カテゴリー: つぶやき

タイガーマスク現象・伊達直人さんのランドセル « 里親家庭を「家」と呼ばないで

善意で出されるごはん、善意で用意された洋服、善意で買ってくれたノートと鉛筆、善意で寝る布団。

逃げ場は、学校だけでした。

毎日が苦しくて、窒息しそうでした。

私が生きてる事も、そこに居る事も、里親の善意なんです。

それで卑屈になったら、私のせいなんですか?

善意が迷惑なら捨てて結構?

里親は里子は選べるけど、里子は住む場所を選べません。

どうやって捨てるんですか?

家出して、飢え死にすれば良かったですか?

引用元: タイガーマスク現象・伊達直人さんのランドセル « 里親家庭を「家」と呼ばないで.

この引用は、この記事のコメント欄に投稿した方の言葉。
胸を掻きむしられるような表現でそれでいてほっとしたのでこちらに持ってきた。

「食べさせてやってるんだから・・」毎日のように浴びせられた言葉を思い出す。

どこにも逃げ場がなく、だから学校ではせめて他の子と同じように振る舞い忘れる逃げ場にする。
「ホームシック」という言葉の意味がわからない。

我慢するかいっそ死んでしまうかという間に揺れる。

家庭とは社会とはなんだろう。
この社会のあり方現在の形のありようは長い目で見れば特殊なのだと思う。

広告