カテゴリー: lifeshot

水道ガス待ち

震災前に変な夢見て書いてましたね。

でもこれじゃ変な夢見たねだけだねぇw

【夢】稲妻とともに « Kuu

3月11日 PM 2:26 M 9.0
東日本大震災(他にも呼び方があって統一されてないみたいネ)

怪我も無く無事でした 携帯もなかなか繋がらず
やっと繋がってもすぐ充電切れる
電池使って充電しても時間がかかって
しっかり充電できないし電池も無駄使いできない

そんな中で 無事だった生きてる・・とお知らせできたのは
携帯メールで投稿できるウェブサービス「Twil」でした

Twil: Twilとは http://www.docodemo.jp/twil/
メールでTwitter – TwitterまとめWiki

外に出て少し歩いた場所でなんとか繋がるようになったのが15日
この日ようやくメール投稿

kisato_mii(@_mii)/2011年03月15日 – Twilog http://twilog.org/_mii/date-110315

気にかけてくれてた人からの返事を取得してどれだけ嬉しかったか(´Д⊂
ありがとうございました

いろんなことがありすぎて・・書けないのでここには簡単にメモを。
地震の日はフリーで ずっと気になってどうしようか迷って決心して
いつものサロンに髪をカットしに行った
「前髪も切って」というと
どうしてなんでなにかあったのですか・・と聞かれて
またちょっと迷ったけど切ってもらった

肩甲骨隠れるくらいから
肩がすこし隠れる程度のセミロングになって軽くなった
(一週間目で我慢できずお湯を沸かして洗ってみたらうまくできた。
前の髪型だったら大変だったと思う)
髪型変わっただけで随分変わった気がして記念にシャメまで取った

お昼作って食べてようやくPC立ち上げてほっとしたとたんの地震だった
すぐに倒れそうなTV押さえながらファンヒーター消して
どんどん大きくなるのでヤバイかもって窓の鍵開けて窓開けて
どんどん揺れてでっかい横揺れが来て家の中の物が
ガッチャ-ンと大きな音をたてたとき、とうとうキタと思った

長い間揺れて泣きたくなったころやっと止まった
ほとんど物が落ちない場所でこらえてた
部屋の中点検して隣の和室の襖が開かないので
ベランダに出て見たら滅茶苦茶
もし隣の部屋だったらと思ったら背筋が凍った
ちなみにタンスなど耐震グッズ使ってたけどダメだった
時と共にゆるくなってたのかもしれない
時々点検しなくちゃね しましょう

まさかの津波

昨年三月、チリ津波が来るからって避難勧告あり
迷いつつ山のほうまで避難したけど津波は来なかった
(ラーメン食べて帰ってきただけともいう)
だからいくらなんでもここまで来ないでしょと家から出なかった

一階の半分まできて信じられなかった

まさか大きな被害がある場所では皆避難されただろうと思って呑気に写真撮ったりした(この写真の少し前に目の前に数人水が腰まで浸かってるのが見えて
慌てたらすぐ近所の人らしき人に助けられてたのでほっとした。
この後これ以上水位が上がったら逃げなければとドキドキした)

とんでもなく大きな津波が来てこの時多くの人たちが巻きこまれたなんて・・
あとから知って愕然としました。
11日間電気が無い生活に突入。
この暗闇生活の中、星空があまりにもきれいでした。
一日目の夜は寒さを我慢して過ごしたけど
翌日ラジオを聞いてて甚大な巨大地震だったとわかり
押入れの奥から反射式ストーブを出して暖を取った
↓その横に置いたアロマキャンドル(余裕に見えるけどそうでもないのよねw)

洋式トイレに設置するトイレとか用意してた防災グッズフル稼動
22日電気が来てネットもできるようになった。
さすがネット、すごい情報量に圧倒された。

んで、安否お知らせはtwitterでやったのでいいかなと
ブログほったらかしでしたが、
メールで聞いてくれたり(ねぇtwitter見てよぉ)
またはご自分のブログで心配して書いてたり(気にしてくれるならtwitter見てね)
そっと確認して他の人に教えてくれたり
とありがとうございました(でもそれだとネットできなきゃわからないのにぃ)

とはいえ、やっぱうれしいですほんと元気が沸いてきます。
都市ガスこないし水出ないし
下水道が溢れるから水も流しちゃダメ
水を使わずに調理・・といっても手に入る食材もあまりないけど
換気扇を動かせるのでカセットコンロをキッチンで使う
簡単な朝食 目玉焼きとウィンナー
フライパンに、「くっつかないホイル」を敷いて炒める
おいしくできるし洗い物が出ない
このやりかたが気に入った
いわゆるホイル焼きだよねw

アルミ箔の器で蓋

被災生活は、三日は大丈夫で一週間は耐えられるけど
それを超えると心身ともにキツイ
まだ電気がきてない場所もあるそうです
だけど一番心がもっていかれてしまうのは、人との繋がりが断ち切られたとき。
生活は立て直すことができても、失った命は戻らない。
心を暖めてくれるのは気にかけてくれるまなざし
なにかできるとかできないとかじゃなく
元気でいてくれることを願う気持ちですね

それにしても・・やはり怖いのは見えない放射能被害

雨は避けることができても、シャワーさえままならない ;(

15日午前、第1原発からおよそ50km離れた郡山市まで退避させた。保安院職員が住民より遠くに避難してるわけだよ。
via 子供達への手紙|イージー・ゴーイング 山川健一

ニトリのアロマキャンドルをリニュした牛乳パックに入れたので
びみょうにパックの絵が浮き出るw

広告

水道ガス待ち” への2件のフィードバック

  1. 写真すてち(*´∀`)♪
    まさかこの後に被災されるとわ・・・
    でも本当にご無事でよかったです。
    ご不便な中、よく工夫されて頑張ってらっしゃいますね。頭が下がります。
    水道・ガス、そして生活そのものが少しでも早く復旧しますよう。。。

  2. 今日震災後初(というのだろうか)、音楽が心地よく響くようになりました。
    そういえば音楽聴く余裕無かったなぁ。時間あっても聴く気になれなかったです。音楽を聴けるのは元気な証拠なのかなw 水道・ガス もうすこしの辛抱だと思ってがんばりまっす(節約レシピ考える癖がつくかもしれないw)

コメントは受け付けていません。