カテゴリー: lifeshot

2019年 夏ドラマ(観たものメモ)


なつぞら
脚本家 – 大森寿美男

面白くて釘付けになったのは、なつが東京に出て行くまでだったけど、
最後まで飽きさせなかったのは離れた妹との再会への伏線があったからなのかな。
モデルになった実在の女性がいらしたらしい。


子どもから大人まで多くの人を惹きつけ
優れたアニメーションを創り上げた人たちの産声を
このドラマでちょっと見せてもらったような気になった。

役者にメッセージを語らせる。

脚本家の大森寿美男氏は10代で演劇活動を始めたそう。
コメディから時代劇まで幅広いジャンルをこなしベテラン中のベテラン。
とはいえ、数ある作品の中観たことがあるものは無かった。

「お前は堂々と生きていけばいい」
という言葉(おじいさん役草刈正雄)は、
まるでそのまま子どものころの自分に直接語り掛けられたように聞こえた。


観ている者に直接語り掛けられてるような感覚になる。


「幸せを守るために人は怒る。今のあの子はそれもない。
争いごとを嫌ってあの子は怒ることができなくなった。
望みはただ生きる場所を得ること。」

幼馴染の笹岡のぶや(放送記者)に語らせる言葉。
「悲しみから生まれた希望は、人を強くします。
喜びから生まれた夢は人を優しくします。」

監察医 朝顔

コミックをドラマ化した作品。
原作:香川まさひと、作画:木村直巳による日本の漫画。
杏林大学医学部名誉教授である佐藤喜宣が監修を務めている。

淡々と日常の細かい描写が、
その貴重さをじんわりと訴えかけられる。
生と死がとても近い事実を突きつけられる。

『葬送の仕事師たち』を読んでるのだけど、
中身が濃過ぎて休み休み読んでて中々進まない。
その中にあった印象的な描写をこのドラマを見てて何度も思い出していた。

東日本大震災での津波で亡くなった遺体の場面だった。
《五十代くらいのお父さんと三十代くらいの娘さんが
「お母さん」を見つけた場に居合わせ、思わず、
「僕に処置させてください」と口をついて出た。
せめて泥を拭いてあげたい。…
「棺の蓋を開けると、ご遺体の口からいきなり泥が噴射したんです。
重油も体液も混ざった泥。遺体に充満していた腐敗ガスが、
泥と混じり合って噴き出したんだと思います。その瞬間、僕、
ご遺体に覆い被さっていました」》

震災のことを取り上げるドラマなどいくつかあるけれども、
このドラマはとても丁寧に描かれてて温かさがすんなり伝わってくる。

 

凪のお暇

こちらもコミック、原作はコナリミサトさん

最後までほんとに面白く楽しかった。
なんというか懐かしき心の中に沈殿してた思い出の中の
すっかり忘れていた感情が噴き出してきた。
うっわーわかるわかると思いつつ、
意外な展開に驚きながらどんどん引き込まれていく。
どうするのどうなるのと。

サイン―法医学者 柚木貴志の事件―

韓国SBSにて制作・放送されたテレビドラマを日本でリメイクされたドラマ。

まさか主人公(?)の柚木(大森南朋)が
亡くなっちゃうなんてとショックだった。
ちょっと無理のある展開だった。

TWO WEEKS

韓国MBCで放送された大韓民国のテレビドラマ
これもちょっと無理のある展開で
なんだかなぁと思いつつ最後まで観てしまった。

サギデカ

まさかの主人公の過去とリンクしていく話の展開は
面白かったけどこれもちょっと無理があった。

カテゴリー: lifeshot

マグネシウムペレットでお洗濯


『洗濯まぐちゃん』楽天で今年3月より1個1,289円を2個購入して使ってました。
洗濯洗剤を通常の半分くらいもプラスして。

クエン酸洗いは一週間に一度だったのが、検索して調べてたら3日に一度とか書いてあったりしたので、
一日3回は回す(30L~44L)ので3日に一度クエン酸洗いをした。

そのうち『マグネシウムペレット』自体が売ってるのを見て検討。

『洗濯まぐちゃん』は一個50gしか入ってないし、
中身が見えないお高めの商品よりいいかもと買ったみた。

650gで2,280円 
100gを測って台所用排水溝にセットするネットに入れて縛ってから、粉せっけんネット に入れて使ってみた。
*洗濯まぐちゃん50g×2個+100gペレットを追加で合計200g

結果、使い心地は予想を超えて良かった。

これまで洗剤は無香料の『ファーファラボ』のをamazonで買ってたのだが、
なんと生産終了になり代替になるのはちょっと割高になる。

これまでのファーファラボは一回30L分で6円くらい。次のは7円になる。

マグネシウムペレット使えば匂いも消えるんじゃない?と思いたち、
カインズホームの『部屋干し衣料用』を使ってみることにした。

これだと1回4.5円。断然お得。フルーティフローラルの香り 。

早速規定の半分の分量の洗剤で使ってみた結果、
あの甘くムッとする吐き気を催す匂いはほとんど消えて
草木のような香りがうっすら残る程度で許容範囲になった。

それから10日くらい経ったらこのムッとした匂いがするようになり、中を見ると別に黒っぽくもなくきれいに見えるんだけど、そういえばクエン酸洗いしてなかったので洗ってみた。クエン酸大匙1杯に水を500㏄くらい。

