カテゴリー: news, 放射線

気になった福島県飯舘村などの住民パトロール記事

“見まもり隊” というニュースは目にしたことはあり、
大丈夫なんだろうかと思ったけど実態はよくわからなかった。
河北に出てたので読んでみて、軽くショックを覚えた。

帰郷を信じて - 中 -
帰郷を信じて- 下 -

おそらく孫の代までいっても人が住めないような場所に立ち入るなら、
当然原発作業員のようないでたちなんだろうと想像してたけど
この写真を見るとごく普通の格好、、ですよね。。
(田村市船引町とあるので見回りのときは違うんだろうか。 
あでも、田村市のここだって 0.5uSv/hくらいあったんじゃ・・)

「力を合わせて村を守ることが、結局は自分の早期帰村にもつながる。」
そう信じて活動に当たっている。

と書かれている。本当にそんなことが可能なのだろうか。
可能ならいいけど不可能なのに希望だけ持たせてこの場をとりつくろい、
その人たちの気持ちを落ち着かせて政府へ向かわせないためなら
人として許されない。その反動は必ず起こるでしょう。
どれほどの恨みをかってるだろう。
(いずれこうしたリストも重宝されそう ->
建築とかあれこれ 呪いもあれこれ  犯罪者リストになる日はいつ?w )

この記事がニュースとして出てないか探したけど河北はもちろん他にも無かった。
似た記事はこれだけだったので消えないうちにこちらに。

住民不在の福島県飯舘村で見まもり隊発足 雇用対策にも : ニュース : ジョブサーチ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、全域が計画的避難区域に設定された福島県飯舘村は6日、避難中に住人不在となる村内を監視する「見まもり隊」を発足させた。

 村民が中心となり、24時間体制でパトロールする。おそろいのジャケットを着た村民たちは出発式で、「戻ってこられる日を信じて活動しよう」と心を一つにした。

 村によると、3日現在、全村民の78%にあたる約4800人が県内の避難所や公営住宅などに避難しており、村役場も22日をめどに福島市の施設へ移る。

 同区域は「警戒区域」と異なり、立ち入りを禁止する罰則はない。村に残してきた農機具の盗難や空き巣を心配する相談が村や警察に多数寄せられていた。

 見まもり隊は村、警察、消防団に加え、村民約350人で組織する。約8億円を見込む運営費は国の緊急雇用創出基金を活用。うち約6億円を人件費に充て、避難で職を失った村民らの雇用対策にも役立てる。

(2011年6月6日 読売新聞)

「帰郷を信じて – 上 – 」の方の記事は間違って捨ててしまったので無いけど、
このパトロールを仕事としており、それでなんとか収入を得て生活してるという記事だった。
昨日の記事 “帰郷を信じて – 中 – ”のほうにも書かれてる。
勤務は4日に一度で月に700マイクロシーベルト被ばくすると。
その数値に目を丸くした。
そしてもっと驚いたのはその隊員の中に25歳の人がいるということ。

予算措置が切れる来年3月以降、隊は存続するのか。
活動が長期化した場合の健康への影響はー。

と心配してるそうだが、月に700マイクロシーベルト
二ヶ月続けるだけで1ミリシーベルトを超えてしまう。
しかも内部被ばくは計算されてないだろうしはたしてその700マイクロシーベルトだって
ただセシウムだけに限った数値なんじゃないだろうか。

ふと、100ミリシーベルトまでなら大丈夫などとのたまう
専門家(?)がいたことを思い出した。
まさかそれが基準だろうか。しかもその100ミリってまさかまさか・・
一時間だけで浴びた量などと??? いやまさか・・いやありうる・・

よくわからないけどこの記事に
「自宅周辺の放射線量は毎時1マイクロシーベルトほどで、さして高くない。・・」とある。。。
え、さして高くない???
なのでおそらく、放射線量にたいする数値の反応が人によって相当違うのだ。

下のほうの記事では、

事故が引き金になって死んだ牛を除き、95頭が食肉処理を余儀なくされた。

え?? それ食肉になったの??測ったの?あ・・でも500bq/kg以下だったとか?

たしかに、きちんと封鎖されてない場所をパトロールするのは大切だと思う。
でもそのパトロールする人たちの放射線の認識はどうなのか、大丈夫なのか
この記事を見た限りとても不安になった。

こうした例を一つ挙げてもいかに不安な記事かわかるでしょう。 年7㍉で・・
-> 『年7㍉シーベルトの被曝で息子を失った母』の声

以下 基礎知識としてよく読んでおきたいサイト紹介

放射能についての基礎として、まとめられたところ。
素晴らしいまとめ記事です。

web版
原発と放射線 | 中山研究室 http://www.kuis.ac.jp/~nakayama/essay/atm.html

pdfや電子書籍
中山研究室 http://www.kuis.ac.jp/~nakayama/gyouseki.html

1uSv/h だと一年で大体10mSv、
200nGyなら0.2マイクログレイ(μGy)すなわち0.2マイクロシーベルト、
CPMは120で割って概算でき 600CPMなら5μSvとなるなど
大体の暗算法が載っててわかりやすいです。

“真実を知り、自分の身は自分で守るしかない. 私たちは放射線と関わらずには暮らせなくなりました。
放射線について分かりやすく説明します。 登録不要で自由に閲覧とダウンロードができます。無料公開。
引用はもちろんのこと全文印刷と配布も承諾不要でご自由に。
(引用と一部印刷物配布の際は出典を明示してください …” とのことです。
どんどん拡散しましょう。政府はきちんと最初から指標を持たずに怖ろしく場当たり的だけれど、
国民の批判や批評で変更する柔軟さはあるようです。牛歩の歩みですが。。

食品ではこういうサイトがあります。参考にしたい。
新生児のお母さんに知っておいて欲しい母乳と粉ミルクについて | 製造所固有記号データベース

広告