カテゴリー: lifeshot

2018年春観たドラマ 『女子的生活』『アンナチュラル』『anone(あのね)』


女子的生活

いやいやどう見ても男が女装してる風にしか見えないのに周囲は自然に女性として接している場面に呆然としたのが一回目の印象。
見た目は女性、実は男性で女性が恋愛対象というトランスジェンダー。ややこしい。
確かに女性らしいしぐさや目の動きが上手く、演じる志尊淳さんは相当努力されてるだろうと思う。
見てて混乱して二回目観るのやめようかどうしようかと迷いながらも観る。

場面に釘付けになってしまったのが元ルームシェアしてた相手の登場。
あれ?この人も男?え?めちゃくちゃかわいいし身体だってやわらかそうだしでも声はやっぱり男っぽいしこの人って役者?その彼女と主人公が交わす会話を見てて不思議な気持ちになった。この気持ちは初めてジャズの旋律を追いかけたときの感覚に似ているというか、触れたことのない感覚への違和感に馴じめない不思議な感覚。
その彼女が気になって仕方なくて検索すると、西原さつきさんという本物のトランスジェンダーだった。

なるほどと納得してようやく気持ちが落ち着く。
ため息が出そうなほどきれいで、仕草や話し方に釘付けになってしまった。ステキ過ぎる。
このドラマのトランスジェンダー指導をしているのだそう。なるほどそうだったのか。

” (話題のドラマ「女子的生活」LGBT当事者に与えた影響は 主演・志尊淳&トランスジェンダー指導・西原さつきが反響語る<インタビュー> – モデルプレス https://mdpr.jp/interview/detail/1741188 ) より
「女性らしい所作」を志尊に指導した西原氏は、男子として生まれるが幼少期から強い性別違和を覚え、大学卒業後は広告代理店にOLとして勤務、性別適合手術後はタイで行われたトランスジェンダーの世界大会「Miss International Queen 2015」で特別賞『ミス・フォトジェニック賞』を受賞した。
現在は、LGBT関連の講演会、モデルなどを中心に活動。性同一性障がいの方のための女性化レッスン『乙女塾』の代表講師も務める。

西原:LGBT当事者は現実問題として苦しんでいる方も多いんですけど「このドラマのおかげで、親にカミングアウトができるようになった」という方の声を聞いて、人の人生を左右している作品だなぁとすごく感じました。実は私の周りで、このドラマのオンエアが決まってから、親にカミングアウトをしたという人が10人以上もいて。ドラマがスタートする前から期待値は高かったんですけど、始まったことによって、作品の持つ影響力がすごく強くなったなぁというのを感じています。”

そして最終回、なんだかなと思ってた主演の志尊淳さんの仕草にドキッとしていた。
女性というより中性の魅力。あれ?ステキじゃない?なんだろうこのトキメキ。
凛としてて美輪明宏さんが若いときってこんな感じだったのかな。
だんだん上手くなったのか、見てる側の見方が変わったのかわからなくなってしまった。

そうそう、上記リンク先の西原さんのインタビューにある
”「ふとした瞬間にみきの男性的な部分が見えるところがグッときた」という声が多かったのも印象的 ” ということなんだろうと思う。そっかそこにグッときたのは私だけじゃなかったんだ。
不思議な感覚になったと思ったらいつのまにか受け入れてて応援してた。

 

アンナチュラル

不自然死の原因を究明する組織
不自然死究明研究所(英:Unnatural Death Investigation Laboratory)= 通称UDIラボを舞台に展開する話。

毎回ほんとに面白かった。
もう全てがハイスペックでした。
いじめ問題の回
「彼らはきっと転校して名前を変えて、新しい人生を生きていく。あなたの人生を奪ったことなどすっかり忘れて生きて行くの。あなたが命を差し出しても、あなたの痛みは決して彼らに届かない」

「あなたの痛みは決して彼らに届かない」 強く印象に残った。
恨みから救われるひとことですよね。

神倉所長の言葉
「死ぬのに、良い人も悪い人もない。
たまたま命を落とすんです。
そして、私たちは、たまたま生きている。
たまたま生きている私たちは、死を忌まわしいものにしてはいけないんです。」

悲嘆に暮れた人にとってバイブルになる言葉。
身近な人を失いそれを自分のせいかも知れないと思ってしまうのは自然なんだそうだけどつい数年前まで(東日本大震災)知らなかった。私も子どもの頃から大人になるまで思い込んでたことがあったのでかなりズシンときた言葉だった。救われる言葉でした。そうなんだよね、たまたま生きてるんだよね。

ts_unnatural0101

http://www.tbs.co.jp/unnatural2018/

anone

このドラマ、あれ?と思ったら涙腺が突然緩んで止まらなくなってしまうドラマだった。たまにそんなシーンに出会うことはあっても、このドラマはあまりにも自然に涙腺を奪うドラマだった。もうボロボロに泣けた。