溶かしてからザザザッと振り洗いしたらジュワーッと泡が立ちすぐ水で洗う。
見てみたらキラキラ輝くようにきれいになった。うっすら汚れてたんだなぁ。
この後洗濯したら、匂いは消えて草木のようなうっすらした匂いだけになった。


ということで洗う前はあまり変わってなかったので写真撮らず。

洗ったあとに撮ったのがこれでした↓
(わかりにくいよね。キラキラするんです)。
これからは安い洗剤使えるのでうれしいぞ。
あそうそう、洗剤量が少ないので今までは二回すすぎだったのが
マグネシウムペレット使うようになってからは一回すすぎになってます。
洗濯まぐちゃん2個をばらして 粉せっけんネット一個にまとめて、
更にもう一個 粉せっけんネットに100g入れて合計300gで使おうかなぁとも思ってる。

*追記: これまでのまぐちゃんばらして100g 3個にして使うようになりました。
まぐちゃんの粒は買ったペレットと見た目は同じ物だった。
汚れ具合(くすんでくるんですね)が見えて安心できる。
柔軟剤も使ってます。
カネヨ無添加柔軟剤 5キロ×3個で4,347円(1個1,565円)- 2019年3月時点
(単体1個だと1,700円はする)ただ今見てみると売り切れ。
次買う時まとめ買いが無ければまたダウニーの無香料に戻るかも。

カテゴリー: lifeshot

2019 春ドラマ『インハンド』『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』


『なつぞら』はまだ終わってないので後日。
他に観たのは以下2つ。
あらどちらも元ネタは漫画だったのですね。

『インハンド』
朱戸アオ氏による日本の医療漫画 医療ミステリー

主演の山下智久さんの一癖ある人物の演技も面白かったし、濱田岳さんの存在も必須で菜々緒さんが珍しく(?)良い人というポジションが違和感なくて妙にホッとした。

義手と主人公そのものの謎に弾きつけられて最後まで一挙に観てしまう勢いがあった。

印象に残った言葉は「人間は感情の奴隷だ。」

原作 – 朱戸アオ『インハンド』(講談社「イブニング」連載中)
脚本 – 吉田康弘、田辺茂範、福田哲平
音楽 – 得田真裕
オープニング曲 – 山下智久「CHANGE」(SME Records)[8]
義手造形 – 関根研一
義手製作監修 – 深谷直樹、NEDO

https://www.tbs.co.jp/inhand/ より

『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』

原作 – 横幕智裕(原作)、モリタイシ(漫画)『ラジエーションハウス』(ヤングジャンプ・コミックスGJ刊)
脚本 – 大北はるか、村上優、金沢達也、横幕智裕
音楽 – 服部隆之
主題歌 – MAN WITH A MISSION「Remember Me」(ソニー・ミュージックレコーズ)[25]
ナレーション – 八嶋智人

主演:窪田正孝 甘春杏 – 本田翼

八嶋智人さんのナレーションの始まりが毎回楽しみでワクワクしてた。
観てるうちにいかにも漫画っぽいとは思ってたけどやはり漫画から実写化だったけど面白かった。

ほんっとに面白かったのに。。
最後の最後『特別編』〜旅立ち〜」でこれまでの面白さが壊されたようで残念だった。特別編はいらなかったか、初めて見るシーンだけでまとめたほうがよかったのではないだろうか。
まあいいけど。

https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/introduction/index.html より

カテゴリー: lifeshot

2019年1月ドラマ


  • 木ドラ25 デザイナー渋井直人の休日

2019年1月17日スタート 

次はペルーから来た娘のつづきから望みます。

光石研さん、はまり役!
岡山天音さんも表情が上手くていい味出してた。

資料探しで購入した「組み立て人体模型」欲しいなー。
京川夢子役の池田ライザさんのギター弾き語りかっこいい上手い!

