カテゴリー: つぶやき

『ソーシャルなWebから未来は個人のWebへ』から

これまでは、このような個人的な体験を実現するためのデータや技術がなかった。でも、状況は急速に変わりつつある。各人のソーシャルストリームを埋め尽くしている大量のソーシャルデータは、問題であると同時に、解でもある。これらの膨大なデータ(ツイート、ステータスアップデート、Like(いいね!)、Share、チェックイン、等々)を、自然言語処理にかけて、一つの立体的な’理解像’を作り出す。その像は、あなたの形をしているし、あなたの関心が素材になっている。

あなたの関心を知ったWebは、また新しい方向へ変わっていく。どのWebサイトもどのアプリケーションも、ユーザ各人を個人として知っていることを前提として振るまい、あなたに合った個人的な体験を提供する。

引用元: ソーシャルなWebから未来は個人のWebへ.

情報とユーザーの結びつきが可視化されてく

それは流れを作り、周囲に世界に影響を与え方向性を与える
人の思考が多くの人の思考と一致して、
集団意識が現実化するプロセスを可視化できるのだとしたら、
充分予想されるものだったにしても、
これまでにない世界観、受け止め方ができるようになる、
ということかもしれない。

未来の青写真は予想を超えてより早く実現しようとしてるように思える。

 

インターネットが出現して一般的に身近になり、
その恩恵を知った全ての人が覚えた強い興奮は、
この方向性を予感したからなのかもしれない。

広告