カテゴリー: news, 放射線

河北新報のシュールで秀逸な記事 


今日の河北新聞のある一面は あまりにもシュールだった。
これは、もしかして河北新報としての 一縷の望みを託した
皮肉を込めた記事として…かはわからないけど。

IMG_2178

IMG_2168
原発作業員5

IMG_2176

IMG_2174

甲状腺がんについての危険がどうのこうの、環境省は大げさだと言い、
WHOは、最大の被ばく予測の見地から経過観察をしたほうがいい、
原発事故直後は、半径20キロ圏内の住民は即時避難させなければならない。
とさりげなく非難して、真っ当なことが書かれてる。

IAEAでしたっけ?原発推進組のIAEAと結びついてしまったWHO。
事実を報告してももみ潰されてしまうWHOにしては…ほおほお。
へーこういうこと河北で書いてもいいのかなと思った。

原発作業員の被曝量!
更に二万人の作業員の被ばく記録が3.11からずっと未提出という記事が追い打ちをかける。

真ん中には、『住民帰還一日も早く 福島第一原発高橋所長会見』

IMG_2172

なんかもう、
めっちゃくちゃだわ。

ねッ!すごい記事でしょう。これほどの乖離的な記事をこんなふうに寄せ集めて。。
しばらくこの一面に釘付けになってました。。あんまりなもんでつい笑ってしまった。
いやよくこのように配置した記事を出してくれたなぁ。。と。
河北、ウソだなあと腹立つこともあったけど、たまに おお、という記事が載ってることもある。
きっと本当の意味でのジャーナリストな記者がいるんだろう‥と思うのです。
どうかその心ある記者さんがいるなら、がんばってほしい。

でもこのように言論統制されずにすむようなジャーナリズムがあればいいんですよ。
それこそ、信頼できるなら有料で全国から資金を集めて
本当のジャーナリズムを作ってしまえばいい。
今もあのたねまきジャーナル(潰されてしまったけど)のような番組だったら
喜んで有料でも申し込んで、しっかり情報を取ろうと思います。
一定の評価が出てくればしめたもの‥なんだろうけど‥難しいのかな。
今のところはラジオフォーラム に期待したい。

ネットにあったのはこちら↓
読みやすいのでキャプチャ取りました。
(上のは新聞記事の写真で読みにくい)
クリックすると大きくなります。

hukushimanews20130301b

toudennnews20130301a

hukushimanews20130301a

そういえばNHK ずうっと昔に以下のようなドキュメント番組をやってたんですね。
今のNHKの人は知ってるんだろうか。
それともこのお陰で我が国の高度成長があったのだの解釈で思考停止とかしてないかな。
チェルノブイリ然り 福島原発事故然り 
NHKさん かなりいろいろ詳しく知ってるんですよねほんとは。

この映像番組は必見お勧め 
第五福竜丸の被ばくから日本がどのように原発推進してきたのかがわかりやすい。
新聞とTVで一大キャンペーンをとった結果、
原発は素晴らしいのだと勘違いさせ刷り込ませられたという事実は知っておかなきゃ。
それにしても、そのころのデモ 凄かったんですね。
それが原発推進にまで意識を変えられてしまったという歴史の事実は
大きく重くのしかかってきます。こわい。

映像:原発導入のシナリオ ~冷戦下の対日原子力戦略~

さて、ちょっと調べてみた。

原発作業員の被ばく量限度は 1年間 50mSv・5年間 100mSv 
これは、放射性ヨウ素とセシウム全部ひっくるめた数値なのかなぁ。

で、ぐぐってとりあえず参考になりそうな作業員についての記事

2011年06月16日 (木) 時論公論
 「原発作業員 被ばく管理強化を」   | 時論公論 | 解説委員室ブログ:NHK
からのキャプチャ↓

原発作業員1

原発作業員2

原発作業員3

だいたい、これまで必要な措置も取らずに事故起こした会社に
命に直結する原発作業員を雇わせるというのから間違ってるのに。
なにやってるんですか!人の命が 呆れるほど軽んじられている。

東日本大震災から、もうすぐ二年。
地震津波被害はもとより、放射能被害について
頭から離れる日が無いのです。

調べれば調べるほど、絶望 失望でいっぱいになる。
言葉を失ってしまう日々の積み重ねとも言える二年。

ニガヨモギ…聖書にあった言葉を思い出す。
残された人々は、亡くなった人を羨ましがるという意味の一節を。

本当に あれからこの世界に対する見解が変わってしまいました。
なんとなく気づいていたのだけど、まさかここまでひどい世界になってたとは。。

原発作業員4

はたして、人のよさにどこまで救われるのでしょうね。
どっちみちならそりゃ、できるだけ明るく楽しくなくても楽しくする工夫して
生きていったほうがメンタリティーにはいいのでしょう(いいのか?)。

でもね、傍らでもがき苦しむ人が、見えないだけでいるのに
見ない知らない聞かないふりして平気でいるっておかしいと思うよ。

広告
カテゴリー: 放射線

EscapeKaminoseki NPP – 関西TV スーパーニュースアンカー ~原発日雇い労働者 被曝の実態 – Twitvid


EscapeKaminoseki NPP – 関西TV スーパーニュースアンカー ~原発日雇い労働者 被曝の実態 – Twitvid.

このニュース映像の中に見えた疾病名と累積被ばく線量の数値をメモ

———————————————————————-

放射線被ばくの労働認定について

1.原子力発電所で業務に従事した労働者の
がんに関する労災認定状況
○昭和51年度以降、以下の計10人

疾病名と累積被ばく線量[mSv]

白血病

  • 129.8
  • 74.9
  • 72.1
  • 50.0
  • 40.0

多発性骨髄膜

  • 70.0
  • 65.0

悪性リンパ腫

  • 99.8
  • 78.9

(参考) 原発労働者の人数 392,244人(累計)
*昭和56年度~平成22年度の放射性管理手帳発行・登録数
平成21年度従事者数 75,988人
(財) 放射線影響協会調べ
————————————————————————

カテゴリー: 放射線

福島第1原発:収束に従事の50代作業員死亡 – 毎日jp(毎日新聞)


東京電力は6日、福島第1原発事故の収束作業にあたっていた50代の男性作業員が同日朝に死亡したと発表した。作業員の死亡は3人目。5日の朝礼時に体調不良を訴えた。自力では歩けない状態で、治療を受けていた。

東電によると、男性は協力企業の作業員で、8月8日から水処理タンクの設置作業をしていた。1日平均3時間、計46日間作業して被ばく線量は計2.02ミリシーベルトだった。東電は「被ばく線量は小さく、死亡との因果関係はない。過重労働にもあたらない」としている。

また、福島原発事故による放射性物質の影響や避難に伴う損害賠償請求訴訟が6日までに約10件に上ったと発表した。【関東晋慈】

引用元: 福島第1原発:収束に従事の50代作業員死亡 – 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞 2011年10月6日 20時47分(最終更新 10月6日 21時17分)

ことごとく関係無いっていう東電。

きちんと調べもせずそう答えてるんじゃないのと思ってしまうけどどうなんだろう。