カテゴリー: 放射線

おしどりマコさんの会見から 福島の現状について


いつまで掲載期間なのかよくわからないのですが、
非会員は期間限定で今は閲覧できます。
いろいろネットで情報は集めてたけど、
そういえば福島の現状はネットでもあまり見かけません。
この会見を聞いてびっくりしました。思った以上にひどい。

IWJ Independent Web Journal
※掲載期間終了後は、会員限定記事となるそうです。

2012/08/22 野田首相に申入れする「福島現地からの声」についての記者会見

2012年8月22日(水)、衆議院第一議員会館で行われた「野田首相に申入れする『福島現地からの声』についての記者会見」の模様。代表の柳原弁護士によると、福島集団疎開裁判は、当日14時から行われた首都圏反原発連合と野田総理との面会の席上で「福島の子供たちを即刻避難させて欲しい」という申し入れ書を提出した。さらに地図を用いながら、「郡山市内の汚染状況とチェルノブイリ時の避難基準を重ね合わせると、かなりの地域が強制避難地区に相当する」と説明。

via: 原発はいますぐ廃止せよ 超重要!!!おしどりマコの会見(福島の現状、被曝病気、プルトニウム)

Video streaming by Ustream

以下メモ的にざっとまとめてみた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
“おしどりマコさんの会見から 福島の現状について” の続きを読む

広告
カテゴリー: 放射線

低線量被ばくのリスク、内部被ばく、がれき焼却による拡散について [動画]


最新の研究結果から得られた低線量被曝の危険&布施医師による東京での健康被害報告など、
低線量被ばくのリスク、内部被ばく、がれき焼却による拡散について の動画を3つ

[資料〕低線量被曝の危険(最新の原爆研究より)字幕付き動画

☢ Low-Dose Radiation ☢ NEW A-Bomb Study

これまでの詳細なデータを元に、最新の研究結果から得られた低線量放射線の危険性を説明しています。

以下 要点まとめ

110ミリシーベルトあたりでリスク0になる一旦ホルシミス効果のような値が出てくることがあるが、
時間の経過とともにリスクの波にかき消されてしまう。
ホルシミス効果を謳う人はここの部分のみだけを取り出して過大評価していた。
有益な線量とは言えないものであったことがはっきり判明した。

低線量被ばくはリスクが無いという学者の資料についての説明がある。

100ミリシーベルト以下では放射線のリスクなど無いと言い切る山下教授やアリソン教授の間違いは
早急に改めさせなければ犠牲者はこれからもどんどん増えるばかりです。

布施純郎医師 / 小杉中央クリニック USA, NY City プレゼンテーション Japanese+English 通訳
Dr Junro FUSE, Internist, on Press Conference May 4th 2012
by Cinema Forum Fukushima http://vimeo.com/41634666
in Japanese with English interpretation

Dr.Ken NAKAYAMA, Radiation Debris & Exposure.. 島田市の瓦礫焼却試験で放射能拡散が証明された。
内部被曝軽視の日本政府の政策。
中山憲医師 NY City プレゼンテーション Japanese+English通訳 http://vimeo.com/41634284

一日10Bq/kgの食品を食べてると、600日で体内残存量は 1,400Bq/kgとなる
バンダジェフスキー医師の論文によると 1,400Bq/kgで50%の人に心電図異常が出るレベル。
ですので我々はこの食品の放射線基準量の値は不条理と考えています。

瓦礫焼却について
可能であれば焼却し埋め立てようとしている。
試験的焼却の結果によると、32.6%大気中に拡散することになる。
日本政府は福島原発事故を再現させようとしている
放射性物質は世界中に拡散する。
出てきた灰は海洋に埋め立てようとしている。
甚大な海洋汚染につながる。全く理解できない行為。

原発事故による被害はその国にとどまらず世界中に拡大する。
以上から世界の平和への3つの提案

1.原発に関わる情報には透明性が必要である。
2.内部被ばくに注目し診断技術や病態解明に力を注ぎ周知させること。
3.原発事故は世界規模になるため世界全体で縮小するべきものである。

カテゴリー: book

『内部被曝の脅威 – 原爆から劣化ウラン弾まで』


*バタクタ書いたので、あとで 修正しました。

この本を読んで、内部被ばくの怖ろしさに驚愕し絶望的だと思った。
もう人類はにっちもさっちもいかないところまできてしまって、
原子エネルギーの依存から逃れることもできずに
遺伝子レベルの損傷を受け続けていくしかないのだろうかと。

どんなに被害者が出ても平気な国に未来の希望など無い。

でも、最後まで読んでいくにしたがってその捉え方に変化が起きた。
自分の置かれた状況を知り、内部被ばくの脅威を多くの人達と共有すること、
認識することが先決であるという目的がわかったからだった。

とりあえず内部被ばくがどれほど怖ろしいか、
世界中を循環しているという現実を知ること。
ちょっと遠い場所で自分には関係無いと思うのは幻想であるということ。

内容はとても濃く広範囲の問題点について述べられており、
自分の立ち位置がわかってくる一冊だと思う。
一度読んだけれど、あとでもう一度読んで消化したい。

低線量被ばくによる細胞膜を突き破るペトカウ効果は、
低線量の被ばくを受け続けることが脅威となる。
同じく、低線量の被ばくによる細胞が大損傷に至るバイスタンダード効果
放射性毒性と化学毒性が組み合わさって相乗的な突然変異を起こす
カクテル効果

被ばくの症状には、例えば免疫力の低下という点だけを取り上げても
病名を特定することなどできないことは、誰にでも想像できるでしょう。

これらの、原発推進を阻む要素になりそうな知識や研究結果などを
広げまいと阻止してきた ICRP(国際防護放射線委員会)の存在。
広島原爆での単なる調査をして研究材料にしていたアメリカのABCC。
まるで悪魔だ。

劣化ウランによる被ばくが認められていない現状があった。
日本では今、早急を要する原発問題に焦点が当てられているけど
劣化ウランの脅威についても、その被害状況を
もっと多くの人とシェアしあって情報共有していかなければならない。

これからも、自分たちの生活の一部として、
世界中が怖ろしい原発エネルギーを止めて無くす努力をするまで
目を離してはいけない問題だったのでした。
そうでないと、その脅威を知らない核を有する国が使ってしまう危険がある。
それは刻々と迫っている。

ひとりが黙れば人類の死期が迫る

内容が相当ハードなので、気力が無いと読み進められませんが、オススメ!

4480062416

以下もう少し詳しい感想&資料抜粋メモ
—————————————-

“『内部被曝の脅威 – 原爆から劣化ウラン弾まで』” の続きを読む