ハリカ役の広瀬すずさんと亜乃音役の田中裕子さん、微妙な感情を表現するのに見とれました。
青羽役の小林聡美さんの役も、感情表現の絶妙な抑え方がドーンとリアルに響いてきて、彼女のシーンで涙ボロボロ。
持本役の阿部サダオさん特有の動作はこの役にぴったり。
カノン役の清水尋也さんとハリカとのやりとりにも涙。
台詞の間の取り方とかほんとに上手かった。
花房役火野正平さんもいい役柄でしたね。最後このあとどうなったんだろう。

中世古役の瑛太もほんとはまり役だと思った。
で、引っかかるのが中世古の生い立ち。弟と何があったの。
そうそう、何をどう自首したの。新聞記事よく見えなかったし。
見終わってからもういろいろ気になって仕方無い。

どうやら 坂元裕二さんの脚本ってそんな思わせぶりな結末が好きらしいんですね。オリジナルだし。
そうかあとは視聴者の想像におまかせなのか仕方ないな。
でもこの最後の気になるシーンをしっかり作ったのを一回放送してくれないだろうか。

anone

https://jonitame.net/archives/4352

 

 

広告
カテゴリー: lifeshot, movie

「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」 「シン・ゴジラ」 「君の名は。」


最近観た映画をメモ。

「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」
様々な場面が同時進行してて、カイロの読めない表情の上手さに脱帽したり、
レンってルークの娘だと思ってたのが違ってたようだけど両親については次ではっきりわかるんだろうかって次がどうなるのか気になって仕方なくなる。
ほんとに面白かった。
次の映画を期待したいけど、レイア役のキャリー・フィッシャーさんは16年末に亡くなってしまった。
ラストカットの少年はきっとジェダイの騎士になるんだろうな。

「シン・ゴジラ」
テレビで録画してようやく観ることができた。なるほどめちゃくちゃ面白かった。
原発事故を思い出しつつ役者たちの台詞に吹き出す場面が散りばめられ、
ありえないのにリアルで怖くて、笑いながらゾッとする妙な気持ちになった。
なんだ日本はまだこんなに面白い映画ができるんだと思って嬉しくなった。

「君の名は。」
こちらもテレビの録画で気になってたので観る。
実は男の子と女の子が入れ変わる単なるラブロマンスだと思ってたので、
途中からあれ?違ってると驚いてそこからしっかり引き込まれてしまったという流れ。

あー面白かったー

カテゴリー: lifeshot

2017年 秋のドラマ


「この声をきみに」竹之内豊
「奥様は、取り扱い注意」綾瀬はるか
「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?」篠原涼子
「わろてんか」葵 わかな

・「この声をきみに」
コミュニケーションを苦手をする数学教師が朗読にはまるというシチュエーションは、斬新で地味なのに新鮮でとても面白かった。朗読の魅力を教えられた。

(大人にこそ必要な優しい物語ーー竹野内豊主演『この声をきみに』が描く“朗読の心地よさ”|Real Sound|リアルサウンド 映画部 http://realsound.jp/movie/2017/09/post-113591.html より)

 

・「奥様は、取り扱い注意」
始まってまもなくは、綾瀬はるかさんのアクションに身体がビクッと反応してしまうほどびっくりした。なかなか刺激的で面白く、最初に引っ掛かってた夫がもしかしてと思ってた通りだった。でも最後の銃声の結果が気になって仕方無い。
続編の映画化があるとかないとか?

・「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?」
市長に当選した佐藤智子、細かい設定や話の流れはざっくりしてたようだけれども話題になった問題の議員たちがオーバーラップして笑えたし、
最後まで観た後味としては良かったと思う。

・「わろてんか」
まだ途中経過だけれど、吉本興業の創業者吉本せいさんがモデルということで見始めていた。
そうじゃなければたぶん途中で見なくなってた。
かなり脚色されてるんだろうけど、どんな話なのか興味がある。

カテゴリー: lifeshot

2017年夏のドラマ


「ひよっこ」有村架純さん
脚本 岡田惠和さん
これまででたぶん一番面白く観た朝ドラだった。
寮生活での場面から釘付けになってた。
みよ子が看護寮の部屋で一緒だった同僚に似てた。
押し入れを分割して使ってた。

先輩たちと生活し、仕事を教わりその頃はなんとも思わなかったのに、
今思い出して優しかったんだなと気付かされた。
そうそう寝言で会話したっけななどと。

節々に実際のその頃の写真や映像なども出てきて釘付けになった。
この頃「蒸発」という現象があったという事実にも驚いた。
その人達はその後どうなったのだろう。

最近記憶喪失に陥った人のドキュメンタリー番組を見て本当にそんなことがあるんだと驚いたばかりだったのでふと記憶の断片が蘇るシーンは本当にリアルだった。

有村架純さんもキャスト全員上手くて、思わぬ場面で涙した。
丁寧に作られてて安心して観てられた。

「ウツボカズラの夢」志田未来さん

直木賞作家・乃南アサさんの小説ドラマ化

なんともいえぬ気持ち悪さを感じながら目が離せないドラマだった。

生きていくのに必死な人がとりあえず衣食住の心配はしなくてもいい人の生活に入っていく気持ち悪さがタイトル「ウツボカズラの夢」とぴったりくる。

ウツボカズラはあの家だったという結末。
最初から感じてた気持ち悪さがこれだったのかと納得してゾッとしていい締めくくりだ。

志田未来さん演技上手かったなぁ。

BGMに出てくる曲がこれまたこのドラマに添ってて凄みが加わる。
” 音楽 – 木村秀彬 ” とあるのでこの方のBGMなのですね。

wikipediaを見ても主題歌 SPYAIR「MIDNIGHT」しか載ってない。
(これもいいけど)

