カテゴリー: AutePost from Posterous, music

nin.com [the official nine inch nails website]


9.17.10: The Social Network score: Free sampler EP + album preorders

Trent and Atticus have scored David Fincher’s upcoming film The Social Network. A free, five-track EP of music from the film is available HERE right now along with various purchasing options for the entire soundtrack, which will be released 9/28.

The Social Network opens October 1.

UPDATE: We’ve posted an exclusive clip from the film on the soundtrack page. We’ve also released multitracks from the score and are having a remix contest. Check facebook.com/TSNsoundtrack for all the details.

 

ninから配信お知らせメールが届いてた 

あれ?活動停止したんじゃなかったっけ?
嬉しくて小躍り

以下5曲配信されてる

1 Pieces Form the Whole
2 Eventually We Find Our Way
3 On We March
4 The Gentle Hum of Anxiety
5 Soft Trees Break the Fall

 

心底ほっとする曲。全曲聴きたくなる。 素晴らしい!

Posted via clipclip drop

広告
カテゴリー: AutePost from Posterous, つぶやき, spiritual

OSHO 「大いなる挑戦」を読んで


Osho エクスペリエンス:瞑想, メディテーション, 禅, 心の科学

http://www.osho.com/index.cfm

時折このサイトに訪れ、
「今月の講話」「今週の瞑想」「忙しい人のための瞑想」をチェックしていた。

そこにはたまに前に読んだOSHOの本にあった懐かしいフレーズだったり、
知らない講話も結構出ていてちょっとした楽しみだった。

彼の本は『存在の詩』『究極の旅―禅の十牛図を語る』とか
『TAO―老子の道』Q&A あたりぐらいを読んだことがあった。 “OSHO 「大いなる挑戦」を読んで” の続きを読む

カテゴリー: AutePost from Posterous, lifeshot

【夢】祝い


というか、お祝いされた夢。

覚えてるのは、みんな 集まっててパーティーしてる。

左に立ってた友人が、赤紫色のリボンがかかった
薄青紫色のきれいな色の箱を右側の丸いガラスのテーブルに「おめでとう!」と言いながら置いた。

なんとそう言われたのは私だ。 “【夢】祝い” の続きを読む

カテゴリー: AutePost from Posterous, lifeshot

【夢】黒い犬


昨日の朝、久々に変な夢をみた。

気がついたら、畳の部屋に仰向けになってた。

右を見ると黒い犬が近づいてきた。

小型のかわいらしい犬なのに、夢の中では近づいてこないでと願っている。

でも少しずつこちらの様子を伺うような足取りで近づいてきて右手の肘に口をあててきた。

身体が金縛りにあったようになって動けない。

意識が遠くなって目が覚めた

Posted via clipclip drop

カテゴリー: AutePost from Posterous, movie

映画『ストーンズ・イン・エグザイル』 (stonesinexile)


確かに面白かった。
ストーンズ空間が拡がった
その頃の雰囲気がまんま伝わってくるのはおいしい。
ただ、ドキュメンタリーだからとはいえ紹介される曲は全て尻切れトンボ、
そこにインタビューがところどころはさまる形にちょっとイラついた。
ちょっとジャムってるのでもいいから
一曲でもキチッと出してくれたらうれしいのに。
これじゃ映画館じゃなくてもね~。

それにしても、なんで彼らの音楽はカビ臭くならないのだろう。
やっぱりロバジョンとか、影響受けた黒人音楽の取込み方が天才的だったのだろうな~。
ストーンズってじっくり耳すまして聴くもんでもなく、
だらだら聴くのが似合っててそうしてて胸にとくんときたりするのがたまらない。
飽きない原因はそこにあるのかもしれない。