カテゴリー: anime, lifeshot

2014年7月期から 観たドラマまとめ

来年早々愉しみなのは、シーズン2として始まる
「いつかティファニーで朝食を」
あと、アニメではとうとう始まる杜王町を舞台とした
第4部「ダイヤモンドは砕けない」4月放送開始 Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

リアルタイムで読んでたのがこれ。吉良吉影が出てきたあたりから読んでた。内容がよくわからないまま、背景の街の絵に引き込まれた。コミックとかわざわざ読んでないのでこれでちゃんと話の内容が掴める^ ^

2015年10月期

偽装の夫婦
無痛~診える眼~
サイレーン
いつかティファニーで朝食を

振り返ってみると、深層心理の心の闇をテーマにしたもの、よくわからない分野への興味、美しいもの、惹かれるインテリア。医療系なら知りたい分野あたりが観たくなる要素なのだと思う。

あ、「サムライ」も観た。

「偽装の夫婦」は異色で、同性カップルなどよくわからないから知りたいテーマの部類。結婚という形式についても再考させられるのが面白かった。

「無痛」は見終えても後々まで残る”痛みはわたし”という概念。それはなるほどねとすぐ納得できるものでもなくむしろ納得したくないけど無視できない重大なテーマ。考えさせられる。

「サイレーン」双子だったという展開に仰天しつつ、やっとサイコパスな彼女の人間らしさが出てきて正直ほっとした。美しさの中の棘の怖さがハンパなくて目が離せなかった。
「いつかティファニーで朝食を」これ、ほんっと楽しく見られた。
もう終わっちゃうのかと悲しんでたら、来年シーズン2としてまた始まるというので愉しみ。トリンドル玲奈さん 森カンナさん、新木優子さん 徳永えりさん、みんなかわいくてきれいで素顔っぽくて見てて飽きない。なんといっても美味しそうに食べるシーンがいい。これずっと終わってほしくないな。

いつかティファニーで朝食を|日本テレビ

————
2014年7月期からのまとめ

2015年7月期
37.5℃の涙
探偵の探偵

「37.5℃の涙」実の母親からの兄弟姉妹差別の原因や行く末に注目した。
血がつながってるのに愛されない子の苦しみってどんなだろうと考えさせられた。それってまさに血肉を裂かれるような痛みなのかもしれない。

2015年4月期
ようこそわが家へ
美女と男子
マザー・ゲーム
アイムホーム

main_image

アイムホーム 仮面に見えてしまうことに苦悩するという設定がすごい。ああこれって深い。

美女と男子 仲間由紀恵さんが結構ハマり役だった。NHKの独特さもあってそれも面白かった。

いまいちだけどつい観てしまったのは、
「心がポキっとね」「アルジャーノンに花束を」
観たかったアルジャーノンの話の内容は大体わかったからいいかな。
結局、小説の方は読む気にもならなくなってしまった。

2014年7月期
ペテロの葬列
匿名探偵
家族狩り

「家族狩り」衝撃的な内容で、
家事の合間に観ることができるようなドラマじゃなかった。
ときどきふいに印象に残った場面を思い出してしまうことがある。

すごいドラマだった。

【松雪泰子】ドラマ「家族狩り」最終回・あらすじ・キャスト・感想・視聴率・ネタバレ【北山宏光】 – NAVER まとめ

広告
タグ: