カテゴリー: movie

『グスコーブドリの伝記』

このお話は読んだことがなかった。
原作読まずに映画を見たら、
最後に血の気が引いて後味が悪いだけになってしまった。

原作を読んでみてわかった。
原作を知らずに観たからだった。

原作はここ→ 宮沢賢治 グスコーブドリの伝記

妹は生きてて再会できるし、最後もいきさつがわかって
その辺もちゃんと表現してくれればまだ納得できたのだった。

大事な点がはしょられて、あの裁判の場面なんていらなかっただろうと思う。
工場長の件だって、父親の遺体を黙って葬ってくれてた
気遣いがあったという点だってかなり重要だと思う。

でも、絵がほんとうにきれいだった。
なにしろますむらさんの絵だ。
絵を見る意味ではお勧めしたい映画。
絵だけだ。

main

広告