カテゴリー: 放射線

NHK日本新生│第2回「わたしたちの食」- を観て

現在放射性物質を大量に全量検査するPET(医療機器)を改造したものを実用化する動きが出ていること、
もっと安価で100Bq/kgまでなら測定できる機械の流通が始まってたこと、
99.9%除去できる開発のニュースはうれしいニュース。

これらが成功すれば、日本国内だけでなくベラルーシなど
今現在も放射性物質の中で暮らさざるをえない人々にとって大きな助けになりますね。

こういう研究がすでに始まっていたんですね。思ったほど早く実現化しそう。

なんだかすごいじゃないですか。それが実現するまで、できるかぎり被ばくを避けることですね。
それまでの我慢かもしれません。

こういうニュースはどんどん流して欲しい。
じゃないと何にも改善されず被ばくさせられるのかと、消費者は気が気じゃない日々を生きてるんです。

米、魚、畜産物・・・ 私たちの食卓を支えてきた産地が、大震災と原発事故によって壊滅的な被害を受け、これまでの生産、流通、消費のあり方が改めて問い直されている。

どうすれば、今なお苦しみ続ける産地を甦らせることができるのか?

そして、どんな仕組みを作っておけば、将来にわたって「食の安全・安心」を確保していくことができるのか?

被災地の生産者たちが始めた挑戦をヒントに、スタジオで徹底討論。「わたしたちの食」の新たなあり方を探る。

第一部ゲスト ■永島敏行さん ■相田翔子さん ■神里達博さん 東京大学大学院特任准教授 ■藤沢久美さん シンクタンク・ソフィアバンク副代表 ■堤清二さん セゾン文化財団理事長 ■八木健一郎さん (有)三陸とれたて市場社長

第二部ゲスト ■長浜博行さん 内閣官房副長官 ■小泉武夫さん 東京農業大学名誉教授 ■杉浦紳之さん 放射線医学総合研究所 センター長 ■近澤靖英さん イオン(株)執行役 ■神里達博さん 東京大学大学院特任准教授 ■藤沢久美さん シンクタンク・ソフィアバンク副代表 ■岩本裕 解説委員

引用元: NHK日本新生│第2回「わたしたちの食」.

広告