カテゴリー: movie

インセプション

インセプション
SFアクション
眠っている間にその潜在意識に侵入し、他人のアイデアを盗みだす話

2010年7月公開

キャスト・スタッフ

キャスト:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、
ジョセフ・ゴードン=レビット、マリオン・コティヤール、
エレン・ペイジ、トム・ハーディ、ディリープ・ラオ、キリアン・マーフィ、
トム・ベレンジャー、マイケル・ケイン、ピート・ポスルスウェイト、ルーカス・ハース
監督・脚本:クリストファー・ノーラン
製作:エマ・トーマス、クリストファー・ノーラン
製作総指揮:クリス・ブリガム
撮影:ウォーリー・フィスター
美術:ガイ・ヘンドリックス・ディアス
編集:リー・スミス音楽:ハンス・ジマー
作品データ
原題:Inception製作国:2010年アメリカ映画

via インセプション : 作品情報 – 映画.com

夢の中の無意識が侵入者を認識すると
排除しようとして攻撃してくるという設定が特におもしろかった。

それにしても最後のコブが廻したトーテムのコマは、
廻り続けたのかどうなのか気になった。
もう一度気になる場面を重点的に観てみた。

なぜコマを廻してそれを確認することもなくこどもたちの元に駆け寄ったのか。
何度も見る夢の中では子どもたちは振り返ることもなく
顔も見せずにその場から立ち去ってしまうのに
こちらに駆け寄ってきたからだ。
だから彼は即座に夢じゃないと判断したか、
ずっと欲していた場面に思わず飛び込んで行ったかもうどうでもいいと思ったか
そこらへんの解釈が判断しかねて微妙なんだけど
よく見ればコマは止まるときのような音がした。

この場面については随分話題になったようだ。

ここ、かなりまとまった記事で観たあと参考になった。
結局、ディカプリオは現実に戻れたの?
『インセプション』の感想&考察まとめ – はてなブックマークニュース

ここで指摘してる夢の中では指輪をしていたけど現実は外してたこと、
女の子の靴の色が最後のシーンで黒ではなく赤色だったし、
たしかに若干成長してたように見えた。

このように気になるエンディングにして印象づけたのは、
現実だと思って生きているわたしたちへの問いかけなのかもしれない。
現実ってなんだろう。夢ってなんだろう。願いって・・・と
その相関関係と影響力を考えるとわからなくなる。

広告