カテゴリー: Facebook, RockMelt

RockMelt 起動 規定ブラウザに昇格

RockMelt

Netscapeを作ったマーク・アンドリーセン氏達が作った、
ソーシャル機能に特化したブラウザ「RockMelt」

これまで使ってたのは ChromePlus
ブラウザの使い方は、いろいろなサイトにログインして作業してる。

ひとつのサイトを閲覧する為に
当然のようにもうひとつのタブ(ウィンドウ)を開かなくてはならない。
これが実は・・ストレスになる。
疲れるから開かない。
余裕のあるとき見ようと思うとその時は訪れない可能性が高くいずれ忘れる。

このRockMektは、ポップアップというか
現在閲覧してるサイトのまま小窓として出てきて
そこに出ているリンクをクリックすれば
小窓を開いたままそのサイトが表示される。
Google検索が特に便利らしい。

新しいタブや新しいページを開いて移動しなくてもいいのは魅力的。

Facebookのアカウント

RockMeltのブラウザ使いたいために、Facebookのアカウント取った。
爆発的にユーザーが増えてるらしいと思っても魅力は無かったFacebook。

とにかく取ったアカウント

全然使い方わからんのだけど、
mixiより濃そうなサイトという・・
あまり良くないイメージで近寄りがたかった。
本名出すなんてリスクしか考えられないし。

でも、お互いの距離感として
日本人にとってはFacebookよりTwitterのほうが性が合ってるみたいだけど
Facebookも本名で出してる人は本名で売りたい人くらいで少ないと知り合いから聞いた。
ちょっと思ったのと違ってるかもしれないけどわざわざ取る必要は感じられなかった。

RockMeltのブラウザ使うためにFacebookのことを調べると
実は簡単にアカウント取れるし
本名じゃなくてもいいし 生年月日、住所など
事細かに個人情報の公開設定の仕方を変えられるのがわかりほっとした。

画像や投稿、ノートなどそれぞれに公開範囲の設定ができるようで、
きめ細かな仕様は使いこなせば、長く使いたくなる機能かもしれない。
それがわかりにくい設定となってなかなか把握しずらいという欠点にもなってる
(まだ使い始めで把握できてない)。

びっくりしたのは、幾つか好みの音楽ジャンルを入れたら
世界中からそのジャンルの映像がシェアされて流れてきたこと!
これは Twitterや mixiなどには無かった機能で面白い

「好きなものと趣味・関心」の項目に入れた言葉が、
「ファン・ページ」として登録される。
で、投稿先を全てのユーザーにすると 
ファン・ページに配布される・・のかなぁ(まだわからない

自分の興味や好みで繋がっていく仕組みがあるらしい。
これが Facebookにハマる原因なのかな
まだまだ知らないハマる機能があるのかもしれない。

投稿にすぐいいねしてもらったのがすぐわかるのも嬉しい

Twitterより濃くてmixiよりは薄い
そうそう、mixiのあの足跡機能が無いのはいい。

RockMelt 取得

RockMeltの公式ページにアクセスして
「Connect for an invitation」をクリック RockMelt
作りたてのFacebook アカウントでログインして申込むと
「Connect for an invitation」の表示が
「Your spot is reserved」に変更される。

ということで、数日中にwebsiteから招待されるらしい

この、誰かに招待してもらわず公式ページから申込む場合のことを
「early access」というらしい。

ところが翌日になってもその翌日になっても
公式サイトから招待メールは届かない。

Twitterでつぶやいたら、招待してもらっちゃいました(感謝!

* 追記
11/16 RockMelt Beta から招待メールが届いた。
“Hello,You recently requested early access to RockMelt.
We just hooked you up!”
facebookから招待してもらってブラウザインストール済みだから、
このまま何もしなくていいのよね。
一週間ほど経ちましたが、公式サイトに直接申し込んでも
出来るのはわかった (´・ω・)m

最初 ダウンロードできるページを案内してもらって
ダウンロードできたけど起動せず、以下のポップアップが出るだけ。

“An invitation is required to use RockMelt
Only a few people are using RockMelt right naw,
Leave us your info at http://www.rockmelt.com and we’ll
hook you up with an invitation as soon as we’re ready.”

