カテゴリー: つぶやき

弱きは挫かれ

幾つか録画して見てるんだけど、今見てるドラマの中で
一番面白いのは陰陽師の話。
先が見えなかったり意外性があって話のつくりかたが上手いなぁと思う。
東京バンドワゴンも面白い。
いつのまにか「らぶだねぇ」という言葉が違和感無く聞けるようになってる。

珍しく見てる大河ドラマ 「八重の桜」

最後のナレーションの説明で、山本覚馬の言葉として紹介されてたのが

弱きを助け 強きを挫き
貧を救い富を 抑ゆるものは誰そ

え?よく聞いたことのあるこの言葉って山本覚馬の言葉だったのか。
この言葉 ズシンと胸に響いたのでした。

今の日本はまるで逆だ。。

例え不自由無く暮らして楽しそうにしてる人がいるように見えても、
誰ひとりとして、幸せになれない世の中だ。

なんだかなぁと思いつつ見てたのが ” 安堂ロイド ”
なんだかなと思いつつも、未来で起きた人類抹殺計画とか
ありうる話と思ったらついつい見てしまってて、

先週の回で 安堂ロイドが 『大人は未来に誇れる今を創る責任がある 』って言ったとき
不覚にもぶわっと涙が溢れた。このドラマ、泣けるような内容じゃないのに泣いた。
あまりにも唐突で不意を突かれてしまった。

広告
タグ: