カテゴリー: musician

天からのおくりものは降ってくる


最近、リンクからリンクに飛んでて見かけた雨宮まみさんの文章が惹きつけた。

40歳がくる!」はこんな文章から始まる。
”「40歳になったら、死のうと思っていた。」桐野夏生『ダーク』の有名な冒頭の一文である。この一文のあと、主人公の女探偵は、自分のこれまでの人生に決着をつける旅に出る。
私の中で漠然と、40歳というものはそういうものだという認識があった。”

彼女は40歳で亡くなっていた。事故らしいけど違うんじゃないかと噂されてる。

彼女の文章をもっと読みたくなって大和書房・WEB連載〜40歳がくる!MOB 雨宮 まみ backnumberに目を通し始めた。
まだ読み終えていないけどこの文章にひっかかった。

”たぶん人生で最大の量を飲んで、帰ってからも私は酔っていた。気持ち良くて音楽を聴いて、ふと「今なら飛び降りられるな」と思った。今のこの感じなら、すっと飛び降りることができる。怖くない。さぁ、Major Lazer & DJ Snake feat.Mφを聴きながら飛ぶか。たぶん飛ぶことすら今は気持ちがいいはずだ。風は生温いし、手すりも冷たくなんかない。
「07 傷口に酒を塗れ!」

こんな気分になって飛びたいと思わせる” Major Lazer & DJ Snake feat.Mφ” ってどんな曲なんだろうって聴いてみた。

Major Lazer & DJ Snake – Lean On (feat. MØ) (Official Music Video)

 

 

なるほど。MØという彼女の声が魅力的でどこの人なのか彼女に興味がいく。
ムー(MØ、[muː]、デンマーク語発音: [mœ])
カレン・マリー・アーガード・エルステッド(Karen Marie Aagaard Ørsted、1988年8月13日 – )デンマーク出身。29歳。
EDM界の歌姫!今話題のポップシンガーMΦ(ムー)に迫る | Hollywood News – ハリウッドニュース

メジャー・レイザーのヒット曲「リーン・オン」にフィーチャリング・アーティストとして参加したことで一躍脚光を浴びる。
Cold Water (feat. Justin Bieber & MØ)

 

カミカゼ? カミカシって歌ってるけど曲名はカミカゼと読むらしい。
メジャー・レイザーのプロデューサーでもあるディプロ(Diplodocus)がプロデュースした曲。史上最強のEDMプロデューサーと呼ばれてるらしい。ほんとプロデューサーによって違ってくるんだなぁと改めて思う。

MØ – Kamikaze (Official Video)

 

聴き流すつもりで聴いてたのが今年のブラジルでのフェスティバル。
後半あたりからひきこまれ、気がついたら感動して胸が熱くなって涙が流れてた。
会場での一体感がどんなものなのかが結構ダイレクトに伝わってくる。

MØ LIVE @ Lollapalooza Festival 2017 Brasil *FULL SHOW*

彼女の歌はハートに直接語りかけてくる。
双方の抱きしめられるような感覚に満たされていく。

もう一度観たくなる。
最初からもう観客はムー大好きアピールができあがってて
あふれるほどの気持ちが彼女に注がれている。

観客との一体感。
ミュージシャンにとって一番幸せ瞬間なんだろうなぁと思う。
こんな場面をYoutubeからでも観ることができて嬉しかった。
思わず受け取った感動。
まるで贈りもの。

大げさっぽいけど、天からのおくりものは降ってくるものだと思った。
生きてれば、突然そんな瞬間に出会い、
想像を超えてやってくるものなんだと。

それにしてもこのフェスティバル、
ブラジルの子たちが若くてまっすぐで見てて気持ちがいい。

 

アルバムは『No Mythologies to Follow』を2014年にリリースされた。

広告
カテゴリー: rock

動画のジェフ・ベックにキュンキュン(Classic Rock Awards 2016Tokyo)


最近、相変わらずレイ・ハラカミさんのアルバムに加え
坂本龍一さんのピアノのアルバムを聴くようになってます。
基本静かな曲が好み(聴いてるの入浴中だけなんだけど)。ハラカミさんに似たセンスの曲ってないかなぁと探してみてもみつかりません。

ところで久々にジェフ・ベックの音を聴いたら 新鮮に聴こえて。
やっぱりこの人の奏でる音は大好きと再確認しました。

Classic Rock Awards 2016Tokyo,
ジミー・ペイジが演奏もせずに、ジェフとセッションせず紹介しかしなかったと話題になってる。
最高額30万もするチケットもあったらしく、詐欺まがいのイベントだと言われてる。

ニュース見ると、イベント広告見ればほんとジェフ・ベックとジミー・ペイジの共演にしか受け取れないわよね。確かにひどいわ。

まぁちらっとこのイベントのことは知ってはいたんだけどジミー・ペイジと共演とかという内容まではチェックしてなかった。もしくは見ても気にとめなかったんだと思う。チケット代1,7000円だったか、高すぎて(交通費などで他に3万くらいかかる)行く気にもならなかった。

イベント終わって話題になってるので動画で確かめたら演奏してるジェフ・ベックの姿に、キューンとしました。あーやっぱりステキ。ちょっと元気もらいました。
良かったーお元気そうで。

元気バリバリがわかってて演奏が期待できるならもう一度行きたいかなと思ってはいるんだけど、がっかりするのが怖いという不安とあんまり今どうしてるのかチェックもしてなくて時間もお金もどうしようかなーもったいないかもという迷いも出て行く気にならず。ましてやこのイベント、結果的には動画ちょっと観た限りではあるけれども行かずに正解だったわ。ベックの演奏にはウルウルするけど。(来年の来日ツァーは迷ってるとこ)

これがもしチケット買っててベックが紹介しただけで立ち去ったりしたら、かなーり涙だっただろうなぁ。
観たいのはジェフ・ベックだけですから。ジミー・ペイジファンだったらそりゃ腹立つだろうなー。

Beck’s Bolero, Superstition, Going Down
3曲だけだし。
うーんやっぱりチケット代高いわー。ジェフ・ベックしか見てないからなんだけど。ジェフ・ベックだけで充分だし。一音一音にうっとり。さすがです素晴らしいほんとに変わらずカッコいい。

Classic Rock Awards 2016Tokyo

 

カテゴリー: album

iTunes Festival 2014からColdplayとSoundgarden


IMG_1106.JPG (2)

しあわせは こころおだやかでいられることだと
あらためて気づいた思いがした

好きな音楽を聴くこと

ひととき、聴いてるときだけでも
ほっとくつろげるしあわせ
イメージをふくらませ浮遊する楽しさ

ここのところ、音楽を聴くのは、
お風呂で聴くパターンが多い。
イアホンではなくバスユニットの中で。
最近は、坂本龍一のピアノアルバムや細野晴臣の銀河鉄道の夜。
レイ・ハラカミもやっぱり好き。
人の肉声があまり入らない静かな曲ばかり選んで聴いている。

音楽をイアホンでじっくり聴かなくなっていた。
聴きたいとも思わなくなっていた。
なんだかいつも忙しい。
やらなきゃならないことでいっぱいになってる毎日。
ほっとする時間が少ないことに気づく。

Coldplayのニューアルバム記事から聴いてみたら
好きな要素ばかりだった。
これまでのColdplayの感じとなんだか違う。
熟成されたというか。。新しいというか。ん?

記事にUPされてた曲を何度も聴きたくなるので
リリース予定のアルバムごと予約注文して
MagicをDL
MidnightはYuotubeから2曲を
今のところヘビロテで聴いてしまってる。
5月まで待てないけど待たないと。

久しぶりに心地よく音楽を聴いてることに気がついた。

自分の好きな音楽を再確認しているときの
なんともいえない楽しさ。

発売日が待ち遠しいな

メアリー・ウィグモアによって監督された「ミッドナイト」のPVでは、ボーカルのクリス・マーティンがメンバーと森を歩き回る中、キツネが姿を見せ、白黒の映像が時々色々な色で光るという内容になっている。クリスがボコーダーを通して歌うエレクトロ系の仕上がりの同曲は、メロディーやコーラスを得意とするコールドプレイにとって新しい取り組みの楽曲だ。
via:コールドプレイ、新作『ゴースト・ストーリーズ』詳細を発表 | COLDPLAY | BARKS音楽ニュース

で、気になってた iTunes Festival をようやく聴き始めた。
iTunes Festival 2014

Coldplayはここでリリース予定の”Ghost Stories”から
“Always In My Head” ”Magic” ”Another’s Arms”
そして最後のアンコール曲に”Midnight” をやった

Here is the Coldplay set list, according to http://www.setlist.fm:

1. “Always in My Head”
2. “Charlie Brown”
3. “Paradise”
4. “Magic”
5. “Clocks”
6. “Another’s Arms”
7. “Viva La Vida”
8. “Atlas”
9. “Every Teardrop Is a Waterfall”
10. “Fix You”
Encore:
11. “Midnight”

009

010 via:<a href="http://news.mynavi.jp/articles/2014/03/13/itunes_festival/003.html&quot; title="iTunes Festival at SXSWレポートより

さらになんとなんとSoundgardenもやってた。

ひさかたぶりのサウンドガーデンの音色。
あ、ロックだ と思ったw これだよこれだとw

独特の音色 恍惚感 知らない曲は無かったのに
(’94リリースの”Superunknown”全曲プレイ)
新鮮で音の一粒一粒に耳を澄まして浸ることができた。
素晴らしい。ほんとに素晴らしい。

40ffbe7f2a905260981785fca21ab15fcc9b9516

iTunes Festival at SXSW | SXSW 2014 http://sxsw.com/itunes-festival-sxsw
Coldplay / Imagine Dragons / London Grammar
Tuesday, March 11
Kendrick Lamar / ScHoolboy Q / Isaiah Rashad
Wednesday, March 12
Soundgarden / Band of Skulls / Capital Cities
Thursday, March 13
Pitbull / ZEDD / G.R.L
Friday, March 14
Keith Urban / Willie Nelson / Mickey Guyton
Saturday, March 15

Tunes Festivalでのライブは高画質でストリーミング生中継され、iPhone/ iPod touch/ iPadのiTunes Festivalアプリで楽しめるほか、Mac/Windows PCのiTunes Store、さらにApple TVでも楽しむことが出来る。ライブ映像は即日アーカイブとしても公開され、生中継の後でも視聴が可能となっている。これらのコンテンツはすべて「無料」となっているのも大きな特徴だ。さらに、ライブの音源は後日限定ライブEPとして配信されることになっている。
<a href=”http://news.mynavi.jp/articles/2014/03/13/itunes_festival/&#8221; title=”iTunes Festival at SXSWレポート – オープニングナイトを飾ったのはColdplay ! (1) 記念すべき米国での初開催 | マイナビニュース”>iTunes Festival at SXSWレポート – オープニングナイトを飾ったのはColdplay ! (1) 記念すべき米国での初開催 | マイナビニュース</a>

カテゴリー: album

Bibio


シガー・ロスは、突然聴きたくなって一度聴くと、
しばらく聴かなくてもいいんだけど
Bibioは、いつでもBGMに流しておきたくなる。
穏やかな気分にピッタリでほっとする。
すごくほっとする。

バイエルを元にピアノの音を
少しずつ広げて遊んだときのことを思い出すのが Bibio。
懐かしくなる。
アンビエントといっても、心象風景というより
その場の空気、身近な音の風景。
生活に根ざした音。
気持ちが落ち着いているベストな状態の旋律。

アルバムは、
“Vignetting The Compost”あたりから
洗練されて都会風に変化してるように思える。
とはいえ、そうなる前の状態もまた良くて
何度も聴きたくなる。

で、ふとこの雰囲気ってジェフ・ベックに似てるって思いました。
力が入ってるわけでなくナチュラルで 押しつけがましくなく
ただただ音楽が好きで、本当に純粋に楽しんでる風が。

BIBIO (ビビオ)

イングランド, ウエスト・ミッドランズ在住のスティーヴン・ウィルキンソンによる1人ユニット。
ユニット名は、幼い頃、父と釣りに行った際に使っていた毛針にちなんで付けられた

Fi (2004)
Fi
B0006ZXJ8O
Hand Cranked(2006)
Hand Cranked
B000DN5VHQ
Vignetting The Compost(2009) 都会風に変化してる
Vignetting the Compost
B001NJY5LW
Ambivalence Avenue (2009)
Ambivalence Avenue (WARPCD177)
B00292SQNA
Mind Bokeh (2011)
Mind Bokeh (WARPCD209)
B004IMDCJC
Silver Wilkinson(2013)
Silver Wilkinson [輸入盤CD] (WARPCD235)
B00BNF1HC6

カテゴリー: album

Sigur Rós / Kveikur


Kveikur
B00C1GBOU6

シガー・ロスは、何曲かかいつまんで聴いたことがあるくらいだったけど、
今回アルバムを試聴して、これまでのを全部網羅してみた。

今年6月リリースされた “Kveikur” で結晶化されたんじゃないだろうかと思った。

シガー・ロス (Sigur Rós)はアイスランドのポストロックバンド。
出身地が同じせいか、ビョークに似てるので、
ビョーク好きならきっと気に入ると思う。

気持ちに整理がつかなくて、心の中がざわざわしたり
刺がチクチクして痛かったりするときにハマる気がする。
聴いたあと、ほっとします。

全曲試聴 まだ聴けるようです
XL Recordings | ベガーズ – Beggars

特に気に入った曲はダークで重い “Brennisteinn” と、
アンビエントな “Ofbirta (オヴビルタ)” (国内盤ボートラ)