カテゴリー: 放射線

SOEKS-01M 最新バージョン1.CLに決めた

最近の新聞にて、がれき受け入れ拒否したある市町村の件。
国がきちんと放射線量を測ったのに拒否するなんて悲しいという読者投稿欄を目にしました。
これまでの政府のやりかたや報道の仕方を見てれば、
ネットから情報を取らずともその胡散臭さがわかってくるだろうし、
福島の人が国や市町村から、どれほどひどい状況に
陥れられているかというドキュメントも新聞に載ってたこともあったので、
津波をかぶった上に放射能もかぶったがれきの危険性が無いとはいえない、
という考えはあるわけで政府が大喜びするような
こんな受け止め方をする人がいたなんてと驚きました。

こうした捉え方の違いで
人と人のこころの絆が切れまくる。心底おそろしい。

東日本大震災で発生した宮城県内の災害廃棄物をめぐり、仙台市が他の被災市町のがれきを受け入れる意向を県に伝えたことが27日、分かった。受け入れ量は未定だが、県が被災12市町から処理を委託されている廃棄物の一部を引き受ける。
 仙台市が建設した宮城野区蒲生地区など3カ所の仮設焼却炉で処理する方針。市内廃棄物の処理の進展状況を勘案しながら、今春にも受け入れ量や時期などを固める。
 県が受託した災害廃棄物を、発生地域以外の自治体が受け入れるのは初めて。県環境生活部は「がれきの処理スピードの加速が期待される」と話している。
 仙台市内で発生した災害廃棄物は約135万トン。処理作業は順調に進み、市は昨年12月の市議会定例会で、2013年度末に設定した完了目標の相当程度の前倒しが見込めると説明。13年夏にも他の自治体の廃棄物を受け入れる余力が生じるとの見通しを示していた。
 県内で発生した災害廃棄物は約1570万トン。県は被災12市町から少なくとも1200万トン以上の処理を受託した。2次仮置き場の用地確保や放射性物質の影響により広域処理が難航し、計画の遅れが懸念されている。
2012年01月28日土曜日
via 河北新報 東北のニュース/仙台市、被災12市町のがれき受け入れ 宮城県委託分

たしか市町村は、がれきの受け入れについては拒否できていたはず。
それが政府側から半ば強制的に受け入れさせられることに。
政府、やりたい放題だな。

首都圏などで出るごみ焼却灰や汚泥のうち、放射性セシウムの濃度が国が定めた基準を下回っているにもかかわらず、ほかの自治体にある施設に処分を頼んでも、断られるケースが相次いでいることを受けて、環境省は、全国の自治体に受け入れを拒否しないよう要請しました
ごみの焼却灰や汚泥については、環境省が、放射性セシウムの濃度が1キログラム当たり8000ベクレル以下であれば、通常の埋め立て処分をしても差し支えないとする基準を示しています。
via 基準以下の廃棄物 処分を要請1月21日 5時9分

日本がこのままうまく国民を言いくるめてしまうなら、
自分の国もそれに倣って‥と海外では手ぐすね引いてるのかな。

エステーから次のタイプのガイガーカウンターが発売される
エアカウンターS
B006YJEWTQ

これを買おうと思ってたけど、日本のカウンターに細工されるかも
これまでの海外製のも手に入らなくなるかもという危惧と不安感がでてきた。

安くてコンパクトで使いやすそうだけど、これまで出てたのも安くなってきてる。
やはりロシア製のほうがまだ信頼できそうな気がして
前から気になってたのを買うことにした。

ほんとはエアカウンターをきっかけに
どんどん国内製の性能のいいものが出てくるのを期待していた。
でも今のこの政府の状況では、むしろ政府が介入してきそうで怖いし
そんな企業の製品など信用できない。

だいたいこのエアカウンターの製品紹介が “生活者の不安解消のために”
などとのっけから信用出来ないww ばかなの?
不安解消のためというのがおかしい。ただただ現実が知りたいだけなのだから。
ばかにするのもいいかげんにしてね。

null

ユーザーから送られた測定結果を集積、地図化するサービスも

 エステーではさらに、「エアカウンター」「エアカウンターS」のユーザーサービスとして、自身で測定した放射線量の結果や測定場所を送信して、各地域から集まった放射線の測定結果がネット上の地図で確認できる「エアカウンターリポート」も、2012年1月10日から展開すると発表した。

 エアカウンターリポートの概要は、エアカウンターのユーザーがカメラ付きGPS携帯電話を利用し、放射線量の測定結果、測定場所の画像を送信し、同サービスのシステムが集計し、専用サイト上の地図に反映するというもの。自らが測定した結果に加え、近隣や外出先などの放射線量の状況が、携帯電話やパソコンからチェックできるという。

 送信にはエアカウンター本体に記載されているシリアルナンバーが必要となる。また、放射線に関する疑問や質問も送信でき、内容によっては首都大学東京の放射線安全管理学の専門家が回答するという。

 エステーでは、「各地の放射線データを収集することは、生活者が不安を感じている放射線の分布や放射線量などの現状を把握するとともに、学術的にも大きな意義がある」としている。なお、エアカウンターリポートのシステム構築は気象情報会社の「ウェザーニューズ」が担当する。
via エステー、測定感度が向上した7,900円の放射線測定器「エアカウンターS」 – 家電Watch

GM管が二本というのが魅力の 【放射能測定器 RD1706】  こちらは 21,900円
B004H5KGO4

前から気になってたのがこれ。【SOEKS-01M 最新バージョン1.CL】
“新型は測定時間が20秒と早く、値もRD1503等と比較しても同等です” というレビューみて
こちらに決めた。15,000円。
B005DDMBY2

広告