カテゴリー: lifeshot

希望を

一年経って、あったものがなくなったこと。
そこにいた人がいなくなったことがはっきりしてくる時期。

地震による倒壊破壊だけだったらこれほど引きずることもなく、
もっと明るく前向きにできていたかもしれないけれど、
放射能による被曝の恐怖、政府にたいする不信により
むさぼるように放射線というものを知る努力と
手探りで資料やデータのかき集め

ほんとうに疲れる気の休まらない一年でもあった。

まだヘドロの匂いがする
瓦礫から、自然発火する火災がよくあるらしい
福島原発はまだ放射線を放出している

信用できない政府
地獄のような中で交わされる人の温かさもあり
苦しんでる人の傷口を開こうとするのも同じ人間であり、

人間とはいったい、と考えさせられる一年でもあり
それは3.11前の捉え方とはうまく言葉にできないけど違ってもいる。

共通するのは、どんなことになっても
希望を掴みたいという気持ちなんだろう。

生きてるあいだは、ずっとそれが目的なんだろうと思う。

原発作業員のハッピーさんのtweet

ただいまっ(^O^)今日も暖かかったけど風が強かったでし。現場は外回りの仕事のタンク増設、汚染水処理配管敷設、3号4号瓦礫撤去、多核種除去設備(アルプス)設置準備、廃スラッジ処理設備設置作業等々はコツコツと進んでるんだけど、肝心な原子炉建屋の中の作業に先行きが見えないでし。
via Twitter / @Happy11311  2012年3月7日

日付が変わり今日で一年、去年のこの時間はもう寝てたなぁ…。まだ一年しか経ってないのに再稼動…、1Fの検証も終わらないうちに再稼動…、原発立地住民の気持ちの整理もつかないのに再稼動…。オイラの頭では理解出来ないでし。
via Twitter / @Happy11311  2012年3月11日

アルジャジーラにぬまゆさん(昨日ブログを閉鎖)こと沼内恵美子さんが取り上げられている↓

広告