痛くて、でも愛らしい、
中年おじさんのちょっぴり切ない日常と恋模様』
『渋井直人(光石研)52歳独身。デザイナー。休日にはおしゃれな格好で街に繰り出し、レコード屋に訪れたり、カフェでまったりくつろいだりと自由を満喫。女の子からも受けがよく、こだわりのものに彩られスマートに生きている・・・ように見えるが、女性編集者、美大生、シンガーソングライター、インスタで知り合った女の子など、次々に現れるヒロインたちに玉砕。大御所イラストレーターには怒鳴られ、同世代のライバルには嫉妬したりと、冴えない場面も数多い。仕事も恋もまだまだ現役。渋井直人がおりなす、クスっと笑いながらも応援したくなるような、ちょっぴり切ない悠々自適な日常物語。

原作 渋谷直角『デザイナー 渋井直人の休日』/宝島社
監督 松本佳奈 久万真路 桑島憲司
脚本 ふじきみつ彦 松本佳奈
キャスト
渋井直人(52歳独身、デザイナー) – 光石研
杉浦ヒロシ(渋井のアシスタント) – 岡山天音

思い出野郎Aチーム 主題歌『ステップ』
このドラマにフィットして哀愁漂う優しいいい歌。

エンディング Nulbarich「Sweet and Sour」
いいもの観たなぁと感慨に浸れる曲。
この曲好き。

  • まんぷく

インスタントラーメンを生み出した実業家・安藤百福氏と妻・仁子氏の半生で激動の時代が背景となってるが、ほんとに波乱万丈でドタバタ。
世の中のためになる何かを探していく発明家とその妻の物語。

インスタントラーメンは身体にいいというよりむしろよくはないのではと思うけど、手軽に食べられる『ラーメン』は確かに革命的発明。本当にすごい。
身近にあるインスタントラーメンが生まれていく過程が面白かった。

何度チキンラーメンを食べたい衝動に駆られただろう(食べなかったけれど)。

亡くなった姉が最後まで登場していたのも面白い展開だった。
時代の波にアタフタしてたのに生前葬をしたお母さん役の松坂慶子さん、かわいらしかった。

  • 3年A組―今から皆さんは、人質です

脚本はドラマ「家族ゲーム」(2013年、フジテレビ系)などを手掛けた武藤将吾。
最後の最後まで先が読めなくて、現代の大切な問題を教えてくれるドラマ。
ありえない展開が最後には懐に落ちてくるという話のつくり方に驚いた。
『半分、青い』の北川悦吏子さんの作品は行き当たりばったりで作ってたのかなと改めて考えていた。えらい違いだと。
おかげで生徒の茅野さくら役の永野芽郁さんに対して持っていた、嫌な感覚もこれで払拭されてほっとした。彼女は役柄を演じただけなのにね。

  • スキャンダル専門弁護士

飽きない展開。竹内惟子さんと斉藤由貴さんに釘付けだった。
「スピン・ドクター」という言葉は初めて目にした。
このドラマも使用された主題歌がぴったりはまっていた。

https://www.youtube.com/watch?v=m3VQm2G3bSI
milet – inside you

  • 絶対正義

秋吉理香子の同名小説を山口紗弥加主演でドラマ化。ある出来事をきっかけに、法を犯すものを許さない人物となった範子(山口)に、高校時代の友人たちが翻弄(ほんろう)される姿を描く心理サスペンス。それぞれの人生を生きていた友人たちは、範子との再会によって日常生活がほころび始め、絶望的な破綻へと向かう。

ドラマ「絶対正義」 | ザテレビジョン(0000952514)
https://thetv.jp/program/0000952514/

この『正義」にしがみつく範子と友人たちがどう落とし込まれていくのかが気になって観たのだけど、途中から無理のある展開に感じられたのが残念。

  • ハケン占い師アタル

占い師が殻を破って自立していくストーリーというテーマ、面白かった。

  • さくらの親子丼2

自立支援の家での話はなかなかリアルに響いてきた。
将来が決まるような助けて欲しい時期に、ひとりの人間としてチャンスが与えられることは必須。

家庭をどうしたらいいというより、どうやって逃げてどうやって安心して生きることができるか、子どもにとって必要な知識を与えるのが課題なのだなと改めて思う。

カテゴリー:

【夢】Yさんがテレビに


久々にちゃんと続いた物語のリアルな夢を見た。
今では連絡が途絶えた数年前の友人が夢に出てきた。

Yさんとどこか知らない小さなお店に入ってるが、
夢の中では行きつけの店らしい。テーブルに向かい合って座ってる。
彼女となにかを話してるシーンからしか覚えていない。
どうやら偶然通りで出会って店に入り、話をしていたらしい。
そろそろと席を立とうとしたとき、そういえばと彼女から切り出された。
プリントを取り出してきたところから私も思い出した。
布切れを用意して置かなければならなかったことを。
まだ用意してなかったわと思わず言う私に、これから一緒に買いに行きましょうと彼女は言った。そうねと店を出て少し歩くと、彼女はその前にちょっとやることがあるので待っててねと言う。すぐ終わるからと。

立ち止まって彼女を見ると、髪型がさっきとちょっと変わっててパーマがかかってる。
あれ?こんなワンピースだったっけ?
そういえば、大きな籠タイプのバッグを2個両手に持ってて重そうだ。

不思議に思ってるうちに、どどっと人が押し寄せてきて
テレビ局らしきカメラを構えた男性とマイクを持った女性が彼女を取り囲んで撮影を始めた。