カテゴリー: 放射線

「原子力基本法」「日米原子力協定」廃止とIAEA傘下を離れること


今月号はジョジョリオン休載、 jojoradioもお盆休みで
元気を失っておりますw
( 追記:17日の分ラジオが上がってたのを翌週気づいて二週分聴いて元気回復しました。あー面白かったー)

相変わらず憂鬱になるニュースや情報ばかり追いかけてますが、
サバイバルのためとはいえ 結構ヘトヘトモード。

そうした情報も追いかけきれないけど、
核廃絶のための大きな骨子、方法かもしれないのをメモ。

法律を動かし 世界の権威を動かすというのは
一般人にとっては雲の上の話しでもあるけど、
どこかでわたしたちでも動けるとき(投票とか?)
知ってるのと知らないのとではきっと違ってくるでしょう。

意識に上ってるのと全く知らぬ存ぜぬはやっぱり違う。

あっ、そういえば「日米原子力協定」というのもあった。
2018年に協定が切れるからそのとき廃止しようとすればできるとか。
小出裕章氏「2018年に切れる日米原子力協定を破棄するべきです。」-ラジオフォーラム- : Martin Island ~空と森と水と~

— via: wikipediaより
原子力基本法(げんしりょくきほんほう、昭和30年12月19日法律第186号)は、
原子力の研究、開発及び利用の促進に関して定めた日本法律
日米原子力協定(にちべいげんしりょくきょうてい)は、1988年7月に発効した条約である。
アメリカ合衆国から日本への核燃料の調達や再処理、資機材・技術の導入などについてとりきめている。
正式名称は原子力の平和的利用に関する協力のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定
有効期間は30年で、2018年7月に満期
有効期限の6か月前から文書で通告することによって協定を終了させることができるが、
この事前通告がなされない限り協定の効力は継続する —————————

日米原子力協定は、1988年7月に発効した条約とあるけど、
1955年11月14日、アメリカから日本へ濃縮ウランを貸与するため
ワシントンD.C.で調印され、翌12月発効という経緯。
1955年=昭和30年 原子力基本法が昭和30年12月19日 ほとんど同じ時期ですね。

小野先生の講演記録からは他に
一般の血液検査の見方など注目したい項目ずらり 必見です。

●「原子力基本法」の廃止

— 昭和30年12月に制定された、「原子力基本法」 この法律を廃法にしければならない


この法律には、事故が起きた場合の対処する条項が抜けており、
事故があろうと、無かろうと、しゅくしゅくと、
原発建設を進めていくという法律。

このことを熟知しているものは、官僚のなかの中心的官僚、
すなわち財務省、経済産業省のごく一部のキャリア官僚と、小生のみであります。
法律の専門家、弁護士も気づいていません。
気づいていないから、裁判で訴訟をすすめて戦わせているのであります。

脱原発を可能にする唯一の方法は、立法、すなわち国会議員による
国会での議決で可能にできるのであります。
また、この国会議員も、これに気づいていないのであります。
ここに、日本国の悲劇があります。
一度、この法律を読んでみてください。
via原子力基本法を廃法にせよ!:人生二毛作の田舎暮らし:So-netブログ

●IAEA傘下以外の権威から離れて世界を変える方法

WHOは、1959年の同意書から 放射線に関する病気の発表はIAEAの許可が必要になっていたが、
IAEAの影響下にないスイスの甲状腺癌の権威を味方につけ、
ドロズド教授たちは チェルノブイリ事故による甲状腺癌を認めさせた。
下の画像は動画からのキャプチャ

院長先生のブログskitch

小野俊一先生の講演からです。

甲状腺の基礎知識とがん(55分) 第7回院内勉強会: 院長の独り言

なんとチェルノブイリの事故での被ばく、
素直に甲状腺癌が異常に増えたという事実から認められたわけではなかったのですね。

いきなりTSH(甲状腺刺激ホルモン)やサイログロブリンなどの
専門的な甲状腺の検査は保険上一般の病院ではすぐにできないので
(TSHひとつだけならできることもあり)
普通の血液検査からの見分け方についてすごく親切な説明になってます。
(肝機能以上、コレステロール値の高さなど)

院長先生血液検査

以下の項目についての講演です。

・甲状腺の解剖
・血液検査の見方
・フクシマでの被曝状況
・チェルノブイリで甲状腺癌と放射能との関連を国際社会がなぜ認めたか
・甲状腺乳頭癌について

甲状腺の基礎知識とがん(55分) 第7回院内勉強会 投稿者 onodekita

あのとき福島で何が起きていたのか スクリーニングの様子がどうだったのか
…この数値を見て心底驚きました。

1,3000cpmが10万て‥1,3000cpmが100mSvってすでにすごいレベルなのに
10万cpmなら軽く1シーベルトぐらいですよね

“「原子力基本法」「日米原子力協定」廃止とIAEA傘下を離れること” の続きを読む

カテゴリー: news

『諦めは犠牲を無にする』 から


気温があがってきたら、ドブの臭いがあがってくるようになった。
まだ臭いは消えない。

の空気の中では吐き気がしてとても食欲どころではない。

それでも窓を閉めているとなんとか入ってこないですんでいる。
下水工事の復旧は 2015年に完成するそうなので
たぶんあと二年は我慢しなければならないんだろうなぁ。

さて、今日は思わず嬉しくて新聞の記事を撮った。
喜んでキャプチャしたくなる新聞の記事なんて
そうそう無いよね。

新聞もメディアもウソばかり。いざとなれば政府広報。
大切にしなければならない言論も踏みにじる。
そう認識してから、見る目も読み方も変わってしまった。

でも、
『原発廃炉』で一石三鳥 東北大特任教授 杉山 丞氏の投稿が載せられたときから、
もしかしたら河北は市民側に立ちたい、真のジャーナリズムでありたいという
願いがあるだろうか‥とちょっと希望を持ったのだった。
(この件のブログ記事:5月26日原発は国にとっても人にとってもほんとにいらない | Kuu

そして今日の新聞の一面に目を見張った。
編集局長 鈴木 素雄氏の『諦めは犠牲を無にする』という投稿。
このような文章が、しかも編集長の言葉として
じきじきに載ったのは新聞をちゃんと読むようになって
せいぜい20年くらいだと思うけど、こんなの見たことがない。

その文章は、一文一文からほとばしる熱意が感じられた。
驚いたと同時に、嬉しかった。
今、この時点で変えられなければという、大きな危惧があるのではないだろうかと思わずにいられない。

IMG_2855

 

IMG_2854

カテゴリー: 放射線

原発はやっぱり廃炉しかない


先日、新聞記事で
(紹介記事: 原発は国にとっても人にとってもほんとにいらない | Kuu
なんと東北電力から指摘されたという旨が載ってて驚いた。

東北大特任教授 杉山 丞氏が再度投稿してくれた。それを河北で掲載してくれたというのが嬉しい。
河北は、その記者によっての違いかはたまた新聞社の方針の違いかわからないけど、
政府広報がメインなのか、それも仕方ないのだろうか
やはり河北もかと思ったこともあったけど、
事実を知らせるジャーナリストな面も捨てたわけでは無いのかなとも思ったりする。

(この場合記者の意見では無いけれども)
まぁ、電力会社と政府の力加減に変化がおきているのかもしれないけど。

やるべきことがあるのに、これ以上問題を先延ばしにしたら未来は無い。

IMG_2702

IMG_2703

IMG_2704

IMG_2705

カテゴリー: 放射線

原発は国にとっても人にとってもほんとにいらない


化石燃料よりもずっとずっと早く採掘できなくなるウランだし、
第一人類の命が危ぶまれて子孫に負の遺産を増やす破滅的な原発は
廃炉にするしか無いのだけれど、推進派がやっきになって
いろんなデマまで流して再稼働しようとしてるのは、
悪魔のしわざにしか見えないわけで、そのまま推し進められそうな
イヤな気持ちがつのるこのごろ、絶望するしかないのだろうか。

