カテゴリー: つぶやき, lifeshot

今年は節目の年だった


ISIS関連の事件や、住宅への飛行機墜落、洪水など
今年も怒涛の年だったなぁと思う。

わたしにとって今年は、ひとつの節目のような出来事があった。
5歳で両親は離婚し父方の祖父母に預けられ、
祖父母のケンカで祖母はわたしを連れてひとり暮らしをしてた父の元に逃げ、
その年に祖母は突然亡くなり、そして父の再婚で出会った継母のこと。
最近、その継母がアスペルガー症候群らしいと知り驚いた。その娘の母親違いの妹は、そうかやっぱりと納得してあまり驚きはなかったらしい。私もやっぱりという気持ちもあったけど驚きもあった。

彼女の言動が理解できずどういうつもりなのか悩むことはこれからは少なくなるかもしれない、ほっとしたと同時にそれまでのわだまりはそのままで彼女と心を通い合わせることは不可能だと突きつけられたような気持ちにもなり、気持ちを整えるのはまだ時間がかかりそう。

悪意はないけど正直に言ってしまったものなのか、ストレスが高じて相手を罵倒してしまうこともアスペルガーのせい?感情のコントロールがきかなくて気の済むまで相手を殴ることも?

このことがわかったおかげでこれまでの彼女とのできごとを違った面から捉えることができるのは大きい意味がある。だけど、例えばDV被害にあっても加害者は一種の病気だから自覚できないから諦めてと言われてるような感触になる。訳がわからなくてこんがらがる。夫とうまくいかないのはあなたのせいと言われ続け私の存在を否定された。泣いて嫌がるのに髪を男の子より短く切られた。あなたの為と言いながらどうしても意地悪にしか見えなかったこと。怒らせたあなたが悪い、具合が悪くなるから気をつけてと言われて常に彼女の機嫌を伺わなければならず、気の休まることがなかった。アレもコレも、どれがどれで?と考えると思い出すだけで消耗し疲弊していく。

彼女と出会った小学一年のときは、まるでヒマワリみたいな明るい感じの人だった。私を大切にしてくれようとしているのが感じられた。だから本当に嬉しかったし母親だと思った。小学六年のころに父が浮気をしてから変わった。不満は私にぶつけられるようになっていった。リコーダーで殴られて頭から血が流れても謝らなければならないってどういうことだったんだろう。しかも思い当たるような悪いことをした覚えもなく。とにかく嫌われているということだけはわかった。ちょっと口ごたえをしたら烈火のごとく怒り始めるからやがて何も言わなくなっていった。いったいどこにアスペルガーの症状があるのか考えるのが辛くなる。アスペルガーについてもっと調べたほうがいいのかもしれない。

産みの母とは、20年ぶりほどで出会うことができたが、たまに連絡がくるだけで(こちらからは連絡しないというか、精神的にできない)、何度か会ったことがあったけど、お互いにぎこちなくコミュニケーションを取るたびにぎこちなさに加えてこれ以上相手を知って傷つきたくない気持ちが出てきて近づこうとしない自分がある。なんでかなと思いつつ複雑な気持ちになって悲しくなりとても疲れてたけど、瀬戸内寂聴さんが、母親として4歳のときに手放した子との関係がいまだにしっくりしないという話をしてるのを知って納得した。そうかそうなんだ同じかもしれないと。育てる育てられる時間が無かったという事実から突きつけられる現実。やはりこれは大きかったんだなと。母もわたしも傷ついて、いまだに癒えず癒やすこともおそらく不可能なのだと思う。それだけ大切な時間を失ったと自覚することが大切なんだと。これから育むという手もあるのだろうけどそんな気力は出ない。

理想を現実にあてはめて考えるのではなく、事実を事実として受けとめることを改めて教えられた年だった。

ふたりの母親がいるのではなく、わたしには母親はいなかったのだと。
ちょっと気持ちが軽くなる。

過去の出来事、記憶については  少しずつ、心の整理をしていこうと思う。思い出したときに少しずつ。辛いことは思い出すたびまた傷つくんだと思う。だから無理に思い出すことは必要ない。自分を大切にすることは自分を育むこと。甘やかすというのとは違う意味で。

