カテゴリー: musician

天からのおくりものは降ってくる

最近、リンクからリンクに飛んでて見かけた雨宮まみさんの文章が惹きつけた。

40歳がくる!」はこんな文章から始まる。
”「40歳になったら、死のうと思っていた。」桐野夏生『ダーク』の有名な冒頭の一文である。この一文のあと、主人公の女探偵は、自分のこれまでの人生に決着をつける旅に出る。
私の中で漠然と、40歳というものはそういうものだという認識があった。”

彼女は40歳で亡くなっていた。事故らしいけど違うんじゃないかと噂されてる。

彼女の文章をもっと読みたくなって大和書房・WEB連載〜40歳がくる!MOB 雨宮 まみ backnumberに目を通し始めた。
まだ読み終えていないけどこの文章にひっかかった。

”たぶん人生で最大の量を飲んで、帰ってからも私は酔っていた。気持ち良くて音楽を聴いて、ふと「今なら飛び降りられるな」と思った。今のこの感じなら、すっと飛び降りることができる。怖くない。さぁ、Major Lazer & DJ Snake feat.Mφを聴きながら飛ぶか。たぶん飛ぶことすら今は気持ちがいいはずだ。風は生温いし、手すりも冷たくなんかない。
「07 傷口に酒を塗れ!」

こんな気分になって飛びたいと思わせる” Major Lazer & DJ Snake feat.Mφ” ってどんな曲なんだろうって聴いてみた。

Major Lazer & DJ Snake – Lean On (feat. MØ) (Official Music Video)

 

 

なるほど。MØという彼女の声が魅力的でどこの人なのか彼女に興味がいく。
ムー(MØ、[muː]、デンマーク語発音: [mœ])
カレン・マリー・アーガード・エルステッド(Karen Marie Aagaard Ørsted、1988年8月13日 – )デンマーク出身。29歳。
EDM界の歌姫!今話題のポップシンガーMΦ(ムー)に迫る | Hollywood News – ハリウッドニュース

メジャー・レイザーのヒット曲「リーン・オン」にフィーチャリング・アーティストとして参加したことで一躍脚光を浴びる。
Cold Water (feat. Justin Bieber & MØ)

 

カミカゼ? カミカシって歌ってるけど曲名はカミカゼと読むらしい。
メジャー・レイザーのプロデューサーでもあるディプロ(Diplodocus)がプロデュースした曲。史上最強のEDMプロデューサーと呼ばれてるらしい。ほんとプロデューサーによって違ってくるんだなぁと改めて思う。

MØ – Kamikaze (Official Video)

 

聴き流すつもりで聴いてたのが今年のブラジルでのフェスティバル。
後半あたりからひきこまれ、気がついたら感動して胸が熱くなって涙が流れてた。
会場での一体感がどんなものなのかが結構ダイレクトに伝わってくる。

MØ LIVE @ Lollapalooza Festival 2017 Brasil *FULL SHOW*

彼女の歌はハートに直接語りかけてくる。
双方の抱きしめられるような感覚に満たされていく。

もう一度観たくなる。
最初からもう観客はムー大好きアピールができあがってて
あふれるほどの気持ちが彼女に注がれている。

観客との一体感。
ミュージシャンにとって一番幸せ瞬間なんだろうなぁと思う。
こんな場面をYoutubeからでも観ることができて嬉しかった。

天からの贈りものとはこういうことを言うのかもしれない。
思わず受け取る感動。

感動って自分でどうにかできることじゃないんだなって。
そんな場面を見出したのはそれまでの自分の取捨選択してきた結果ではあっても、
感動したい動機も期待もないところから突然降って湧いてくる。
想像も願いも超えてやってくる。
まるで贈りもの、奇跡だ。

天からのおくりものは降ってくるものだと思った。

だから、生きてるとき生きていれば、突然そんな瞬間に出会うことがある。
自分の想像を超えてやってくるものなんだと思う。

それにしてもこのフェスティバル、
ブラジルの子たちが若くてまっすぐで見ていて気持ちがいい。

やっぱり観客によってステージって違ってくるんだろう。
たぶん二度と同じライブに出会うことは無いんだと思う。
一期一会。ライブは生き物なんだね。

たとえばこのドイツのライブ。
MØ LIVE @ Melt! Festival 2017 Germany *FULL SHOW*

 

洗練されててとてもステキでいいんだけど、
ブラジルでの一体感のようなエネルギーはあまり感じられない。
(見えにくいとか伝わりにくいのかもしれないけど)
日本での公演もこんな感じになるんだろうなぁと思う。

アルバムは『No Mythologies to Follow』を2014年にリリース。
セカンド・アルバムが待ち遠しい。

広告