でも、国を動かすのはやはり国民の声。意識していることが大切なのだ。

人間なんて絶滅すりゃいいんだと思うのも勝手だけど、
わざわざたくさんの人たちを苦しみながら死なせることが
気分いいなんて人はいないだろうと思いたい。

苦しんでる人を手助けしようとする人がいる一方で、
人を苦しませようとする人もいて、そんな人に関心も示さず
自分さえよければいい人もいて、世の中は本当に混沌としている。

廃炉の件については小出先生など、いろんな専門家がきちんと説明してくれてるし、
先月は郡山市の中学生からの裁判で、郡山市とベラルーシの状況が似ていて
この裁判は敗訴したけど、低線量被ばくについて認められるという画期的な結果が得られたそうだ。
 * 訴え却下も内容“画期的”「低線量被ばくの危険性を認める」仙台高裁5/3東京新聞こちら特報部(書き出し) – みんな楽しくHappy♡がいい♪

今日のこの新聞には、経済的にも廃炉したほうがいいという、
わかりやすい説明が載せられており、このコーナーは結構いいこと載せてるなぁと思う。

『原発廃炉』で一石三鳥 東北大特任教授 杉山 丞氏の投稿

IMG_2651

IMG_2653 IMG_2654

カテゴリー: 放射線

地球上の大気は、もうすでにクリプトン85で全世界が汚されてしまっています


これまで毎日様々な原発関連ニュースがあり、驚きの連続でいちいちここに書く余裕がないのだけれども、
今回これは相当びっくりしたのでメモ。

再処理工場がとんでもない量の放射性物質を垂れ流すというのも、
そしてその濃度規制がないというのも呆れてしまったんだけど、
すでに世界中に蔓延し、わたしたちが被ばくしている事実が突きつけられた。

もちろん、核実験などで汚染されたというのは知ったのだけど、
もうなんかほんとにとんでもないところまできていたのだなぁと思った。

で、これ以上放出しちゃいけないでしょどう考えても。
しかも、原発動かさなくても電気足りてるっていうことだし。。

なにしろF1の事故から、セラフィールドの再処理工場も停止するという流れになってるし、
世界が震撼し驚愕してるのに何事もなかったかのように再稼働するのは
ただただ狂気としかいえない。 

津波じゃなく、地震で配管が壊れて冷やせなかったようだし…

この国は民主主義ではなく、資本主義の奴隷だったのね。

地球上の大気は、もうすでにクリプトン85で全世界が汚されてしまっています

小出「例えば…日本の原子力発電所の使用済み燃料というのは、これまで日本の国内に再処理工場がなかったがために、イギリスのウインズケール、最近はセラフィールドと呼ばれていますが、その再処理工場と、フランスのラ・アーグという再処理工場に送っていました。んで…再処理をしてもらってきた、のです。で…例えば、イギリスのウインズケール再処理工場は、これまでの運転…の間に、広島原爆400発分に相当するセシウム137をアイリッシュ海という海に流しました。平常運転…です。事故でもなんでもなくて」

千葉「えっ。普通に運転しているだけで」

小出「はい」

千葉「それだけのセシウムを、海に流してしまってると」

小出「そうです。えー…福島第一原子力発電所の事故で、大気中に漏れてきたセシウム137は、日本政府によると168発分だといっているのですが。私は多分それより2倍か3倍多い、つまり400発分ぐらいはあると思っています。でもそれと同じだけのセシウム137を、イギリスのウインズケール再処理工場は、平常運転としてアイリッシュ海に流してきました

引用元: 最悪の核施設 六ヶ所再処理工場……放射能の「排出規制」が外されている実態のわかりやすい説明 小出裕章:ざまあみやがれい!.

小出「え…クリプトン85は完全なガス体ですので、例えば私が呼吸で肺に取り込んだとしても、肺の組織と何の反応もしないでまた呼吸で外へ出てしまうという、そういう、性質のものなの、です」

千葉「はい」

小出「ですから体に蓄積することも、ありません。そしてごくごく弱いあの…β線しか出しませんので、被曝という意味ではあまり重要でないと、これまで考えられてきました。」

千葉「はい」

小出「しかし、全地球の大気がクリプトンで汚されてしまっていますので、これから全地球70億人という人々が、そのクリプトン85に被曝をして、いってしまうということを考えると、無視していいものとは私は思いません。」