別姓問題について新聞に書かれていた記事から、これからは家族という戸籍を無くす時代がくるかもしれないと思った。

今の時代は結構特殊な変な時代なのかもしれない。

最近髪を切った。震災時と同じ場所で今は別のサロンになった所で。
震災時にばっさり短めに切ったおかげでその後洗うことが難しい状況になったのでよかったのだけれど、同じように短めに切ると また地震がきそうでどきどきする。

同じように長くなった髪を同じ場所で同じような時間で同じような髪型にするのはなかなかドキドキする。

 

 

広告
カテゴリー: つぶやき

ドラマ終わった


3月も終わりに近づき、スペシャル番組ばかりとなってる。

まずダントツに面白かったのは『ゴーストライター』
アイロンかけながらとか通販の注文しながら録画したのを観るんだけど、
ゴーストライターは、目が離せず家事ははかどらずだった。
遠野リサ(中谷美紀)と川原由樹(水川あさみ)
川原由樹を応援してたらいつのまにか遠野リサに共感して応援してた。
中谷美紀さんの迫真の演技。表情から目が離せなかった。

結構深刻なテーマをさらっと明るく楽しげに見た目も楽しかった『問題のあるレストラン』
レストランのインテリアや雑貨がステキで、
ハイジ役の安田顕さんがあまりにもはまり役で驚いた。
気品のあるステキなゲイだった。ハイジさんお友達に欲しいッ!
いろいろな場面でそれぞれキャスト(登場人物)が話すセリフが深くてたまらなかった。
きゃりーぱみゅぱみゅちゃんの曲、「もんだいガール」がまたまたいい。

ほかに、一回目を見てつまらないと思って観なかったのは
『ウロボロス』と『流星ワゴン』。
これ、どちらも最終回が気になって観た。
ウロボロスは途中経過全く知らないのに観れてて気づいたら号泣。
あれは泣かせる。
流星ワゴンも結果がわかってほっとしたり。

それにしてもそういえば最近、
主人公亡くなったりハッピーエンドじゃないケースが多くなったのかな。
(追記3/27: 主人公亡くなったと書いてて思い出した『○○妻』も観た。
なんで契約してるのか引っ掛かって最後まで観たけど、
結末に向かってグダグダして後味悪かった。)

ああそうそう、『マッサン』も観てる。
こちらもエリー(リタさん)が亡くなって終わるんだった。
数年前に行ったニッカのアップルワインを思い出して味わってる
普通ワインって酸化してまずくなるけど、アップルワインは大丈夫みたい。

これから始まるドラマでもう観るのを決めてるのは『アルジャーノンに花束を』。
小説読もうと思ってたのに読まずにいてしまったので、
せめてドラマ見ようと思う。

カテゴリー: anime, つぶやき

あけまして


だんだんブログ更新も間が開いていってますが元気です。
なんだかんだで時間も無くなり、なかなか書くこともできず。

原発関連の記事は、大体チェックするサイトも決まってきて、
チェックするたび無性に腹立たしくなりつつも
あとは、それまでと昨年違ってきたのは、
癌患者さんたちのブログチェック(主に乳癌)。
数人の方のブログを読むようになってました。
あと梅澤先生のドクターブログも。
(というか、梅澤先生のを読んでるうち乳癌ブログをチェックするようになったのでした。
現在のガン治療の功罪~抗ガン剤治療と免疫治療

こちらからコメントもせずにずっとロム専なんだけど、
亡くなられたのを知ると、実際会ったこともなく、
よく知りもしないのに、ショック受けて呆然としてしまう。
ちょうど正月明けにもうひとり、亡くなったのを知ったばかりで
今まだショックが抜け切れずに他のサイトを見る余裕も無くなってる。

不思議なもので、日数がいくら経ってもその人の書いた文章は
生き生きと心に残ったままで、ほんとはその続きの時間が存在していて、ふとしたはずみでパラレルワールドに来ちゃってるんじゃないかと思えたり。
更新されなくなっていたり、消えてしまったりしても、
ふいに戻ってくるような気がしてしまう。

なにかのドラマとかで、「死なない、心のなかに生きている。」などという
セリフを言うのを聞いて、なに言ってんのと思ったことがあったが、
ああ、こういうことなのねと今更ながら認識する。
確かにあなたは生きて、あなたの言葉がわたしの心の中に
今もずっと生き続けてるよ。

