Entry Page

カテゴリー: lifeshot

2017年1月〜3月期 見たドラマ 「カルテット」がおもしろかった


「カルテット」「増山超能力師事務所」「真昼の悪魔」「A LIFE~愛しき人~」
「嫌われる勇気」「べっぴんさん」「火花」

「カルテット」(松たか子主演)

一番面白かったドラマ。
すずめちゃん役の満島ひかりさん、キュートでとてもかわいかった。

先が見えない意表を突く展開がおもしろい。

オシャレでハイソで憧れの対象で羨ましくて
非日常的なイメージがどんどん崩れていく意外さ。

とっつきにくい感じの4人に見えてたのに、
会話や反応などからだんだん親しみやすい友人みたいな存在になっている。

声が小さい上品そうなマダムを演じる松たか子さん。
殺人者、夫に振られて逃げられた妻、
殺人者となった夫を匿い一緒に逃げる共犯者、
実は戸籍を買った誰かの成りすましだったとかもう、
くるくる変化してどこに行き着くのか彼女は一体何者なんだとか、
ドキドキの連続だったのである。

設定の背景こそ非日常的だけど、たった四人が繰り広げる
世界とコミュニケーションの変化を見てるだけなんだなあ。

結構人間ドラマの心象風景がえぐいというか、深かったし。

やっぱりぐいぐい引き寄せられるのは、
内容と役者によるとしみじみ思う。

そのドラマを選ぶのは、まず簡単なあらすじから
興味のあるものかどうかと、どんな役者かということ。
好きじゃない人が主演だと内容はどうでもよくなってしまい選択外となる。

あそうそう、真紀の夫(宮藤官九郎っていうのが意外だった)のことを、
「夫さん」と呼ぶ呼び方いいなって思った。

それにしても、お金をかけ続けて演奏家になっても、
食べていけるんだろうか生活できるんだろうかどうなんだろうって思った。

もし経済的に許された環境だったら、ずっと楽器演奏できることがやりたかった。
そうじゃなくても音楽に携わる仕事がしたかった。
叶わなかった気持ちを思い出させられてキュンとしたドラマだった。

印象に残った言葉

『音楽っていうのはドーナッツの穴のようなものだ。
何かが欠けた奴が奏でるから音楽になるんだよね』

画像 http://www.tbs.co.jp/quartet2017/cast/ より

 

他は、
「増山超能力師事務所」(田中直樹 主演)
娯楽として面白かった。

「真昼の悪魔」(田中麗奈 主演)
最後から2/3位がクライマックスだっただろうか、怖かった。ホラー?
でも、誰にでもある心のどこかにあるものを
大げさに表現したらこうなるかもッ!

そういえば原作者の遠藤周作ってこんな小説だったと思った。
小学か中学あたりに読んだっきりでよく覚えてない。

記憶が曖昧なので気になってwikipedia読んだら、
随分身体が弱かったと知って驚いた(とはいえ73歳まで生きられたらしい)。
「真昼の悪魔」は1980年の作品だった。
読んだ本を思い出せるかと作品名を見ても全然思い出せなかった。
あんまり印象に残らなかったか、数冊貪って読んだのかもしれない。
田中麗奈さんはこの本をドラマ化するの?!と驚いたそうだ。
この方もピッタリはまり役だったと思う。

「A LIFE~愛しき人~」(木村拓哉主演)
最後は想像通りだったけどついつい最後まで観てしまった。
手術で使われる人体が実際のと変わらない精密な作りでドラマ指導の医師が驚いたそう。
やっぱり病気からどんな手術するか気になってそれが面白かった。

「嫌われる勇気」(香里奈主演)
アドラーの心理に惹きつけられて観たんだけど、
香里奈さんもう少し表情あったら良かったのに。うーん。

「べっぴんさん」(芳根京子主演)
アパレルメーカーファミリア創業者のひとり坂野惇子さんがモデルなのだそう。
戦後すぐの時代背景、その時代の人達と空気をどう表現するんだろうと思った。

