カテゴリー: shopping

アーチフィッターのパンプス、フッティングサービスがステキ

12/25付で書いたパンプス、ちょうど年末に届いた。
アーチフィッターの靴 « Kuu

注文したのはプレーンタイプ

箱を開けてすぐに室内で履いてみると、
プレーンタイプではそのうちパカパカして歩きにくくなりそうな気がした。
即 ベルトタイプに交換手続きした。この場合もちろん送料は自分持ち

お正月明けにベルトタイプが届いた。これなら脱げる心配もなく走ることもできるだろう。
わくわくして履いてみると、左側の外反母趾の部分が痛い。
骨をぎゅぎゅっと締め付けられる痛さ。
そのときのG+投稿↓

アーチフィッターでは、フッティングサービスというのをやっている。
同封されてる用紙に必要事項を書いて、直して欲しい箇所にチャコールペンで印を付け、
できれば履いた写真も撮って送るといいらしいので早速デジカメで撮り、
メールに添付してもいいらしいけどパンプスの箱の中に同封したほうが
わかりやすいだろうなと思い同封してお送りした。
この場合は送料は着払い。

それから二週間後、直してもらったパンプスが届いた。
あまりのぴったりさに思わず感嘆! ああでも、今度は右足がきつい。
最初に履いたときはちょうどいいと思ったのに右足もきつい。
ちょっと迷ったけど、右足も同じように直して欲しい旨を書いて再度送った。

さらに二週間後、届いた。こんどはもう、文句のない仕上がり。
ひとつきほどかかったけどこれでよかった。
まるでオーダーメイドのように、自分の足にぴったりな
この世に一つしかないパンプスが手に入ったのを実感した。
なんという贅沢。。

オーダーメイドの靴は、欧州などでは普通だと聞いたことがあったけど、
オーダーメイドの服と同じくおそらくとても手が届かないような値段だろう、
わたしには縁がなさそうと思ってた。

ほんとにすごい贅沢だなぁ。でもこれほどの満足できるパンプスとしては
それでも高いといえば高いけど、手に届かないほどの高さでもないのがミソ。

ただ一点だけ残念なのは、
このパンプスのベルト部分がボタンじゃなく
ベリベリはがすマジックテープということ。
ここがボタンだったらなぁ

いずれ改良されたのがまた出てくるかもね。

歩いて楽しいパンプス。ぴったり吸いつくようなフィット感がたまらない。

広告