カテゴリー: news

宮城水産特区についての新聞記事を見た

宮城水産特区の問題は根が深い…という言葉を聞いてたが、
そのわけを調べるのは億劫でそのままだった。

気になりつつ水産特区という言葉だけが記憶に取り残され、
そのまま国の成り行きもなかなか進展していない風だったが、
村井知事が『桃浦かき生産者合同会社』を対象にした
水産特区を国に申請したという記事を新聞の片隅に見た。

4月28日の河北新報に出ていたこの記事を読んで、
その謎が少し解けた気がした。

東京海洋大准教授の濱田氏のこの投稿は、
簡潔で読みやすく、わたしにもわかりやすい文章で書かれている。
他にネットにこのような記事が無いか
探したけれども見当たらなかったので、
こちらに記事のキャプチャを取っておく。

明治8年の海面官有の失敗が繰り返されると危惧されている。
歴史認識が甘いと指摘している。
歴史認識が甘いというより知ろうとしないのか、
わざと無視してるのかはわからないけど、
不安がつきまとう。 どうなるんだろう。

IMG_2560

広告