芳根京子さんが瑞々しくておっとりした雰囲気に好感持てたけど、
全体的に特に後半から消化不良になってしまった感がある。

「火花」(林遣都主演 原作:又吉直樹)
キャスト:林遣都、波岡一喜、好井まさお、村田秀亮、門脇麦
〜あらすじ〜
売れない芸人が天才肌の芸人と出会い、弟子になって伝記を書きながら仲を深めていく。

原作読んでない。まだ終わってない。
このドラマは男性向けかもしれない。
観て楽しいものでもなく、原作読みたいという気にはならない。

カテゴリー: lifeshot, movie

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』観た


映画のエンドロールがあるという有り難さを初めて思い知った。
エンドロールは余韻に浸りつつ日常の状態に戻していくはからいなのだったのだなと。

しばらく呆然として感動の渦から、なかなか抜け出せなかった。

スターウォーズの映画の中で一番感動したかもしれない。
様々な宇宙機材やら宇宙人やらビジュアルが面白いけど、
感動するということはそういえば期待してなかったと気づいた。

昨年の映画スターウォーズ7『フォースの覚醒』は、ハンソロのキレやすい息子の描写はコミカルさもあって可笑しくて愉しかったし。
クオリティの高い娯楽映画という位置づけだったと思う。

でも今回は 一瞬一瞬目が離せず緊張感が保たれたまま、次の作品への流れを時折思い出しながらなんとも言えない感慨深さの中で、まさにジェダイの騎士が生まれていく歴史を知っていく満足感に浸った。

思いもかけぬ衝撃のラストに、頭と感情がついていかず余韻の時間が無いと日常に戻れなかった。
こんな体験は初めてだった。

(画像: https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01M6XV6PL/rutty07z-22/ref=nosim/ より)

カテゴリー: PC

更新プログラムの確認が終わらない現象の対処


昨年から更新プログラムのアップデートがうまくいかない現象が起きてるらしいんだけど、ついにわたしもそんな現象に陥ってしまった。

ディスクのクリーンアップしても治らず、このwindows7のPC買って初めてクリーンインストールしなくちゃならないかと考え始めたころ、あっけなく解決したのでメモ。

最初は更新プログラムの確認はできて、インストールが 0%から進まないだけだった。
ディスクのクリーンアップをしたら、更新プログラムの確認が進まなくなってしまった。

これまで触ったことのない場所 『更新履歴の表示』をクリックすると更新プログラムを失敗した記録を見ることができるのを発見した。

rirekihyouzi

rirekikousin

そこにある 上の画像のような” KB3115114”などという番号を”Windows 7 KB3115114 “と検索するとなんとそれをDLするサイトのページに行き着く。普通にDLしてインストールすることができた。

例えばこのページ Download Microsoft Office Excel Viewer 2007 (KB3115114) のセキュリティ更新プログラム from Official Microsoft Download Center

以下のようなDLページにたどり着く。

microsoftdl

結果、インストールできたのもあったり適用できなかったのも判明した。
・Windows 7 KB3115114 -> DLした->KB2310138 Microsoft Security Essentialsの定義の更新として成功した

・Windows 7 KB3170106 Windows 7 用 Internet Explorer 11 の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB3170106) -> このコンピューターには適用できません。

・Windows 7 KB3170455 -> このコンピューターには適用できません。
・Windows 7 KB3115393 ->DLできたが正しくインストールできなかった可能性 互換性のある設定を使用して再インストールしてみてと出た。→すでに適用されてるか適用されてるプログラムに含まれてると出た。

再度更新プログラムを確認するとインストールできて通常の状態に戻りメデタシでした。

kousinnpr

kousinpr2
インストールに失敗した場合、個別にインストールすれば解決するようです。

カテゴリー: lifeshot

観た秋ドラマ(2016年10月〜12月期ドラマ)


あいかわらずPC開ける時間がなかなか取れず、優先順位から遠いブログ更新が
いつのまにか観たドラマのメモばかりになってる感。

さて昨年秋の観たドラマの概要。

・メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断

解き明かされる原因不明の病というのが特殊でおもしろかった。
そして最後に解決を持っていった、
謎の病を抱えた橘志帆役の吉田羊さんから目が離せなかった。
幻を自覚しながら幻に依存する。こんなことってあるのだろうか。
切なさが入り混じってコミカルな演出もあって飽きないドラマだった。

ladydavinci

(http://www.ktv.jp/ladydavinci/index.html)

