カテゴリー: lifeshot

2018年春~夏 観たドラマ つづき 『限界団地』

2018年春~夏観たドラマ 珍しく全滅
のつづき

●限界団地 2018年6月2日~7月28日放送

あの冬彦さん(ずっとあなたが好きだった)がさらにパワーアップした爺さんになって主人公になって帰ってきた。びっくりした。佐野史郎さんてすごいね。

「うわぁ ひぃッ! ぎょえー…」

ホラー観てるとき思わず出てくるような言葉ばかりが出てくる。
途中からこのドラマはホラーだと気づいた。

そっかホラーだったんだ。
結構複雑な展開で先が読めない。
最後まで観て思った。団地マンの継承がテーマなんだろうか。
BGMというか効果音が脳裏に焼きついてしまった。

最後まで不気味さと謎を適度に残してくれて、面白く観終えたのでした。

《寺内誠司
演 – 佐野史郎
主人公。元々あやめ町団地の住人だったが、息子の結婚を機に離れていたものの息子夫婦が火事で亡くなったのを機に団地に父・仁と孫・穂乃花を連れて移り住む。大学教授だった妻の生前、定年退職前にリストラにあい、専業主夫として暮らしていたため、裁縫や料理など生活能力が非常に高い。
息子夫婦の死は煙草の不始末だとされていたが、実際には誠司が二人を気絶させた後に息子一家の家に火をつけて殺害。息子夫婦の死亡保険金などにより、億単位の現金を保有している。息子については、穂乃花同様に血のつながった家族といえども愛情を見せる素振りはない。
外面が良く、次々と団地を改革していくなど行動力もあり、団地の住民からの信頼は厚いが、その裏で団地を自らの理想郷と捉え、(溺愛する穂乃花のためにも)その平穏と安寧を保つことに異常に執着している。そのためには手段を問わず、周りの人間を次々と罠にはめ、穂乃花に横柄な態度をとった独居老人のほか、最初に移り住んだ頃の知人でもお構いなしに次々と殺害・追放していく。その姿をスーパーヒーロー「ダンチマン」と位置づけている。限界団地 (テレビドラマ) – Wikipedia 》

genkaidanchi

tokai-tv.comより

広告
タグ: