カテゴリー:

【夢】迫る海

コンクリート造りのホテルに泊まってる。

窓に近づき外を見ると、すぐ下は海。
しかも津波のときのようなどす黒さに身がすくんだ。
大丈夫なんだろうかと不安になる。
これはかなり臭いんじゃないだろうか。
密閉されてるせいか匂いは遮断されてるみたいだ。

やがて日が更け始めたころ、満潮のせいか
窓の下ぎりぎりまで波が打ち寄せていて、
気泡が泡の塊になって窓にくっつくほど迫っていた。

このままではこの部屋が浸水してしまう。
そういえばこの階は何階かわからないが、
すぐ下の階はすっかり浸水してしまってる!

見ていると、離れた窓に波に乗って人間のような化物が近づいて
長い舌を出して窓を舐めてる。舐めた部分がなぜか 溶けていく。

その部分の窓が溶けて穴が開いてく。
怖いけどとにかく今のうちに窓を塞がないと化物が入ってきてしまう。

ベニヤ板のようなものでもいいからと、部屋から出て窓を塞ぐものを探す。

なかなか見当たらず部屋に戻ってみると、
ぽっかり開いた窓の外は真っ暗で化物の姿はいなかった。

窓を塞がないと…

広告