 

 

「ハロー張りネズミ」
弘兼憲史による日本の漫画の実写化。

こういう娯楽ドラマ、やっぱり面白かったー。
山口智子、瑛太、深田恭子、森田 剛 みんないい味出してた。

 

「黒革の手帖」武井咲さん

松本清張作品ということで興味がでた。
でもあまり好きではないドラマだった。
どうなるのか気になって最後まで仕方無く観たという感じ。
原作とは違う展開で終わったようでちょっとほっとしたかなぁ。
あの最後の微笑みの意味が気になる。続くの?

「セシルのもくろみ」真木よう子さん

置いてけぼり感のあるドラマだったけど、なかなか面白かったと思う。
ファッション業界ドラマはきれいな身のこなしや服に興味が湧くのでついついチェック。
それにしても真木よう子さんほんとに痩せすぎててびっくりした。
最初は普通の人っぽくだんだん痩せていくのが自然に見えるのに、仕方なかったのかな。

カテゴリー: musician

天からのおくりものは降ってくる


最近、リンクからリンクに飛んでて見かけた雨宮まみさんの文章が惹きつけた。

40歳がくる!」はこんな文章から始まる。
”「40歳になったら、死のうと思っていた。」桐野夏生『ダーク』の有名な冒頭の一文である。この一文のあと、主人公の女探偵は、自分のこれまでの人生に決着をつける旅に出る。
私の中で漠然と、40歳というものはそういうものだという認識があった。”

彼女は40歳で亡くなっていた。事故らしいけど違うんじゃないかと噂されてる。

彼女の文章をもっと読みたくなって大和書房・WEB連載〜40歳がくる!MOB 雨宮 まみ backnumberに目を通し始めた。
まだ読み終えていないけどこの文章にひっかかった。

”たぶん人生で最大の量を飲んで、帰ってからも私は酔っていた。気持ち良くて音楽を聴いて、ふと「今なら飛び降りられるな」と思った。今のこの感じなら、すっと飛び降りることができる。怖くない。さぁ、Major Lazer & DJ Snake feat.Mφを聴きながら飛ぶか。たぶん飛ぶことすら今は気持ちがいいはずだ。風は生温いし、手すりも冷たくなんかない。
「07 傷口に酒を塗れ!」

こんな気分になって飛びたいと思わせる” Major Lazer & DJ Snake feat.Mφ” ってどんな曲なんだろうって聴いてみた。

Major Lazer & DJ Snake – Lean On (feat. MØ) (Official Music Video)

 

 

なるほど。MØという彼女の声が魅力的でどこの人なのか彼女に興味がいく。
ムー(MØ、[muː]、デンマーク語発音: [mœ])
カレン・マリー・アーガード・エルステッド(Karen Marie Aagaard Ørsted、1988年8月13日 – )デンマーク出身。29歳。
EDM界の歌姫!今話題のポップシンガーMΦ(ムー)に迫る | Hollywood News – ハリウッドニュース

メジャー・レイザーのヒット曲「リーン・オン」にフィーチャリング・アーティストとして参加したことで一躍脚光を浴びる。
Cold Water (feat. Justin Bieber & MØ)

 

カミカゼ? カミカシって歌ってるけど曲名はカミカゼと読むらしい。
メジャー・レイザーのプロデューサーでもあるディプロ(Diplodocus)がプロデュースした曲。史上最強のEDMプロデューサーと呼ばれてるらしい。ほんとプロデューサーによって違ってくるんだなぁと改めて思う。

MØ – Kamikaze (Official Video)

 

聴き流すつもりで聴いてたのが今年のブラジルでのフェスティバル。
後半あたりからひきこまれ、気がついたら感動して胸が熱くなって涙が流れてた。
会場での一体感がどんなものなのかが結構ダイレクトに伝わってくる。

MØ LIVE @ Lollapalooza Festival 2017 Brasil *FULL SHOW*

彼女の歌はハートに直接語りかけてくる。
双方の抱きしめられるような感覚に満たされていく。

もう一度観たくなる。
最初からもう観客はムー大好きアピールができあがってて
あふれるほどの気持ちが彼女に注がれている。

観客との一体感。
ミュージシャンにとって一番幸せ瞬間なんだろうなぁと思う。
こんな場面をYoutubeからでも観ることができて嬉しかった。
思わず受け取った感動。
まるで贈りもの。

大げさっぽいけど、天からのおくりものは降ってくるものだと思った。
生きてれば、突然そんな瞬間に出会い、
想像を超えてやってくるものなんだと。

それにしてもこのフェスティバル、
ブラジルの子たちが若くてまっすぐで見てて気持ちがいい。

 

アルバムは『No Mythologies to Follow』を2014年にリリースされた。