どうやら招待リストというものに
まだ私の名前が載ってなかったということで、
その数時間後リストに載ったそうで
招待メールが届き(これが正式の招待だったらしいw)
無事起動させることができた。

なんだか ものすごく遠い道のりだったよ RockMelt

なので、Facebookのアカ取ったら、
誰かに招待してもらうのが一番手っとり早いし確実です

とりあえずFacebookのアカ取って
ひとりでもっとFacebookの使い方をよく読んで
その前にRockMeltを使ってみたかったわけで
順序が逆だったのねー

RockMelt extension 動作

extensionはChromPlusのときと同じもの 全部使えている
ChromePlus?拡張と設定 ≪ Kuu

extenshonは手作業 Local Storageは引き継げる

ChromePlusに入ってたのをフォルダごと移動させようとしても
出来なかったので、ひとつ一つ入れなければならなかった。
でも、Local StorageはChromePlusのを入れてちゃんと動いたので、
extenshonの各々の設定は引き継がせることができた。

起動オプション

RockMeltのショートカットに
タスクマネージャにメモリ消去ボタンを追加したり、
ディスクキャッシュの容量を指定する起動オプション→動作OK

左右のサイドバー

RockMeltを使う為には Facebookのアカウントが無いと使えない。
まずはFacebookありきのブラウザで、そこにTwitterが追加されてて、
他に普段使いのRSSフィードを追加して自分好みで使える仕様。
拡張機能には最初から3つデフォルトで入ってる。

左右のサイドバーからアクセスしてポップアップされるので
見たいときにさっと見られる。
このせいで気が散るかな、と思ってたけど
別にずうっと見てるわけでもなく、
気になったときさっとみてすぐ作業してたことに戻れるので
その分、時間も労力もいらなくなる。

「Ctrl+Shift+→」などショートカットキーで
サイドバーの表示、非表示を切り替えられるのもうれしい。

RockMeltのブラウザ ログアウトしてしまえば
こういうコンテンツ自体が表示されないから
プライバシーも守られてる感じ。

ただ、RockMeltにパスいれて起動するとき
「ずっとログインしたまま」にチェックしてしまったら知らない。

対処してほしいこと

RockMeltを起動させるときすでにメルアドが入力されてること。
これは、面倒でもいちいち入力したい。

ただ、この状態でもパスワード入れずにキャンセルボタンをクリックすると
ブラウザは立ち上がるけど、ログインした状態の左右に入ってるボタンやブクマ、
拡張機能は白紙状態で表示される。

ログインして起動させるブラウザなのだから
当然といえばそうなのだろうけどこれは気持ちいい。
他のブラウザには無かった魅力。

これなら起動時に入ってるメルアドの件もなんとか我慢できる

Netscapeの父、ソーシャルな新ブラウザ「RockMelt」をβリリース – ITmedia News

ということで、ChromePlusで使ってた機能も使えるので
RockMeltは規定のブラウザとして使ってみることにした。

広告

RockMelt 起動 規定ブラウザに昇格” への2件のフィードバック

  1. iPodにダウンロードしてきたゲームだったかなぁ。。。ハイスコア出るとFacebookへのログイン画面が出るんですよ。
    だんだんFacebookとの連携モノがふえていくんですかね。

  2. 来年「Facebook」を作った男たちを映画化した「The Social Network」が公開されるらしく、それで今注目されてるんでしょうね。基本は実名主義で、中に入ったら結構実名の方が多くて面食らいましたが私はHNで名乗ってます(同じようにしてる人もいてほっとしたけど)。
    使い方がわかりにくいけど、Twitter以上mixi未満で、
    正直Twitterとmixiより楽しい。ハマってしまってます。
    RockMeltのブラウザが使いやすい。

コメントは受け付けていません。