カテゴリー: つぶやき

雨の音

ときどき聴いてるこの音源。
聴いてると、登下校のころを思い出す。
小中高校と、どこ行っても30分以上は歩いて通う道でした。

ときには傘忘れてずぶ濡れになって歩いてた。
だんだん靴の中や服の中が濡れていき、
気持ち悪いんだけれども、ずぶ濡れになったころはもう
気持ちも身体も開き直ってしまってむしろ気持ちいいような気分になってた。

雨の音をこうして室内で実際濡れることもなく聴いてると、
なんと心地いいのでしょうね。

あの頃も、雨の音にそうとは知らずに癒されていたのかもしれない。
学校の出来事、家に帰る重苦しい気持ち。
知らずに軽くしてくれていたのかもしれない、と。
ふと思ったのでした。

広告