カテゴリー:

【夢】取り出された胃袋 

ひさびさに変な夢をみたというかうなされた。

学校のような場所に避難している。
廊下の片隅で、若い医師が手術をしている。
わたしは他にいないために不慣れな助手をしていた。
わたしの他にもうひとりいた。
彼女もわたしと似たようなものでおろおろしてただ見てるだけの状態。
手術といっても、手術台でもなく単なる長椅子を使って
ただメスを握ってるだけのような異常な状態。
白いガウンを羽織ってるだけで滅菌手袋もしていない。
でも仕方ないという空気。
横たわっているのは髪の長い若い女性。麻酔されてるのか意識はない様子だけど
点滴はおろか、なーんにも装置も付けられてなく服をはだけた場所を手術してるようなもの。
ものすごく異様な空気だけど、どうしたらいいのかわからずこの医師にその場を委ねられている。

胃袋が取り出されそのまま渡されて
私は反射的に傍の洗い場で水道の蛇口から水を流して胃袋を洗ってる
湯たんぽみたいで日本の本州みたい・・と思ってる場面で突然、
夢の中での意識がはっきりしてくる。
わたしはなにしてるの・・。手が震えてくる。

医師の傍に行って見てみてなにをしようとしてるのかはわからないけど、
生かすためじゃないことを理解し驚愕した。
怖ろしくて思わず後ずさりする。
もうひとりの彼女も同じく青ざめた顔で後ずさりしながら、
「わたしできません・・。」というのがせいいっぱいの様子。
わたしももう、逃げ出したくなった。
「わたしもだめです。介助できません。」
先生はふうっとこちらを向いて、どうしたのと言いながら
メスの手を振って早くというそぶりを見せる。
その目と合って金縛りのように動けなくなった。
どうやってここから抜け出したらいいだろう、と考えてる。

広告