奔走する。大地震、火山噴火、津波など最新CG技術による迫力ある映像に注目。

ストーリー:2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたちとの旅行を楽しんでいた。ところが、偶然湖底に沈む巨大な研究施設を発見し、地球が滅亡に向かっていることを知る。この危機から逃れる手はないものかと模索するジャクソンだったが、すでに天災は地球上の至るところで起こり始め……。

2012

動画

広告

映画『2012』” への2件のフィードバック

  1. この映画はかなり怖い(映像効果と人間の欲)映画でしたね。

  2. そうそう、迫力ある映像もすごかったけどなんといっても
    その、いざとなったら・・な場面、危機迫るものでしたぁ。

コメントは受け付けていません。