カテゴリー: Chromium, Iron

Chrome to any browser を使って他のブラウザにURL転送 というのが便利ですごい

XIronが快適で、ついyahoo映像ニュースが閲覧できないタイプだったのを忘れる。
SRWare Iron から XIron にした ” にも書いたように
UA.ini をBinフォルダに入れればいいけど、ブラウザを再起動するそのひと手間が惜しい。

Chrome to any browser』なら、観たいページをXIronで開いたまま
ショートカットをクリックして起動させるだけで別のブラウザで開いてくれる。

『Chrome to any browser』の主な機能

Chromeから、他のブラウザにURLを転送。
Chromeから、エディタなどに情報を転送。
Chromeから、ローカルファイルをエディタを直接開く。

『Chrome to any browser』を起動させてメニューから”Secret Chrome”を選んでみた。
見事に観たい映像を見ることができた。
これはかなり便利です。

いつも”Secret Chrome”で観るはずなので
メニュー画面で毎回選ぶ作業をすっとばせる方法も取り入れました。

exeの起動オプションに「-d:{{~}}」と引数を指定することで、
メニューを出さずに直接処理を実行

IEの場合
-d:{{"C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe" "<%url%>"}}

詳しくはこちら参照
Chrome to any browser – クロノス・クラウン

広告