カテゴリー: 放射線

首都圏反原発連合と 脱原発をめざす国会議員との対話のテーブル 動画見た

 

会合の詳細
日時:日時: 7 月31 日(火)17:30 ~ 19:00
場所: 衆議院第1 議員会館 1 階 多目的ホール
*記者章をお持ちでない方は会館入口で配布する通行証にてご入館ください。
出席者:首都圏反原発連合有志
脱原発ロードマップを考える会 顧問・世話人
原発ゼロの会 世話人
コーディネーター(司会):小熊英二氏(慶應義塾大学教授)
取材について:フルオープンで行います。

» ★首都圏反原発連合と 脱原発をめざす国会議員との対話のテーブル 

 

動画 : Ustream.tv: ユーザー LOFTch: 首都圏反原発連合と 脱原発をめざす国会議員との対話のテーブル, loftch. その他

ここから得たことは、住民の命などを無視して総理大臣も議員たちも動けない大きな原因は、
不正な原発規制委員会の人事だということだとわかったことだった。
これがすべてを牛耳っていて他の人達が手も足も出せない独占的状況だということ。
これってテロが今現在行われているという意味と同じに聞こえた

まず、原発村の村長を原発規制委員会の人事に登用してはならないということ。
そして、廃炉するために必要な準備をすぐにしなければならない。
その準備についてわかりやすい説明だなと思ったのがこちら。
原発について考えるにあたって – Chikirinの日記

官邸前に10万人以上が集まったことから生まれたこの会合。
どうかこれが今の切羽詰まった日本を打破する道筋となりますように。

今の民主党では現在激しい議論に渦巻いているのだそうで、
野田総理の周囲の脱原発をめざす国会議員の動きも垣間見え、
反原発連合のひとりひとりの意見を確認できてよかった。
やっぱり最後のほうで涙ぐんだ方の意見は共鳴してこちらもつい涙ぐんでしまった。

広告