・地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子

へー校閲ってこんな仕事なんだぁって純粋にその仕事そのものに興味の沸く内容。やってみたい仕事のひとつになりそう。
河野悦子役の石原さとみがはまり役だなとつくづく思った。可愛かったネ。

zimini

(http://www.ntv.co.jp/jimisugo/)

・Chef~三ツ星の給食~

次々と難関をスゴイ前向きに捉えて突破していく光子(天海祐希)。
いろんな料理の仕方がときどき参考になりそうって思えて引きずりこまれるドラマだった。

chefstory

(http://www.fujitv.co.jp/Chef/story/index.html)

・砂の塔〜知りすぎた隣人

今季ドラマで一番面白かったといっていいドラマ。
ただ途中なんだか変だと思いつつ、それが謎解きの何かだろうかと思い気にならなくなるのは複雑なドラマ構成が成せる技だろうか。
どろどろのママ友&ご近所付き合いとサスペンスが同時進行していくのが新鮮で何かしながら観ると大事なシーンを見落とす勢い。
菅野美穂さんは『イグアナの娘』から、母子関係のドラマのスペシャリストになっていたんだわとはっきり思った。松嶋菜々子さんが始め殺人鬼に見えて怖かったのが最後にほろっとさせて全部持っていかれた。控えめな演技に引き込まれた。

sunanotouhamerun

(http://www.tbs.co.jp/sunanotou/)

カテゴリー: rock

動画のジェフ・ベックにキュンキュン(Classic Rock Awards 2016Tokyo)


最近、相変わらずレイ・ハラカミさんのアルバムに加え
坂本龍一さんのピアノのアルバムを聴くようになってます。
基本静かな曲が好み(聴いてるの入浴中だけなんだけど)。ハラカミさんに似たセンスの曲ってないかなぁと探してみてもみつかりません。

ところで久々にジェフ・ベックの音を聴いたら 新鮮に聴こえて。
やっぱりこの人の奏でる音は大好きと再確認しました。

Classic Rock Awards 2016Tokyo,
ジミー・ペイジが演奏もせずに、ジェフとセッションせず紹介しかしなかったと話題になってる。
最高額30万もするチケットもあったらしく、詐欺まがいのイベントだと言われてる。

ニュース見ると、イベント広告見ればほんとジェフ・ベックとジミー・ペイジの共演にしか受け取れないわよね。確かにひどいわ。

まぁちらっとこのイベントのことは知ってはいたんだけどジミー・ペイジと共演とかという内容まではチェックしてなかった。もしくは見ても気にとめなかったんだと思う。チケット代1,7000円だったか、高すぎて(交通費などで他に3万くらいかかる)行く気にもならなかった。

イベント終わって話題になってるので動画で確かめたら演奏してるジェフ・ベックの姿に、キューンとしました。あーやっぱりステキ。ちょっと元気もらいました。
良かったーお元気そうで。

元気バリバリがわかってて演奏が期待できるならもう一度行きたいかなと思ってはいるんだけど、がっかりするのが怖いという不安とあんまり今どうしてるのかチェックもしてなくて時間もお金もどうしようかなーもったいないかもという迷いも出て行く気にならず。ましてやこのイベント、結果的には動画ちょっと観た限りではあるけれども行かずに正解だったわ。ベックの演奏にはウルウルするけど。(来年の来日ツァーは迷ってるとこ)

これがもしチケット買っててベックが紹介しただけで立ち去ったりしたら、かなーり涙だっただろうなぁ。
観たいのはジェフ・ベックだけですから。ジミー・ペイジファンだったらそりゃ腹立つだろうなー。

Beck’s Bolero, Superstition, Going Down
3曲だけだし。
うーんやっぱりチケット代高いわー。ジェフ・ベックしか見てないからなんだけど。ジェフ・ベックだけで充分だし。一音一音にうっとり。さすがです素晴らしいほんとに変わらずカッコいい。

Classic Rock Awards 2016Tokyo