新聞、ネットでもニュース、はたと気づくと、暗いのばかり閲覧で。
そこに明るいブログや好きな分野をちょっと挟んで
ほっとしたりニコッとさせてもらい元気いただく。

録画したドラマを観ながらアイロン掛けたり
日常品のネットショッピングしたりで、
結構気分転換になりますね。

昨年後半は、
『きょうは会社休みます。』『素敵な選TAXI』、『ファーストクラス』が面白かった。

アニメでは『蟲師 続章』『ジョジョの奇妙な冒険 (スターダストクルセイダース)』でした。

そうそう、『ジョジョ…』はやっと今月からまた始まると思うと
ウキウキが止まらないッ

今年はどんな年になるでしょうね。

/home/wpcom/public_html/wp-content/blogs.dir/22b/12478385/files/2015/01/img_1899.jpg

カテゴリー: つぶやき

沈黙すること


いつからか読ませてもらってるブログに、シュタイナーについて
わたしの知らないことが紹介されてて驚いてました。

その中でも特にびっくりしたのがこのくだり

” あなたが霊的に見たものについて沈黙することができるようになりなさい。”

ということを厳命しているくだりがあったのでした。

別に私が経験したことは霊的なものでもなんでもないことだけは確かですが、どんなことでも、あんまりいろいろとしゃべることは、「自分を幻想の中に追い込んでいく」という側面はあるようです。
In Deep: タイのクーデターからたどり着いたのは「ニルヴァーナ」の意味だった

ここ数年ずっと身にしみてたというか、
やっぱり人に話すものではないなぁ、としみじみ思ってたのでした。

問題だったのは、親しくなった人に心を開いたつもりで
ちょっぴり話してしまう伝えてしまうことがあったということ。

話すことで距離を縮めるつもりが、
むしろ深い溝をつくってしまった。
気持ち悪がられても仕方ない。絶対してはいけないことだった。
(追記: 個人を特定しない本人に伝えない見た夢やちょっとした不思議体験ならたぶん構わないですよね)

”「自分を幻想の中に追い込んでいく」”

なるほどと思う。

たしか「なまけ者のさとり方」だったか‥
その本には、願いを口にしないこと…みたいなことが書かれてて
似てる気がするけど、それって成功するみたいなニュアンスで違うし。

そういえば、あれほどいろいろ読んだりしてた
スピリチュアル系の本も全く読まなくなり、ほとんどの本は処分して
手元に残したのは、ほんの数冊。

で、神秘体験を話さないようにと書いてることが書かれたような本は、
わたしが出会った本には記憶に無い。

似た感じというか、ベクトルが同じように思えるのは
和尚と呼ばれるラジネーシとかチョギヤムあたりかな。

想像力を働かせれば、わかりそうなことなのにね。

もう何が起きたのかとか、検索する気持ちが無くなっているのは、
不思議でもあり、ほっとしてる。

3. 11後 見る世界はガラリと変わり、
驚くほど物事の見方が変わってしまい
この世界のサバイバル的なチェックが忙しくて
自分のためのおいしい時間がなかなか取れないのが辛い。
と同時に、この世界はなんなんだろうとも思う。

ずうっと昔から、世界は相変わらずだったのにね。

IMG_1290.JPG (2)

カテゴリー: つぶやき

弱きは挫かれ


幾つか録画して見てるんだけど、今見てるドラマの中で
一番面白いのは陰陽師の話。
先が見えなかったり意外性があって話のつくりかたが上手いなぁと思う。
東京バンドワゴンも面白い。
いつのまにか「らぶだねぇ」という言葉が違和感無く聞けるようになってる。

珍しく見てる大河ドラマ 「八重の桜」

最後のナレーションの説明で、山本覚馬の言葉として紹介されてたのが

弱きを助け 強きを挫き
貧を救い富を 抑ゆるものは誰そ

え?よく聞いたことのあるこの言葉って山本覚馬の言葉だったのか。
この言葉 ズシンと胸に響いたのでした。

今の日本はまるで逆だ。。

例え不自由無く暮らして楽しそうにしてる人がいるように見えても、
誰ひとりとして、幸せになれない世の中だ。

なんだかなぁと思いつつ見てたのが ” 安堂ロイド ”
なんだかなと思いつつも、未来で起きた人類抹殺計画とか
ありうる話と思ったらついつい見てしまってて、

先週の回で 安堂ロイドが 『大人は未来に誇れる今を創る責任がある 』って言ったとき
不覚にもぶわっと涙が溢れた。このドラマ、泣けるような内容じゃないのに泣いた。
あまりにも唐突で不意を突かれてしまった。