カテゴリー: news

被災後の生活困窮

最近ずっと、うなされる夢を見ている。書く暇もないのではしょる。

ところで、気になってた被災者の生活問題がこんな形で出ている記事があった。
ほんの氷山の一角という気がする。職を失った人は大勢いる。
やはりベーシックインカムが導入されるべきと思う

貯金尽き生活困窮「食べていけない」 70日以上 缶詰中心の食生活
2011.5.28 00:04 (1/2ページ)

70日以上、缶詰中心の食生活が続いている。津波でアパート2階の自宅が流された宮城県石巻市の雁部富士子さん(56)一家は貯金が尽きた。市役所から罹災証明書は交付されたが、義援金の給付は「7月以降になる」と担当者に言われた。「もう食べていけない。死ねと言ってるのと同じ」。唇をかみしめた。

「サバ、サンマ。もう見たくもない」。高血圧に悩む雁部さんだが、おかずは缶詰だけの偏った食生活が続く。一家は、以前に自衛隊から支給された缶詰で食いつないでいる。

住まいは仙台市に避難した知人が借りていたアパート。運送業を営んでいた夫の勝博さん(61)、長女の理紗さん(24)、次女の由紀さん(18)の4人で暮らす。

 アパートには毎日、避難所から弁当が支給されるが、雁部さんは町内会が違うので支給されない。

 勝博さんは震災前の2月末、840万円の13トントラックを買い替えたばかり。2月の売上金250万円を積んだまま津波に流された。雁部さんが働いていた水産加工会社ももうない。

 運転手の仕事を探す勝博さんだが、ハローワークで年齢を告げると「60歳まで」と断られる。理紗さんも、高校を卒業して魚市場の事務職に内定していた由紀さんも仕事を失った。

page: 2
 6月からは県の民間賃貸住宅借り上げ制度を利用して市内のアパートに一家で引っ越す予定だ。敷金や礼金などの初期費用計24万円は県が支給してくれるはずだったが、「いつ県が入れてくれるか分からない。すぐ入金しなければ契約しない」と言われ、知人から借金してかき集めた。

 3月末に市から借りた10万円の無利子融資はアパートの修理代や生活費に消えた。海水に漬かった畳を剥がし、漏電を防ぐためコンセントの差し込み口を交換しただけで1万8000円。震災で無料だった医療費も6月からは有料になる。高血圧の治療費、月約6000円が重くのしかかる。

 雁部さんは「仕事も金もなくては生きていけない。一刻も早く義援金を支給してほしい」と話す。

引用元: 【東日本大震災】貯金尽き生活困窮「食べていけない」 70日以上 缶詰中心の食生活+(1/2ページ) – MSN産経ニュース.

まずすぐに、被災者へ被災状況の程度に関わらず一度10万くらいを支援してから、
被害程度に合わせて罹災証明を取りその分上乗せしたらよかったと思う。
なのに最初に10万貸し付けだなんてとんでもない。

上記のケースの場合町内会が違うからどうのこうのというのがおかしい。
一番の問題はこの町内会問題。

アパート直すの大家さんの負担だろうし、たしかこの場合請求できるはず。
応急修理費用は仙台の場合半壊以上だと一件52万円支給される。。
ただ、罹災証明前で申請せず勝手に修理し終えたものに対しては支払われないから
それまでは避難所に行けということなんだろう。
でもこれだって、領収書と修理前と後の写真を
後から罹災証明と共に提出すればいいんじゃないだろうか、なんでと思う。

普通一番困るのが居室、台所、トイレなどの
日常生活に必要な最小限の部分なわけで直せるなら一刻でも早く直したいのに
この対処の仕方(仙台市だけだろうか。石巻だと違うのかな)
融通きかなくて首をかしげる。

とにかくなんとか・・この記事に載った縁で状況が好転することを祈ります。
このように困窮するケースはもっとありそう。
自宅避難などから避難所へ今頃行くということはできないのだろうか
石巻はまだまだ大変らしいし、このご家族の場合石巻の避難所に
問い合わせたほうがいいのではないだろうか。
または生活保護の対象にもなるのでは。
その辺、罹災証明手続きで訴えたりしなかったのだろうか。

広告