カテゴリー: つぶやき

片がつく時

わからないことはそのままに
うやむやのままじっと耳をすましていれば
片がつく
ああこの時だとわかるものだと思った

もやもやの霧の視界が開けて
次のステップを踏むときはやってくる
そう、向こうからやってくるのだ

その時を 期待せず
そのままにすごす
どうすればいいなんて考えずに
時間とともに横たわる
それでいいんだと思った
なにも考えないわけではないけど
いろんな思いや記憶が通り過ぎたら
静かに眺めるだけ

どうしなければならないのかなんて
枷をつけずに見守るのも重いこともあるけれど

やがてふうっと軽くなるときが訪れるのだね
片がつく時だ

どうしたいのか どうなりたいのか
いらなかった自分を削ぎ落とし
スタイリッシュになった自分から歩き始める

すがすがしい心地よさが広がる

もっとわたしらしく自然体のじぶんへ

広告